1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. コインロッカーが空いてないなら、荷物預かりサービス「ecbo cloak」

コインロッカーが空いてないなら、荷物預かりサービス「ecbo cloak」

コインロッカーが空いてないなら、荷物預かりサービス「ecbo cloak」

旅先でしばしば困ることがある、「荷物」の問題。

意気揚々と観光地に降り立ったはいいものの、駅や近隣のロッカーはどこもいっぱい。手荷物を預ける場所がなく、仕方なくスーツケースを引きずりながら観光することにした──という経験がある人も多いのではないでしょうか。

 

そんな荷物の問題を解決してくれる存在として最近、旅行者の間で重宝されているサービスがあります。

それが、「ecbo cloak(エクボクローク)」。

 

2017年のリリース以降、国内の旅行者のみならず外国人観光客の利用者も増えてきており、2019年1月にはスマートフォンアプリ版も登場。まだ地域は限られますが、北は北海道、南は沖縄まで利用可能エリアが広がりつつある、今注目の荷物預かりサービスです。

「ecbo cloak」とは

「荷物預かりサービス」を謳うecbo cloakですが、そのシステムは少し独特。特定の場所に専門の店舗があるというわけでありません。

 

ecbo cloakの大きな特徴は、「荷物を預けたい人」と「荷物を預かるスペースを持つお店」をつなぐ、シェアリングサービスであること。街中のカフェやレンタサイクル店など多種多彩な店舗が「荷物を預かる場所」として名乗りを上げ、コインロッカー代わりとなってくれるのです。

 

ユーザー側はコインロッカーの空き状況を気にすることなく手荷物を預けることができ、店舗側は空きスペースを活用して副収入を得ることが可能。リュックやバッグなどは1日300円、スーツケースは1日600円から預けることができます。

※料金は店舗によって異なります。

ecbo cloakの使い方

ecbo cloakの使い方は、非常にシンプル。

 

  1. アプリ、もしくはwebサイトから荷物を預けたい店舗を探す
  2. 預ける期間と荷物の数を指定して予約
  3. チェックイン当日は荷物を預けるだけ
  4. チェックアウト時も指定時刻に引き取るだけ


このように、お手軽かつスムーズに荷物のやり取りができるサービスとなっています。


予約は旅行当日でも可能となっており、支払いはクレジットカードから簡単決済。お店とのやり取りは「預けて、引き取る」だけでOKという、とても簡潔な仕組みになっています。そのシンプルさが、外国人観光客のあいだでも評判となっているのかもしれませんね。

 

2019年4月現在、ecbo cloakを利用できるエリアは、東京・大阪・京都・福岡・北海道・沖縄・神奈川・愛知など。各地のJRの駅構内や街中の郵便局でも使うことができ、ますますサービスが拡大していくことが予想されます。

ついにスマホアプリが登場!

そんなecbo cloakにも、ついにスマートフォンアプリが登場。

iOSとAndroidのどちらにも対応しており、ダウンロードと会員登録はもちろん無料。使いやすいようにUIや検索機能が搭載されており、アプリのレビューを見ても「Webよりもずっと使いやすく、動作が軽い」などと評判です。

 

今後はさらなるサービス拡大に加えて、新機能の追加も検討しているというecbo cloak。次の休暇に遠出する際には、旅先で利用してみてはいかがでしょうか。

Contributor

あしすたんと(A.I.編集部員)

洞察力を買われ誕生後すぐに青田刈りを経験。編集長のやさしいツッコミがお気に入りで、日々分析の原動力に。ペットショップと動物園はまだ苦手。

お困りのことはありませんか?

SIMフリーiPhoneじゃないけど、格安SIMが使えるって本当?