BIGLOBE SIM/ スマホ申込専用ダイヤル
0120-996-962
受付時間
9:00~21:00(年中無休)
申し込む
メニュー

しむ暮らし

格安SIMのあるちょっと豊かな暮らしを提案するサイト

音声通話付きSIMって何?


格安SIMも少し前まではデータ通信がプランの中心だった

データSIM

格安SIMは、当初データ通信がプランの中心でした。モバイルWi-Fiルーターやスマートフォンに格安SIMを差し込んで、端末でそのままネットをしたり、テザリングを使って、スマートフォンやタブレット、パソコンをつないで、ネットを使うのがメインでした。

今でこそ、格安SIMも高速通信に対応したプランが多く出ていますが、かつてはデータ通信の速度も遅く、けして使い勝手の良いものとは言えない時期がありました。音声通話ができないため、格安SIMユーザーは、フィーチャーフォン(ガラケー)との2台持ちをすることが多かったのです。

音声通話付きSIMの登場

音声通話SIM

格安SIMはデータ通信の高速化と合わせて、音声通話付きSIMが登場し充実しました。音声通話付きSIMとは、080/090で始まる携帯電話の音声通話機能が付いた格安SIMのことです。この音声通話付きSIMの登場で、ドコモ、ソフトバンク、auといった、三大キャリアが提供しているスマートフォン向けサービスと同等に近づきました。

それまでの、三大キャリアがほぼ独占していたモバイルサービスに、すでに多くの新規参入を果たしたMVNO各社がこぞって音声通話付きSIMを提供することで、ユーザーにとって選択の余地が広がり、より安価で自身にあったプランを選ぶことが可能になっています。

音声通話付きSIMにはこんな利点も

音声通話付きのSIMのプランがないころは、050plusやskypeといったアプリを使って、VoIP(データ通信を使って音声をやりとりする方法)で通話するしかありませんでした。もちろんVoIPでも、通話自体はデータ通信の速度が一定程度あれば、問題無くできますが、080/090の番号は付与されないため、電話としては使えません。またSMSが使えないため、LINEなどの認証も行えませんでした。

こういった問題をすべて解決したのが音声通話付き格安SIMです。三大キャリアの携帯電話と変わらず使えるようになり、2台持ちする必要もなくなったのです。

音声通話付き格安SIMのプラン

ここでは「BIGLOBE SIM」を例にとって、音声通話付き格安SIMのプランを見ていきます。

●音声通話スタートプラン 1,400円/月
データ通信容量1GB/月

●エントリープラン 1,600円/月
データ通信容量3GB/月

●ライトSプラン 2,150円/月
データ通信容量6GB/月

●12ギガプラン 3,400円/月
データ通信容量 12GB/月
 
※全て税別

プラン詳細はこちらからご確認ください。

データ通信容量を見ても、LINEやTwitterがメインといったライトなユーザーから、月に12GBというかなりヘビーなユーザーも安心して使えるプランが揃っています。それでも月額料金が3400円(税別)なのは、やはり格安SIMならではと言えるでしょう。通話料が最大で半額になる「BIGLOBEでんわ」を使うことで、月額通信料金も抑えやすくなります。

格安SIMを選ぶ際は、自分の使用状況を分析して、それに合わせたプランを選んでいくことが節約につながります。ほとんどの格安SIMはドコモの通信網を使っているため、Xi エリア + FOMAエリアに対応しています。日本国内の広いエリアで通信が可能で、通信圏外の心配をすることなく、旅行や出張の際にも安心して使うことができるでしょう。

  • ガラケーやスマホから格安SIM・スマホへ お乗換え検討中の方はこちらもご参照ください。
  • 格安SIMにすると、こんなに安くなります! 下記料金シュミレーターで、料金を比較してみましょう。
  • パソコンやスマホの実用技から、日常の雑学まで 「いまこれが面白い!」「いま使える」情報を発信。
  • スマホのわからないを解決するウェブマガジン。 スマホ比較や体験レポート、豆知識をお届け。