1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. ショートメールが送れないときは文字数制限をチェック

ショートメールが送れないときは文字数制限をチェック

ショートメールが送れないときは文字数制限をチェック

これまで使っていたキャリアを解約し、iPhoneで格安SIM生活をスタート! 毎月の携帯にかかる費用が劇的に安くなり、ありがたいことこの上なし……なのですが、少々手こずった点がありました。

 

それは、「キャリアメール使えない問題」です。

 

キャリアメールは、携帯電話会社が発行するメールアドレスのことです。キャリアを解約したので、キャリアメールは使えなくなりました。

 

でも、私が契約した格安SIMのプランにはSMS(ショートメッセージサービス)が付いているので、今後はSMSを使えばいいのです。

 

ここまでは想定内でした。では何が想定外だったかというと……相手からのSMSは届くのに、自分からは送信できないという事態に陥ったこと。ちゃんと設定もできているのに、なぜ?

すっかり忘れていたSMSの「制限」

このように、SMSに返信すると、「未配信」および「!」のエラー表示が出てしまいます。相手からは届くのに、自分からは送れない。

 

なぜこのような事態が生じるのか原因を調べてみたら、実にシンプルな原因が発覚しました。

 

SMSは最大で全角70文字(半角160文字)しか送れないのです!

 

そういえばそうだった……と、はるか昔に文字数を気にしながら送っていた時代を思い出しました。が、ここで、あれ?と不思議に思う点がありました。

それは、ここ数年SMSでも長文を送信できていたこと。文字数のことなんて考えたことがありません。だからこそ全角70文字以内というルールの存在も忘れていたのです。

 

これはどういうことだろう、と調べてみたら、また盲点が発覚しました。

ドコモとソフトバンクでは制限文字数が違う

私が契約した通信事業者はドコモの回線を利用しています。つまり、SMSもドコモのルールにのっとっており、SMSは全角70文字(半角160文字)以内しか送ることができません。

 

ところが、ソフトバンクやauでiPhoneを使う場合、SMSであっても最大670文字まで送ることができるのです。(※キャリアごとに条件が異なりますので、詳細は各キャリアのHPでご確認ください。)

なるほど、これまで文字数を気にせず送信できていたのは私がソフトバンクを使っていたからか!と納得しました。

 

というわけで、全角70文字以内の文章で送り直してみたところ、

……無事に送信できました!

「件名」と「画像」にも注意!

実は注意点はまだあります。友人に短い文章を送った際にも「未送信」のエラーが出たのですが、このときの原因は「件名」を入れたことでした。

 

SMSを送る場合、「半角70文字以内」に加えて、「件名を入れない」「画像を添付しない」も守る必要があるのです。

このルールを破ると、相手のメールアドレスを知っている場合は自動的にキャリアメールに切り替えられて送信されます。が、私の場合はキャリア解約後で当然キャリアメールは使えないため、送信エラーとなったわけです。

 

一度知ればどうってことないルールなのですが、これを知らずに利用すると何かしらの不具合ではないかとびっくりしてしまいますよね。

「件名」は非表示にもできる

ただ、エラーを防ぐ工夫もできます。設定>メッセージ>「件名欄を表示」をOFFにすると、件名欄を非表示にできるのです。いっそ非表示にしておけば、誤って件名を入力することも防げますよね。

 

また、設定>メッセージ>文字数(オンにする)で、文字数を表示させることで、文字数オーバー対策も可能です。

 

LINE全盛の昨今、SMSはほとんど使わないという人も多いでしょう。とはいえ、私もそうですが「仕事の連絡などではショートメッセージを使う」という人も決して少なくないと思います。

 

格安SIMでもSMSはちゃんと使えるので、文字数などルールに注意しつつ活用していきたいですね!

SMSを利用するなら契約プランにも注意!

SMSを利用する場合は、音声通話SIMもしくはデータSIMのSMS付きプランを選びましょう。それぞれの料金は以下のページよりご確認ください。

 

BIGLOBEモバイルの料金プランをみる

 

この記事もおすすめ

注目キーワード

もっとみる