1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. iPhoneからiPhoneへデータ移行する方法と注意点まとめ

iPhoneからiPhoneへデータ移行する方法と注意点まとめ

iPhoneからiPhoneへデータ移行する方法と注意点まとめ

 

手持ちのiPhoneが古くなってくると、iOSのバージョンアップに対応できなくなるという心配がでてきます。サポート対象外機種になってしまう前に、新しいiPhoneに機種変更することもありますよね。

ここでは、iPhoneからiPhoneにデータ移行する方法をご紹介します。

iPhoneからiPhoneに!データ移行方法まとめ

iPhoneからiPhoneへのデータ移行は、AndroidからAndroidへのデータ移行より簡単!

大まかな手順としては、旧機種からバックアップデータを取り、そのデータを新機種に復元するのですが、パソコン(以下、PC)がある人とない人でデータ移行方法が変わります。

PCがある場合はAppleのメディアプレーヤー「iTunes」を使用しますが、PCがない場合はAppleのクラウドサービス「iCloud」を使用します。

 

ご紹介するデータ移行方法は、iPhoneがどのキャリアのものでも(もちろんSIMフリーでも)、iPadやiPod touchでも応用できます。

また、データ移行という目的以外にも、iPhoneの紛失や破損に備えたデータのバックアップを取る方法も含まれますので、万が一のときのためにも今回ご紹介する手順を押さえておいてくださいね。

 

では、早速iPhoneからiPhoneにデータ移行する方法を「PCがある場合」と「PCがない場合」の2通りに分けてみていきましょう。

iTunesを使ってデータ移行する方法(PCがある人)

PCを介してデータ移行する場合、MacもしくはWindowsのPCで作業ができます。今回はWindows PCでの手順を見ていきましょう。

 

まずはじめに、Microsoft StoreでiTunesを入手します。iTunesを開いて、いつも充電しているUSBケーブルを使いPCとiPadを接続します。今回はiPadでデータ移行を進めますが、iPhoneやiPod touchでも同様の作業です。

▲iTunesを開きiPadをPCに接続した画面

 

「このコンピュータを信頼しますか?」と表示されますが、ガイドに従ってiPadとPCの設定を進めていくと、画面左上に小さなアイコンが表示されます(画像の赤枠で囲んだ部分)。こちらをクリックすると接続したiPadの設定画面が開きます。

▲Windows版iTunesで接続したiPadの設定画面を開いたところ

 

画面中央の「バックアップ」から「手動でバックアップ/復元」>「今すぐバックアップ」をクリックするとバックアップが開始されます。

このとき、「ローカルのバックアップを暗号化」にチェックを入れておくと、アカウントパスワードやヘルスケアデータなどもバックアップ可能です。できるだけ手間を省くのであれば、こちらにチェックを入れて進めましょう。

また、画面下部の「同期」とよく混同してしまいますが、「バックアップ」とは異なりますので注意が必要です。

 

バックアップはPCの仕様やデータの量にもよりますが、数分程度で完了します。バックアップが完了したら画面左上にあるiPadの名称(今回はYNiPad)の右側にある矢印をクリックするとiPadを安全に取り外せます。

次にデータを復元したい新しい端末をバックアップのときと同じ要領でPCに接続し、「バックアップを復元」ボタンを押すと、バックアップしたデータをすべて新しい端末に移行できます。

iCloudを使ってデータ移行する方法(PCがない人)

iCloudを使うデータ移行は、Wi-Fi環境があれば端末だけでできるのでもっとも手軽です。

「設定」>「自分のユーザ名」>「iCloud」>「iCloud バックアップ」をタップし、「iCloud バックアップ」がオンになっているか確認します。

▲iPadのiCloudバックアップ設定画面

 

次にデバイスを電源につなぎ、以下を確認してください。

  • Wi-Fiに接続されていること
  • 画面がロックされていること
  • iCloudの空き容量が十分であること

 

これだけで、自動的にiCloudへバックアップされるようになります。

iCloudとiTunesバックアップの違いや注意点

PCがある場合は、iCloudよりもiTunesを使ってデータ移行しましょう。

なぜならiTunesを使ったバックアップでは、デバイスのほぼすべてのデータと設定情報がバックアップされるからです。復元したときに各アプリの設定情報もほとんど保持されるので、アプリを再設定する手間が省けます。

 

また、iCloudでは5GB以上データを保存すると有料になります。バックアップデータに写真を含めると、無料の5GBを使い切ってしまうことが多いため、PCがあるならiTunesでデータを移行する方がラクですし確実です。

 

iPhoneからiPadにデータ移行する場合は、iPhoneのデータをiPadに復元できますが、注意したいのがiPhone専用のアプリ。転送できるのは互換性のあるデータのみなので、iPhone専用のアプリはiPadに転送できないため注意が必要です。

 

iTunes、iCloudどちらのデータ移行方法を利用するとしても、Apple IDとパスワードは必ず必要になりますので、忘れないように準備しておきましょう。

電話帳、メッセージ、写真、音楽データはどうなる?

iPhoneに入っている電話帳やメッセージ、写真、音楽データはそのまま新しい端末に引き継がれます。

ただし、キャリアメール(@docomo.ne.jpなど)の送受信履歴やLINEのメッセージ内容、ゲームのセーブデータなどは個別に対応が必要なこともあります。重要なデータは事前にそれぞれのアプリ内のヘルプでデータ移行について確認しておきましょう。

新型のiPhoneをおトクに使う方法!

2018年の秋に待望の新型iPhoneが発売されました。

新しいiPhoneが欲しいけど、iPhoneは本体価格が割高だから…とお悩みの方も多いのでは?

 

実はBIGLOBEモバイルなら格安SIMの特典の他にも、新型のiPhoneとセットでもらえるおトクな特典があるのです。

iPhoneの買い替えを検討中の方は、これを機に格安SIMと新型のiPhoneをゲットしませんか?

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

新型iPhoneを格安SIMとセットでおトクに使う方法

Contributor

中野友希

税理士・社労士補助や衛生管理者を経てフリーライターに。ガジェット・ヘルスケア・子育てなどを中心に『読むサプリ』をモットーに執筆中。@y_nakan0

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

SIMフリーiPhoneじゃないけど、格安SIMが使えるって本当?