1. 格安SIM/スマホ TOP
  2. しむぐらし
  3. iPhoneで「MMS機能を有効にする必要があります」と表示されたときの対処法

ビッグローブ光 10ギガ 高速・高品質の光回線 特典総額最大96,304円(消費税相当含む)

 

BIGLOBE WiMAX 工事不要 特典で初月からおトク
iPhoneで「MMS機能を有効にする必要があります」と表示されたときの対処法

iPhoneで「MMS機能を有効にする必要があります」と表示されたときの対処法

iPhoneを使用していて「MMS機能を有効にする必要があります」と表示されたことはありませんか? その表示が出てきて、行おうとしていた操作ができないこともあるかもしれません。どうすればMMS機能を有効化できるのか、そもそもMMS機能とは何なのかよくわからない人もいるでしょう。

 

本記事ではiPhoneで「MMS機能を有効にする必要があります」と出てきたときの対処法について解説していきます。

MMS機能とは何か

MMS機能とは、iPhoneのメッセージアプリでキャリアメールを送受信できる機能のことです。メールアプリでもキャリアメールを送受信できますが、MMS機能を使えば、SMSやLINEのようなチャット形式でのやり取りができます。

 

そして、MMS機能機能を利用できる通信業者は、au、ソフトバンク、Ymobile、UQ mobileの4つのみです。MMS機能を利用するには、キャリアメールを利用できる環境が前提で、格安SIM、povo、LINEMOは、キャリアメールがありません。

 

また、ドコモのキャリアメールはMMS機能に対応していないため利用できません。

どんなときに「MMS機能を有効にする必要があります」と表示されるのか

「MMS機能を有効にする必要があります」と表示されるのは、MMS機能が有効化されていない状態でMMS機能が必要な操作をしようとしたときです。

具体的には、例えば次のようなケースがよくある例として挙げられます。

メッセージアプリでキャリアメールのアドレスにメッセージ送信しようとしたとき

メッセージアプリでMMSとして扱えるメールアドレスはキャリアメールのアドレスのみです。送信相手のアドレスはもちろんのこと、送信元となる自分のアドレスもキャリアメールでなければなりません。

 

MMS機能が有効化されている状態で、メッセージアプリを使ってキャリアメールのアドレスに送信しようとすれば、自分のほうもキャリアメールのアドレスが使われます。

 

MMS機能が有効化されていない状態でキャリアメールのアドレスに送信しようとした場合には、送信に使用するキャリアメールのアドレスがないため、メールを送信できません。そのため、「MMS機能を有効にする必要があります」とエラーメッセージが表示されるというわけです。

MMS機能を有効化するときの手順

キャリアメールが利用可能な状態なら、ごく簡単な操作でMMS機能を有効化できます。

 

設定アプリを開いて、メッセージの項目に入りましょう。「MMSメッセージ」のスイッチをオンにして、「MMSメールアドレス」の欄にキャリアメールのアドレスを入力すると有効化されます。

 

キャリアメールを利用できない通信業者を利用している場合には、「MMSメッセージ」の項目や「MMSメールアドレス」の欄が表示されない場合もあります。

キャリアメールがない場合とドコモユーザーの場合の対処法

キャリアメールがない場合とドコモユーザーの場合には、MMS機能を「有効化」することはできません。別の方法でメッセージを送りましょう。

 

多くの場合、メッセージを送りたいだけであれば、LINEやSNSで事足ります。SMSを使うのもいいでしょう。

 

あくまで相手のキャリアメールのアドレスにメッセージを送りたいのであれば、メールアプリを使えば対処可能です。メールアプリで普段使用しているアドレスから、相手のキャリアメールのアドレスにメッセージを送信しましょう。

 

チャット形式でのやり取りができないためやや不便かもしれませんが、情報のやり取り自体は問題なくできます。

SMSでステッカーを送信しようとしたときにも表示される

例外的に、MMS機能が有効化されていないという状況ではなくても、「MMS機能を有効にする必要があります」というエラーメッセージが出ることがあります。それは、SMSでステッカーを送信しようとしたときです。

 

ステッカーというのはLINEのスタンプのような大きめの絵文字のことです。通常の絵文字ならSMSでも送信可能ですが、ステッカーはSMSでは送信できません。

そのため、メッセージアプリを使ってSMSでやり取りをしているときに、ステッカーを送信しようとすると上の画像のように「MMS機能を有効にする必要があります」と表示されます。

キャリアメールがある人は有効化しておこう

MMS機能が有効化されていれば、メッセージアプリでキャリアメールの送受信ができます。実際に利用する機会は少ないかもしれませんが、キャリアメールを持っている人は有効化しておきましょう。
ただし、キャリアメールがなくてMMS機能を利用できなくても、それほど困ることはありません。相手のアドレスがキャリアメールでも、メールアプリを使えばGmailやiCloudメールでやり取りできます。

 

スマホの利用にも「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

 

スマホの通信量が足らずに、ギガ不足になっていませんか?
自宅でスマホを利用するときには、Wi-Fiで通信することで
スマホの通信量を節約することができます。

 

ご自宅でのWi-Fi環境導入には
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大10Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。
工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

 

 

光回線についてもっと詳しく知りたいという方は、
以下の記事も併せてご覧ください。

光回線とは?仕組みや種類、メリット・デメリットや選び方まで徹底解説

Contributor

T.A

IT系やスマホの話題から、転職や節約術まで幅広いジャンルで執筆を手がけるWebライター。デジタルモノが好きで、新しいガジェットやWebサービスなどには目がない。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?