1. TOP
  2. モバイル
  3. しむ暮らし
  4. 格安スマホのデメリットは?

しむ暮らし
格安SIMでちょっと暮らしをゆたかに。

格安スマホのデメリットは?

2016.10.18

格安スマホのデメリットは低スペックモデルがあること

格安スマホのデメリットは、性能の低いモデルがあることです。大手キャリアは基本的に高性能なスマホを揃えていますが、格安スマホは様々な性能のものがあります。そのため格安スマホの性能を確認せずに購入してしまうと、自分の使い方に合わないものを選んでしまう可能性があります。

 

しかし自分に必要な格安スマホの性能を知ったうえで適切なモデルを選べば、できる限り費用を抑えてスマホを購入することができます。例えば電話やLINEしか使わない方は、値段が安いシンプルな性能のスマホでも快適に利用できるでしょう。自分に合ったスマホの性能がわからない方は、BIGLOBEモバイルのサポートページを参考にしてみてください。また、サポートページの下部に記載の電話番号やチャット機能から、格安スマホについて相談することができますので、活用してみてください。

 

また格安SIMのメリットやデメリットについてはこちらで紹介しています。

格安スマホの性能を自分で比較する場合は、各スマホのOS、プロセッサ(CPU)、メインメモリ(RAM)、ストレージ(ROM)などを確認します。

OSとはスマホの基本的な動作を行うシステムのこと

OSとはスマホの基本的な動作を管理・制御するシステムのことで、格安スマホにはAndroidというOSがインストールされています。Androidは定期的に改善が加えられており、バージョンが高いAndroidほど新しいものです。

最新バージョンのAndroidは最新のスマホに対応した機能になっているので、性能が低い格安スマホや中古のスマホだと最新バージョンに更新できないことがあります。

プロセッサはスマホのエンジンであるCPUのこと

プロセッサはCPUとも呼ばれ、スマホ内部で様々なシステムを処理する部分です。プロセッサの性能が高いほど、アプリを実行する速度や反応が速くなります。プロセッサの性能はクロック周波数で表され、一般的にその値が大きいほどプロセッサの処理能力が高くなります。

 

またプロセッサの中核部分である、コアの数によっても処理性能が変わります。一般的にコアの数が多いほど、処理性能が高いプロセッサです。プロセッサの総合的な性能は、クロック周波数とコア数の両方を確認する必要があります。

メインメモリとストレージは、処理する容量と保存する容量

メインメモリは作業中のデータを一時的に保存するメモリのことで、メインメモリが大きいほど複数のアプリを同時に動かすことができます。ストレージは写真や音楽など、スマホのデータを保存する部分です。ストレージが大きいほど、スマホ本体に保存できるデータ量が増えます。

 

BIGLOBEモバイルで扱っている格安スマホのスペックはこちらより確認できます。スマホ選びの参考にしてください。

 


  • BIGLOBEモバイルのスマホラインナップをみる

    各端末の料金や特長、
    スペックなどをご確認いただけます。

  • BIGLOBEモバイルの料金プランをみる

    BIGLOBEモバイルの料金や
    キャンペーンをご確認いただけます。