1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. スマホのデータ通信量を確認する方法

スマホのデータ通信量を確認する方法

スマホのデータ通信量を確認する方法

毎月のデータ通信量の確認はキャリアそれぞれのサイトからが基本

現在、ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアでは、月20GB、30GB、50GBなどの大容量プランが用意されています。ほとんどの方は大容量プランを契約していれば、月の通信量がオーバーになる可能性は低いでしょう。

 

しかし1~5GBで契約している方にとって、いまどれぐらい使っているのかは、非常に気になるところです。

速度制限にかかってしまい、好きな動画や画像の閲覧を翌月まで我慢しなくてはならなくなってしまうのはイヤですよね。そうならないために、データ通信量をこまめにチェックしておくことをおすすめします。

 

データ通信量の確認は基本的にはそれぞれのキャリアのサイトで行いますが、順序や方法はまちまちです。

そこで今回はドコモ、au、ソフトバンク、そしてBIGLOBEモバイルのデータ通信量確認方法をご紹介します。

大手キャリアのデータ通信量確認方法

ドコモのデータ通信量確認方法

ドコモユーザーがデータ通信量の確認をするには、まずdアカウントが必須なので事前に取得しておいてくださいね。

 

スマホでの確認方法

まずdメニューにアクセスし、「My docomo(お客様サポート)」をタップ。

次にデータ量をタップし、dアカウントもしくはネットワーク暗証番号を入力しログインします。

ログインが完了すると、当月分の利用済みデータ通信量と過去3日間のデータ通信量、前月のデータ通信量が表示されます。

画像はNTTドコモのサイトより引用

 

またiPhone、AndroidどちらにもMy docomoのアプリが用意されているので、アプリを利用すればより簡単にデータ通信量の確認ができます。

 

パソコンでの確認方法

My docomoにアクセスしたら、dアカウントもしくはネットワーク暗証番号を入力しログインします。

ログインが完了すると、当月分の利用済みデータ通信量が表示されます。

 

さらに詳しく見たい場合は、データ通信量が表示されているボックスの右上にある「詳細」をクリックすると、過去3日間のデータ通信量と前月のデータ通信量が表示されます。

auのデータ通信量確認方法

続いてauユーザーがデータ通信量を確認する方法ですが、確認にはau IDが必要です。自分でau IDを登録していない場合は、電話番号がそのままau IDになります。もっと簡単なものにしたい場合は、ご自身でau IDの登録、設定を行いましょう。

 

auのサイトにアクセスしたら、au IDでログインし、画面左上のメニューからMy auをタップ。さらに「スマートフォン・携帯電話」をタップします。次に画面左下にある「利用状況」をタップすれば、現在の残データ容量が表示されます。

画像はauのサイトより引用

 

auではパソコンでもスマホと同じ流れでデータ通信量の確認が可能です。またauにもiPhone、Androidアプリがあり、アプリ利用で簡単なデータ確認ができます。

ソフトバンクのデータ通信量確認方法

続いてソフトバンクユーザーがデータ通信量を確認する方法です。確認にはMy SoftBankへの登録が必須となるので、事前に登録しておいてくださいね。

 

My SoftBankにログインし、画面右上のメニューから「使用量の管理」をタップ。そして利用状況の「詳細をみる」をタップすれば、当月分のデータ量が表示されます。

画像はソフトバンクのサイトより引用

 

ソフトバンクもauと同様にパソコンでもスマホと同じ流れでデータ通信量の確認が可能です。そしてソフトバンクでもMy Softbankプラスというアプリを使ってデータ通信量を確認できます。

BIGLOBEモバイルでもアプリを使って簡単にデータ通信量確認ができちゃいます!

ここまで大手キャリアのデータ通信量を確認する方法をご紹介してきました。

 

では格安スマホではどうでしょう?

格安スマホでもサイトからの確認が基本ですが、BIGLOBEモバイルや楽天モバイルなどいくつかの格安スマホではアプリからのデータ通信量の確認ができちゃいます。

 

BIGLOBEモバイルではアプリを使えば当月の通信残量、前月の通信残量、くりこし残量、ボリュームチャージ残量はもちろん、毎日の通信量もグラフで見やすく表示されます。

せっかく格安スマホにしたのに、通信量がオーバーして追加料金を払うことになっては節約の意味がなくなっちゃいますよね。

 

BIGLOBEモバイルのスマホをお使いの方はぜひ、アプリをダウンロードして日々のデータ通信量確認をしてみてくださいね!

 

この記事もオススメ

注目キーワード

もっとみる