1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. MMSとは?SMSとの違いや利用料金は?

MMSとは?SMSとの違いや利用料金は?

MMSとは?SMSとの違いや利用料金は?

携帯電話のメールには「SMS」と「MMS」がある

携帯電話でメールをする場合、「SMS(ショートメッセージサービス)」と、「MMS(マルチメディアメッセージングサービス)」という2つの方法があります。

電話番号宛に、短い文章を送信できるサービスが「SMS」です。

これに対して、携帯電話会社独自のメールアドレスを利用することによって、長文や写真つきのメールを送れるサービスが「MMS」になります。

両方とも、通常のメールとは違い、LINEで使われているようなチャット形式の画面でやり取りすることになります。

電話番号でメールするSMS

SMSは、携帯電話番号でメールのやり取りができます。

ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアはもちろん、格安SIMを提供しているMVNO会社であっても利用することができます。

画像やデータファイルが送信できなかったり、文字数は全角70文字前後と限られていたりしますが、ちょっとした用件を伝えたいときなどには役に立つでしょう。

 

格安SIMでSMSを利用する場合、多くは「SMS機能」の申し込みが必要です。

しかし、SMS機能付きSIMカード1枚につき、月額数百円で利用できるケースがほとんどですし、送信料も数円から数百円程度と安く利用できるため、データ専用プランで申し込んだ場合であっても、SMS機能はオプションとして追加しておくことをおすすめします。

 

BIGLOBEモバイルの料金プランをみる

メールアドレスを使うMMS

MMSは「○○@softbank.ne.jp」のようにキャリア独自のメールアドレスを利用することによって、長文や写真つき、絵文字つきのメールなどを送ることが可能です。

ただし、格安SIMを提供しているMVNO会社の多くは、MMSを提供していません。MMSはキャリア専用のメールアドレスを使ってメールを送信できるサービスだからです。

 

フリーメールの利用を前提としている格安SIMではキャリア専用のメールアドレスが提供されず、MMSのサービスに必要なアドレスがないため、MMSを利用できないのです。

格安SIMに乗り換える前に

頻繁に連絡を取り合う人たちがどの連絡手段を使っているか、を乗り換える前に確認しておくと良いでしょう。

最近では、メインの連絡手段としてLINEやFacebookなどを利用している方も多いです。

また、Yahoo!メールやGmailなどのフリーメールでも、画像やデータファイルの送信はできます。

ぜひ、乗り換え前に確認してみてください。

この記事もオススメ

注目キーワード

もっとみる