1. 格安SIM/スマホ TOP
  2. しむぐらし
  3. ピュアAndroidとは?AndroidのOSアップデート事情を解説!

ピュアAndroidとは?AndroidのOSアップデート事情を解説!

ピュアAndroidとは?AndroidのOSアップデート事情を解説!

長年にわたって同じAndroidスマートフォンを使い続けていると、やがてひとつの悩みが浮上します。

それが、「OSがアップデートされなくなる」という問題。

 

たとえ購入当時は最新機種だったとしても、数年も経てばサポートが終了。

端末のOSがアップデートされなくなり、うまく動作しなくなったり、アプリが使えなくなったりしてしまうことがあります。

 

もちろん同様の問題はiPhone(iOS)にもありますが、iOSのサポート期間は比較的長め。OSのアップデート回数が制限されることもありません。

最新のゲームなどは新しい機種でないと動かない場合もありますが、普通にSNSを使ったり動画を見たりするだけなら長年使い続けることができる、といえるでしょう。

 

では、なぜAndroidスマートフォンはサポート期間が短いのでしょうか。

そこには、複数のメーカーが参入していて自由度の高い、「Android」というOSならではの事情がありました。

 

本記事ではその理由を、機種選びの際にしばしば耳にする「ピュアAndroid」という言葉の意味とあわせてご説明します。

そもそもスマホの「OS」って?

スマートフォンの「OS(Operating System)」とは、簡単に言えば端末のメインシステムを指すもの。スマートフォンを動かす心臓部分、あるいは基本動作を司る「脳」と言ってもいいかもしれません。

スマートフォンの代表的なOSが、「iOS」と「Android」。

 

「iOS」はiPhoneに搭載されているシステムで、Appleが開発しています。歴代のiPhoneにはこのiOSがメインシステムとして採用されており、2021年3月現在、iOS14が最新バージョンとなっています。

 

一方の「Android」は、Googleが開発しているOS。販売店ではこのOSが搭載されているスマートフォンを「Androidスマートフォン」と呼び、iPhoneと区別していますよね。こちらは現在、Android 11が最新バージョンとなっています。

なぜAndroidスマホはサポート期間が短いの?

では、なぜiOSと比べてAndroidはサポート期間が短いのでしょうか。一言で説明すると、「Androidは各メーカーが独自にカスタマイズしている場合があるから」だと言えます。

 

ご存知の通り、一口に「Androidスマートフォン」と言ってもその種類はさまざま。

SONYのXperia、SHARPのAQUOS、富士通のarrows、SamsungのGalaxy、ASUSのZenFoneなどに加えて、他にも数多くのメーカーがスマートフォンにAndroidを採用しています。

 

これらのメーカーが販売しているスマートフォンは、Googleが開発したAndroidをそのまま使っているとは限りません。独自のUIやアプリを追加するなど、少なからずOSをカスタマイズしている場合があります。

 

たとえば、Galaxyの「One UI」やZenFoneの「ZenUI」がこれに当たります。独自にUIを導入することで、ホーム画面のデザインを変更したり、システムの操作性を高めたりして、端末の付加価値として売り出しているわけですね。

 

しかし一方で、このような独自UIにはデメリットもあります。

それが、「端末ごとにカスタマイズを施す必要があり、AndroidがアップデートされたらUIも更新する必要がある」ということ。「完成した端末を販売して終わり」ではなく、アップデートのたびに最新のOSに対応する必要があるのです。

 

ユーザーの多い人気機種であればメーカーも対応してくれますが、販売したすべての機種をずっとアップデートし続けるにはコストがかかるため、現実的ではありません。結果、早い段階でサポートを打ち切る機種も出てきてしまうわけです。

iPhoneが長年使えるのは、端末もシステムもApple製だから

ちなみに、「各メーカーがOSを独自にカスタマイズしている」という事情があるAndroidスマートフォンに対して、iPhoneはシンプルです。

 

こちらは端末(iPhone)とOS(iOS)の両方をAppleが開発しているため、過去の機種も含めてすぐにアップデートが可能になります。

もちろん、古い機種はやがてサポート対象外になりますが、まだ比較的長く使える印象がありますよね。

 

iPhoneを製造しているのがAppleの1社だけである以上、Androidスマートフォンのようにメーカーごとの特色や多様性はありません。

ですが、それも含めて「iPhone」ブランドの魅力であるとも言えるでしょう。

「ピュアAndroid」とは?

端末ごとに異なる特徴を持つAndroidスマートフォンですが、他方で「ピュアAndroid」という単語を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

 

これは、メーカー独自のカスタマイズが施されていない、Google純正のAndroidを指します。ピュアAndroidには、前述のような独自のUIがインストールされていません。Googleが開発したOSをそのまま端末に搭載しています。

 

代表的な端末としては、Googleの「Pixel」シリーズが挙げられます。

最近はCMでも見る機会が増えましたが、PixelはOS同様にGoogleが開発しているスマートフォンです。「AppleがつくったiPhone/iOS」の関係に一番近い、端末もOSもGoogle製のデバイス、というわけですね。

 

Googleだけでなく、各メーカーもピュアAndroidを搭載した端末を販売しています。例としては、「Android One」「Motorola」「ZenFone Max」など。特にAndroid Oneは「一定期間のアップデートを保証している」という特徴があります。

 

機種変更の際には、OSにも注目して選ぶようにしてみるといいかもしれませんね。

ピュアAndroid搭載のおすすめスマホ

以上、AndroidスマートフォンのOS事情と、ピュアAndroidについて説明させていただきました。

 

端末もOSも1社で開発しているiPhoneとは異なり、メーカー各社が端末を開発しているAndroidスマートフォン。カスタマイズ性が高く、個性を出しやすい一方で、OSのサポート期間が早い段階で終了するかもしれない、というデメリットがあります。

 

短いスパンでスマートフォンを買い替えていれば問題はありませんが、長期間にわたって同じ端末を使い続けるのであれば、このような事情は覚えておいて損はありません。

 

買い替えの際には、ピュアAndroidも候補に入れて検討してみてはいかがでしょうか。

 

\ピュアAndroid搭載のおすすめスマホ/

 

 

Contributor

けいろー

フリーライター。ネット大好きゆとり世代。趣味のブログをきっかけに依頼をもらうようになり、勢いで独立。書評・アニメ・グルメ・旅行など何でもござれ。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

格安SIM・スマホならBIGLOBEモバイル 今すぐCHECK