1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. 海外旅行にレンタルWi-Fiは必要?Wi-Fiが必要なケースとプランの選び方

海外旅行にレンタルWi-Fiは必要?Wi-Fiが必要なケースとプランの選び方

海外旅行にレンタルWi-Fiは必要?Wi-Fiが必要なケースとプランの選び方

待ちに待った海外旅行。パスポートやスーツケースなど、いろいろ準備が必要ですが、海外用のレンタルWi-Fiを検討する人も多いようです。

そもそもレンタルWi-Fiとはどんなものなの?どんな人に必要なの?について解説します!

海外用レンタルWi-Fiってどんなもの?

海外旅行の情報をネットやパンフレットで探していると、あちこちで「海外用Wi-Fiレンタル」の広告を見かけます。

海外用Wi-Fiレンタルとは、海外のインターネットに接続できるポケットWi-Fiルーターのレンタルサービスのことを指し、このサービスを利用すると、海外にいても、国内にいるときのようにネットを快適に使うことができます。

 

ほとんどのサービスはネットで申し込み可能で、ルーター本体は出発時に国内の空港で受け取ったり、出発前に郵送で届けてくれたりします。

海外Wi-Fiレンタルはレンタル日数によって料金が決まっており、データ通信容量も選択可能。行く日数や国が多ければ、料金もその分高くなるシステムになっています。

海外用レンタルWi-Fiはこんな人におすすめ!

海外用レンタルWi-Fiを持っていくか迷っている人は、普段どれくらいインターネットを使うかや、渡航先の国によって検討してみましょう。

複数人での旅行ならワリカンできる!

海外用レンタルWi-Fiがあれば、旅行先でお店や観光地を探したり、マップアプリで行きたい場所への経路を見たりと、ネットにつながるので、何かと心細い海外でもあらゆる情報をキャッチできるのが最大のメリット。

旅先で撮った画像をすぐにSNSでアップできるのもSNSユーザーにとっては魅力ですね。

 

「実際に海外へ行ってみて、必要なら旅先でレンタルする」という手もありますが、あらかじめ日本でレンタルしておけば、言語が不自由な海外での手続きで戸惑うこともありません。

 

また、複数人で旅行する時は、ひとつのWi-Fiルーターで電波をシェアできるので、ワリカンでOK。ただ、一日に使えるデータ通信容量も分け合うため、契約する通信容量を多めにしておくなどの対策をお忘れなく。

ネット規制をしている国に行く場合は

「海外では、ホテルや空港のWi-Fiで充分」という人はWi-Fiルーターは不要かもしれません。ただ、中国などネット規制を行っている国を訪れると、LINEやGmailなど閲覧できなくなるサービスがあるので注意しましょう。

そんなとき、レンタルWi-Fiのオプションにある「VPN付き」プランを利用すれば、規制がかかっている国にいても、日本にいるようにLINEなどを使うことができるようになります。

海外レンタルWi-Fiを使うときに注意したいこと

国内でもWi-Fiルーターを持ち歩いている人はご存知だと思いますが、ルーターのWi-Fiが使えるのはルーターから半径数メートル程度です。そのため、ネットに接続するためには常にルーターを持ち歩く必要があります。

かさばるのでわずらわしさを感じたり、ホテルの部屋にうっかり忘れて出かけて「ネットが使えない!」と慌てるはめになったりすることもあるので、気をつけてくださいね。

 

また、海外用レンタルWi-Fiは基本的に使い放題ではないので、1日あたりのデータ通信容量を使い切ってしまうと速度制限がかかります。ネットをたくさん使う予定の人は、大容量のプランを選ぶようにしましょう。

データ通信容量はどうやって選ぶ?

海外レンタルWi-Fiを借りるときに迷うのがデータ通信容量。

容量が大きいほうが料金プランが高くなるので、使用頻度によって自分に合ったプランを選びましょう。

 

例えば、グーグルマップで道を調べると、250MBで約67回、500MBなら約135回、1GBなら約270回(すべて1日あたり)程度。

インスタグラムでの写真投稿なら、250MBで約10回、500MBで約20回、1GBなら約40回(すべて1日あたり)が目安となります。

※マップの閲覧時間やアップする画像サイズによってデータ通信量は異なりますので、あくまでも目安としてご参考ください。

 

ウェブぺージ閲覧やメール送受信ならばどのプランでもそれほど気にせずに使えますが、動画アプリで動画を見てしまうと大容量のプランでもすぐに上限に達してしまうので、動画などを見たいときはホテルや空港のWi-Fiを利用するのがおすすめです。

海外でも旅先や日本の情報が得られる便利な海外レンタルWi-Fi。自分にあったプランや使い方を見つけてくださいね。

この記事もオススメ

注目キーワード

もっとみる