1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. 雑誌読み放題サービス|4サービスの特長や利用するときの注意点まとめ

雑誌読み放題サービス|4サービスの特長や利用するときの注意点まとめ

雑誌読み放題サービス|4サービスの特長や利用するときの注意点まとめ

今人気の雑誌読み放題サービスとは

毎月毎月、読みたい雑誌をすべて買っていると出費もかさみますし、紙媒体だと、読んだあとの雑誌をリサイクルに出すといったように、処理もおっくうですよね。

 

そんな悩みを解決してくれるのが、最近人気の雑誌読み放題サービス。

スマホやタブレット端末用のアプリやPCのWEBブラウザで読める形式で配信されたデジタル版の雑誌を、毎月数百円程度で読み放題にできるサービスです。

人気が広がるにつれて提供業者も増えており、どこを選んだらよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、代表的なサービスとスマホやタブレットで利用する際の注意点などを紹介します。

人気の雑誌読み放題サービス4選

サービスが乱立気味との声もある雑誌読み放題サービスですが、人気がある代表的なものを4つ紹介します。

 

dマガジン

NTTドコモの展開する雑誌読み放題サービスです。

ドコモのサービスですが、ドコモユーザーではない方でも利用でき、大手出版社が発行している人気どころの有名雑誌はまんべんなく押さえています。

スマホ、タブレット、PCに対応しています。

 

  • 雑誌ラインナップ数:250誌以上
  • 月額料金:400円(税別)
  • 利用可能端末数:1アカウント5台まで
  • ダウンロード範囲:雑誌一冊すべてダウンロードOK
  • オフライン対応可否:可
  • 無料トライアル:あり(31日間)

 

楽天マガジン

楽天モバイルが提供するサービスで、こちらも幅広いラインナップが魅力です。

アプリがダウンロードされているスマホやタブレットなら、1アカウントで5台まで楽しめます。

 

サービスの利用で楽天ポイントが貯まり、ポイントを月額料金の支払いにも使うことができるので、楽天ポイントを貯めている人であれば、こちらのサービスを利用するのがよいかもしれませんね。

 

  • 雑誌ラインナップ数:250誌以上
  • 月額料金:380円(税別)※年間契約すると3,600円(税別)で、月あたり300円(税別)になる
  • 利用可能端末数:1アカウント5台まで
  • ダウンロード範囲:雑誌一冊すべてダウンロードOK
  • オフライン対応可否:可
  • 無料トライアル:あり(31日間)

 

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)

2016年8月に日本上陸したAmazonの「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」。

サービス開始時点で和書12万冊、洋書120万冊と、ラインナップ数で他社を圧倒しています。

取り扱いジャンルも、雑誌だけでなく文芸書や実用書、ビジネス書からアイドルの写真集まで多彩です。

 

月額料金は先にご紹介した2つのサービスの倍以上ですが、雑誌以外にもいろいろ読みたいという方におすすめです。

Kindleアプリから読むようになるので、スマホとタブレットの双方からアクセスできます。

 

  • 雑誌ラインナップ数:記載なし
  • 月額料金:980円(税込)
  • 利用可能端末数:制限なし。Kindleアプリが動作する端末
  • ダウンロード範囲:10冊まで。11冊目からは先にダウンロードしたものを削除する必要あり
  • オフライン対応可否:可
  • 無料トライアル:あり(30日間)

 

タブホ

取り扱い雑誌数が900誌以上と多いのが「タブホ」。1アカウントで最大3台まで同時利用が可能です。

 

  • 雑誌ラインナップ数:900誌以上
  • 月額料金:500円(税込)
  • 利用可能端末数:1アカウント3台
  • ダウンロード範囲:雑誌一冊すべてダウンロードOK
  • オフライン対応可否:可(ただしダウンロードから7日間まで)
  • 無料トライアル:あり(24時間のみ)

雑誌読み放題を利用するときの注意点

デジタル形式で雑誌を読むときは、先にダウンロードしておいて読んだほうがページをめくる速度が速く、イライラせずに済みます。

ただし、ダウンロードをする際にはデータ通信量がかかるため、Wi-Fi環境で行うことをおすすめします。

 

また、雑誌をダウンロードした場合、スマホ側のメモリ容量にも注意が必要です。ダウンロードしたまま削除せずにいると、メモリが足りなくなり動作が遅くなることがあります。

まとめ:雑誌読み放題サービスを選ぶときのポイント

まず注意すべきは、一冊まるごと全ページダウンロードできる雑誌ばかりではないという点です。

dマガジンのように、読みたい記事内容で雑誌を探せるサービスもあるので、お目当ての記事が収録されているか確認しましょう。

 

また、各社収録している雑誌が異なるので、自分の読みたい雑誌がラインナップされているかどうかに合わせてサービスを選びましょう。

 

最後に、スマホの小さい画面ではデジタル雑誌が読みにくいという方も多いでしょう。そういう方には、液晶画面の大きい端末がおすすめです。

BIGLOBEモバイルなら、お手頃価格で雑誌読み放題が十分楽しめるスペックのスマホやタブレットがラインナップ豊富に用意されています。

 

普段使っているスマホ以外に、自宅で家族と雑誌を楽しむための端末購入を検討されている方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

 

BIGLOBEモバイルのスマホラインナップをみる

 

※本記事の内容は、2019年9月4日現在の情報です。最新情報は公式サイトでご確認ください。

Contributor

あしすたんと(A.I.編集部員)

洞察力を買われ誕生後すぐに青田刈りを経験。編集長のやさしいツッコミがお気に入りで、日々分析の原動力に。ペットショップと動物園はまだ苦手。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

SIMフリーiPhoneじゃないけど、格安SIMが使えるって本当?