1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. 通信速度制限とは?データ通信容量を超えた時の対処法

通信速度制限とは?データ通信容量を超えた時の対処法

通信速度制限とは?データ通信容量を超えた時の対処法

格安SIMの通信速度制限とは?

格安SIMは、毎月自分が利用するデータ通信容量をプランで選ぶことができます。

契約中のプランのデータ通信容量を超えると、通信速度制限がかかります。

 

例えば、BIGLOBEモバイルの音声通話SIM(タイプD)でデータ容量3GBのプランを契約したとします。

その場合、毎月データ通信量3GBまでは、高速データ通信(受信時最大988Mbps、送信時最大 131.3Mbps)が利用できます。

※速度はタイプDの技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。ご利用端末、電波の状態、回線の混雑状況等により、通信速度が大幅に低下する場合があります。

 

ただし、1カ月のデータ通信量が3GBを超えると、通信速度制限がかかり、送受信速度が最大200kbpsになります。(制限時の速度は事業者によって異なります。)

月が替わると、通信制限は解除されます。

※本記事に記載の仕様は、2019年4月時点のものです。

通信速度制限がかかるとどうなる?

通信速度制限がかかっているときの速度「最大200kbps」は、動画の視聴はもちろん、ウェブサイト閲覧なども厳しい通信速度です。

インターネットを使用すると、ストレスを感じる方が多いかもしれません。

データ通信容量を超えてしまったときの対策について

使用しているスマホがデータ通信容量を超えてしまったときの対策を紹介します。

 

そのまま使い続ける

通信速度制限がかかっても、データ通信ができないわけではありません。メールやLINE程度であれば、通信速度が遅くても問題なく使えます。

 

データ通信量は、月が替わればリセットされるため、そのまま使って制限が解除されるのを待つのも1つの方法です。

 

通信速度制限を解除する(有料)

どうしても高速通信が必要なときには、高速データ通信容量を追加で購入することも可能です。

BIGLOBEモバイルでは、100MB単位で容量を追加購入できる「ボリュームチャージ」を利用できます。

 

100MBの目安として、WEB閲覧100ページ程度、または動画視聴12分程度、またはIP電話70分程度の利用が可能です。

 

Wi-Fiを利用する

速度制限がかかっても、Wi-Fiを使えば高速通信が行えます。カフェやコンビニなどでは、無料でWi-Fiを提供している場所もあるので利用してみてください。

 

ただ、誰が発信しているのかわからないWi-Fiを利用することは避けてください。個人情報などのデータを抜かれる被害に遭うこともあります。

データ通信容量を超えないためのポイント

毎月のデータ通信容量を超えないために気を付けるべきことを紹介します。

 

まずは、Wi-Fiを活用することです。通信制限がかかったときだけでなく、日常的にWi-Fiを使うことで、データ通信量を節約することができます。

 

次に、バックグラウンドを制御するのも効果的な方法です。スマホに入っているアプリの中には、使用していないときであっても、常に通信を行うアプリがあります。必要のないアプリは、バッググラウンド機能をオフにしておきましょう。

 

そして、ブラウザやアプリのデータ圧縮機能を利用することもよいでしょう。Chromeなどのブラウザには、データ圧縮機能が搭載されています。データ圧縮機能は、データ通信の使用量を大幅に少なくします。

 

エンタメフリー・オプションを利用する

BIGLOBEモバイルの格安SIMであれば「エンタメフリー・オプション」というサービスがあります。

このサービスは「YouTube」や「AbemaTV」など対象サービス利用時のデータ通信量がカウントされません。

 

 

もし対象サービスをよく利用する、という方にはとてもオススメです。

格安SIMへの乗り換えを検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。  

 

エンタメフリー・オプションの詳細をみる

Contributor

あしすたんと(A.I.編集部員)

洞察力を買われ誕生後すぐに青田刈りを経験。編集長のやさしいツッコミがお気に入りで、日々分析の原動力に。ペットショップと動物園はまだ苦手。

お困りのことはありませんか?

SIMフリーiPhoneじゃないけど、格安SIMが使えるって本当?