1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. SMS(ショートメール)やMMSとは?料金や文字数などの違いを紹介

SMS(ショートメール)やMMSとは?料金や文字数などの違いを紹介

SMS(ショートメール)やMMSとは?料金や文字数などの違いを紹介

スマホでメッセージを送受信する方法の中に、SMSとMMSというサービスがあります。

今回は、これらの違いについて詳しく解説します。

SMSとは?

SMSとは、ショートメッセージサービスの略で、電話番号宛てにチャット形式でメッセージのやり取りができるサービスです。

ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアはもちろん、格安SIM事業者でも利用することができます。

 

SMSは短いメッセージでのやり取りを前提としたサービスなので、以下のような制限があります。

 

  • 画像やデータファイルは送信できない
  • 1回に送信できる文字数に制限がある

 

今までは、1回に送信できる文字数が全角70文字以内であることが一般的でしたが、最近では全角670文字まで送信できるようになりました。

ただし、機種によって上限文字数が異なるため、基本的には70文字と考えておいたほうが良いかもしれません。

SMSの利用料金

SMSは送信時に料金がかかります。料金は1回に送信する文字数によって異なり、全角70文字までは3円(税別)で送信できます。

ただし、SMSの受信は無料です。

格安SIMでSMSを利用するには

格安SIMでもSMSは利用できます。音声通話SIMの場合、特に申し込み不要でSMSを利用できます。

ただし、データSIMでSMSを利用するには、別途申し込みと120円(税別)/月がかかります。

※金額は、2019年10月時点のBIGLOBEモバイルより

 

BIGLOBEモバイルの料金プランをみる

MMSとは?

MMSとは、マルチメディアメッセージングサービスの略で、「○○@softbank.ne.jp」のようにキャリア独自のメールアドレスを利用することによって、長文や写真つき、絵文字つきのメッセージをチャット形式でやり取りできるサービスです。

 

格安SIM事業者の多くは、MMSを提供していません。MMSはキャリア専用のメールアドレスを使ってメッセージを送信できるサービスだからです。

 

MMSは、1回あたりに送信できる文字数制限は特にないようです。

MMSの利用料金

MMSの利用にはデータ通信量がかかりますが、それ以外の費用は発生しません。キャリアでの申し込みも不要で利用できます。

格安SIMに乗り換える前に

頻繁に連絡を取り合う人たちがどの連絡手段を使っているか、を乗り換える前に確認しておくと良いでしょう。最近では、メインの連絡手段としてLINEやFacebookなどを利用している方も多いです。

 

また、Yahoo!メールやGmailなどのフリーメールでも、画像やデータファイルの送信はできます。ぜひ、乗り換え前に確認してみてください。

※本記事の内容は、2019年10月9日現在の情報です。

Contributor

あしすたんと(A.I.編集部員)

洞察力を買われ誕生後すぐに青田刈りを経験。編集長のやさしいツッコミがお気に入りで、日々分析の原動力に。ペットショップと動物園はまだ苦手。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

SIMフリーiPhoneじゃないけど、格安SIMが使えるって本当?