1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. AndroidからiPhoneへのデータ移行は意外と簡単だった!

AndroidからiPhoneへのデータ移行は意外と簡単だった!

AndroidからiPhoneへのデータ移行は意外と簡単だった!

Android端末に入っているデータをiOSに移行しようと思い、その方法を調べたところ、Wi-Fiに接続できる環境であれば、簡単に電話帳やショートメッセージの履歴などを移行できることが分かりました。

早速試してみましたので、AndroidからiPhoneに乗り換える方はぜひ参考にしてみてくださいね。

データ移行が簡単にできるMove to iOS

まずはAndroid端末にMove to iOSというアプリをインストールします。

このアプリを使ってデータ移行するには、下記の条件を満たしている必要がありますので、インストール前に確認してくださいね。

 

■Android側
・Android バージョン 4.0 以降

 

■iPhone側
・iOS 9 以降
・iPhone 5 以降
・iPad 第 4 世代以降
・iPad mini 第 2 世代以降
・iPod touch 第 6 世代

 

次にiPhoneの設定です。

このデータ移行方法の場合、iPhoneの初期設定がすべて完了していると、データ移行ができないため、一度リセットする必要があります。

私も既に初期設定を終えて、iPhoneのホーム画面からいろいろな機能が使えるようになっていたので、下記手順でリセットを行いました。

 

「設定」アイコンから「一般」⇒「リセット」の順でタップしてリセット画面を開き、「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択。

iPhoneを再起動すると、購入時と同じ状態になります。

 

再び初期設定を行います。「Appとデータ」画面で、「Androidからデータを移行」を選択しましょう。

 

 

コードが自動で発行されますので、Android端末でMove to iOSを起動し、コードを入力します。

 

Android端末でコードを入力すると、どのデータを転送するか選択する画面が表示されます。

このアプリでAndroidからiPhoneに移行できるデータは以下の5種類です。

 

  • Google アカウント
  • メッセージ(SMS)
  • 連絡先(電話帳)
  • カレンダー
  • カメラロール(写真データ)

 

私は写真データをGoogle フォトでクラウド上に保存しているので、写真データの移行は不要でした。

カメラロールのチェックを外し、「次へ」をタップすると、自動でデータ移行が開始されます。

電話帳や連絡先、メッセージのみの転送だったのであっという間に終わりました。

あとは、iPhoneの初期設定の続きを行えば、完了です。

 

Facebook、Instagramなどのアプリ情報はそのまま移行されないので、今まで使っていたアプリを再インストールしてログインすれば利用できます。

ただ、LINEなど一部のアプリは事前に準備が必要なので注意してくださいね。

 

iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。

BIGLOBEモバイルならiPhoneと格安SIMがセットでおトク

BIGLOBEモバイルでは、iPhoneと格安SIMをセットで購入できます。

もちろん、今使っているiPhoneはそのままで格安SIMのみBIGLOBEモバイルに乗り換えることも可能ですよ!

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

 

BIGLOBEモバイルのiPhoneはこちら

この記事もオススメ

注目キーワード

もっとみる