1. 格安SIM/スマホ TOP
  2. しむぐらし
  3. Amazon.comで個人輸入する方法!使い方や注意点を解説

ビッグローブ光 10ギガ 高速・高品質の光回線 特典総額最大96,304円(消費税相当含む)

 

BIGLOBE WiMAX 工事不要 特典で初月からおトク
Amazon.comで個人輸入する方法!使い方や注意点を解説

Amazon.comで個人輸入する方法!使い方や注意点を解説

言わずと知れたショッピングサイト「Amazon」。

ありとあらゆるモノを購入できるサービスとして、普段から利用している人も多いのではないでしょうか。数多くのネットショップがあるなかでも、セールの頻度や配達の速度、関連サービスの多さにおいては、今も昔もAmazonが大きな存在感を発揮しています。

 

ただ、そんなAmazonですら取り扱いのない商品も当然あります。たとえば、日本では未発売のガジェットや、国内で買おうとすると価格が高くなってしまう商品など。ほかのECサイトでもなかなか見つけられず、困った経験があるという人もいるかもしれません。

 

そこで選択肢に挙がるのが、「Amazon.com」です。本記事では海外のAmazonを使った個人輸入の方法と、買い物をする際の注意点を説明します。

日本のAmazonとは違うの?「Amazon.com」とは

冒頭の説明で「Amazon.comって何? 普段使っているAmazonとは違うの?」と感じた方もいらっしゃるかもしれませんので、まずはそこから整理しておきましょう。

 

Amazon.comは、アメリカのオンラインショッピングサイト。私たちのよく知る「Amazon」と大元は同じサービスですが、アメリカで展開しているショッピングサイトです。――と言われても、かえって混乱してしまいますよね。

 

そこで、日常的に使っている「Amazon」のサイトを開いてみてください。そのURLやロゴをよくよく見ると、「Amazon.co.jp」と書かれていることがわかるのではないでしょうか。

 

つまり、日本の「Amazon.co.jp」と、アメリカの「Amazon.com」は、同じ「Amazon」という大きなサービスではありますが、サイトとしては実は別物なのです。ほかにも、イギリスは「amazon.co.uk」、ドイツは「amazon.de」、オーストラリアは「amazon.com.au」など、国によって別のURLが割り振られています。

 

見方を変えると、「サイトとして別物」ということは、それぞれで販売されている商品も異なるということ。要するに、「日本のAmazon.co.jpで売っていない商品も、アメリカのAmazon.comでなら見つけられる可能性がある」というわけですね。

「個人輸入」とは?

次に確認しておきたいのが、「個人輸入」という言葉です。「輸入」と聞くと、規模の大きな貿易や仕事を思い浮かべるかもしれませんが、実はそこまで大層なものではありません。

 

財務省が運営する税関のサイトでは、「個人輸入」を次のように説明しています。

“個人輸入について法令上に定義はありません。一般的には「外国の製品を個人で使用することを目的として、海外の通信販売会社、小売店、メーカーなどから、個人が直接購入すること」といわれています。”(3001 個人輸入とは(カスタムスアンサー) : 税関 Japan Customsより)

 

ここでは、「海外のサイトで個人的に買い物をする」ことも「個人輸入」と表現しているわけですね。海外のサイトを利用することで得られるメリットとしては、以下のようなものがあります。

 

  • 日本では手に入らない商品を購入できる
  • 日本よりも安く商品を購入できる
  • 海外の最新の商品やトレンドを知ることができる
  • 自分の好みに合った商品を探す楽しみがある

 

もちろんデメリットもありますので、個人輸入をする際には以下の点を理解しておきましょう。

 

  • 商品の到着までに時間がかかる場合がある
  • 関税や消費税などの追加費用が発生する場合がある
  • 商品の破損や誤配達といったトラブルへの対処が難しい場合がある
  • 偽物や模倣品など、品質の低い商品に騙される可能性がある

Amazon.comでの買い物は、普通の通販とは違うの?

前述のとおり、アメリカのAmazon.comは、日本のAmazon.co.jpとは別のサイトです。

 

どちらも同じ「Amazon」であり、ネットショップであることに違いはありませんが、海外のサイトであるがゆえの相違点もあります。どのような部分が違うのか、主なポイントをチェックしておきましょう。

1. 新しくアカウントを作成する必要がある

Amazon.comは日本のAmazon.co.jpとは別のサイトですので、アカウントも新しく作成しなければなりません。

 

言語は当然ながら英語が使われていますが、簡単な英語さえわかれば困ることはないかと思います。自信がない方は、ブラウザの翻訳機能を使いましょう。アカウント作成は、トップページの右上にある「Account&Lists」の「Start here」から行えます。

2. 為替レートや手数料によって金額が変わる

Amazon.comの価格表示は、日本円ではなく米ドルです。そのため、その時々の為替レートや手数料によって、実際に支払う金額が変わります。

3. コンビニ払いや代引きは利用できない

支払い方法は、クレジットカードやPayPalがメインです。日本のAmazonで買い物をする際にコンビニ払いや代引きを使っている人は、Amazon.comでも利用できる支払い方法があるか確認しておきましょう。

4. 配送料や配送期間が商品やショップによって異なる

Amazon.comで購入した商品は、国際郵便や国際宅配便などによって配達されます。商品やショップによって配送料や配送期間が異なり、場合によっては配達が1ヶ月以上先になることもありますので、その点を踏まえたうえで注文しましょう。

5. 関税などの税金が発生する場合がある

商品の種類によっては、日本国内に輸入する際に関税などの税金が発生する場合があります。ただでさえ高い配送料に追加料金がかかることに抵抗がある人もいるかもしれませんが、国を跨いでの買い物には必要な出費です。理解したうえで買い物をしましょう。

どんなアイテムが狙い目?

では、海外のAmazonから個人輸入をするにあたって、狙い目のアイテムなどはあるのでしょうか。自分が欲しいものを探すだけでも楽しいのが買い物ですが、せっかくなら、日本では手に入らない商品や、日本で探すよりも安く買える商品を狙いたいですよね。そうやっておトクに買い物を楽しみたい人は、以下のようなカテゴリーのアイテムを探してみるといいかもしれません。

 

  • ファッション:日本ではあまり見ないブランド品
  • 美容・健康:コスメやサプリメントなど
  • 電子機器:ガジェットやパソコン周辺機器など
  • エンタメ:日本未発売のゲームやおもちゃなど

個人輸入をする際の注意点は?

最後に、個人輸入をする際の注意点を確認しておきましょう。

 

先ほども説明しましたが、「海外から商品を送ってもらう都合上、トラブルが発生した場合の対処が難しい」という問題があります。商品の破損や誤配達に対して、ろくに対応してもらえないかもしれません。レビューをよく見て信頼できるショップを選ぶことが重要です。

 

また、商品によっては、日本での使用に制限がある場合があります。電圧の違いによってそのままでは使えない電化製品などがまず思い浮かびますが、食品や医薬品が、食品衛生法などの法律に抵触する可能性もあります。商品の仕様や成分をあらかじめよく確認しておくようにしましょう。

 

ほかには模倣品や粗悪品などの問題もあるため、いつにも増してショップの信頼性は意識しておきたいところです。このような注意点は消費者庁でも注意喚起が行われていますので、気になる方はチェックしておきましょう。

 

デメリットや注意事項についてもたくさん説明しましたが、個人輸入に慣れれば、普段の「ネットショッピング」の幅が大きく広がり、ますます買い物を楽しめるようになるはずです。以上のポイントを踏まえつつ、ぜひ買い物を楽しんでみてください。

 

インターネットを最大限楽しむには「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

 

「インターネット回線が遅い」
「インターネット料金が高い」
などのお悩みはありませんか?

 

安定した速度とリーズナブルな光回線なら、
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大10Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。

 

「ビッグローブ光」なら他社の光回線(フレッツ光・コラボ光)をお使いでもお乗り換えはかんたんです。工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

 

 

光回線についてもっと詳しく知りたいという方は、
以下の記事も併せてご覧ください。

光回線とは?仕組みや種類、メリット・デメリットや選び方まで徹底解説

Contributor

けいろー

フリーライター。ネット大好きゆとり世代。趣味のブログをきっかけに依頼をもらうようになり、勢いで独立。書評・アニメ・グルメ・旅行など何でもござれ。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?