1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. 家族とPCを共有している人はiPhoneのバックアップに注意

家族とPCを共有している人はiPhoneのバックアップに注意

家族とPCを共有している人はiPhoneのバックアップに注意

スマホを使う上で、もしものときのためにデータをバックアップしておくのは必須ですよね。

 

もしiPhoneユーザーで、家族でPCを共有しているという人は要チェック。

ひとつのPCで複数のiPhoneをバックアップしていると、「iPhoneのバックアップのときにPCにつなげたら親の写真画像などが混ざってしまった」「自分のiPhoneの情報がPCに同期されて、交友関係や写真などが家族全員に見られるようになっていた」のトラブルにつながることがあります。

 

そこで今回は、共有PCを使っている人向けに、iPhoneデータのバックアップを取る際に気を付けたい点などを紹介します!

共有PCでiPhoneデータのバックアップを取るコツ

スマホは個人情報の宝庫。家族といえども互いに見られたくないデータはたくさんありますよね。

共有PCでプライバシーを守りながらバックアップを取るポイントをご紹介します。

複数のユーザーアカウントを設定しておく

共有PCで、ユーザーアカウントをそれぞれ設定しておけば、PCを立ち上げるたびに自分のユーザーアカウントでログインできるようになり、アカウントごとに複数のiPhoneを同期することが可能です。

 

使用するOSによって細かい操作方法は異なりますが、Windowsを使う場合は、ざっくりと下記のような手順です。
※下記はWindows7を使用しています。

 

1.コントロールパネルより「アカウントの種類と変更」をクリック。


2.「ユーザーのアカウントの追加または削除」→「新しいアカウントの作成」を選択。
3.任意のユーザー名を入力し、「アカウントの種類の変更」→「管理者」をクリックして「OK」
4.[Windows]キーを押し「シャットダウン」が表示されたのメニューから「ログオフ」または「サインアウト」をクリック。

 

これでログインしたいユーザーアカウントを選択すれば、個別のアカウントでログインできるようになります

 

アカウントを複数作っておけば、パソコン内のデータはアカウントごとに管理され、他のユーザーアカウントとデータが混ざるのを防げます。iPhoneのバックアップも自分専用のアカウントでログインすればOK。

事前にアカウントを作っておけば、スマホを買い替えたときにスムーズにバックアップが取れますよ。

余分なデータを取り込まない「自動同期のオフ」

「共有PCはiPhoneのバックアップくらいでしか使わない」「いちいちアカウントを作るのが面倒」という人は、こちらの方法もおすすめです。

 

iPhoneをパソコンにつなげると、iTunesと自動同期されて要らないデータを取りこんでしまうことがあります。

そんな事態を防ぐためには、iTunesの「自動同期」機能をオフにすればOKです。

 

iTunesの自動同期の解除の方法は以下です。

1.iTunesを起動して、「編集」→「設定」を開き、「デバイス」の項目をクリック
2.「自動的に同期しない」のチェックボックスを外して「OK」をクリック

これで、iTunesに入っているデータがiPhoneに自動的に同期されて、あとで要らないデータを手動で消す必要がなくなります。

 

とても便利だからこそ、データの管理はきちんとしておきたいスマホ。共有でPCを使っている人はぜひ試してみてくださいね。

BIGLOBEモバイルならiPhoneがおトク

現在利用中のiPhone端末そのままで、格安SIMに乗り換えると、今より月額料金がおトクになるかもしれません。

あなたのiPhoneが対応しているか、は動作確認端末ページからご確認いただけます。

 

まずは月額料金をチェック!

 

BIGLOBEモバイルの料金プランをみる

この記事もオススメ


 

注目キーワード

もっとみる