1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. LINEの「リプライ」機能とは?使い方や「メンション」との違いを解説

LINEの「リプライ」機能とは?使い方や「メンション」との違いを解説

LINEの「リプライ」機能とは?使い方や「メンション」との違いを解説

LINEの「リプライ」機能とは?

LINEにおける「リプライ」機能とは、どのようなものなのでしょうか。

「リプライ」と聞くとTwitterがまず思い浮かぶ人も多いのではないかと思いますが、LINEのリプライはそれとは異なります。

Twitterで言うリプライ──いわゆる「返信」の役割をLINEではたしてくれるのは、「メンション」機能がこれに当たります。

LINEの「リプライ」は、「引用」と言い換えることができます。グループトークで特定の相手のメッセージを「引用」し、自分のメッセージをぶら下げるようにしてコメントできる機能です。リプライ機能を使えば、自分がどのメッセージに反応しているのかが周囲から一目瞭然となりますね。

 

特に会話が多いルームでは、過去の発言がどんどん流れてしまいがち。そんなときにリプライ機能を使えば、画面から見切れてしまったコメントを引用して再表示することができます。流れてしまった話題について「そういえばこの話だけど~」と、会話を軌道修正するのにも使えますね。

 

もちろん、個人間トークでも使えるので、会話が流れてしまった場合に特定のメッセージに対する返事であることを伝えるときにも使えます。

リプライを送る方法

LINEのリプライ機能は、グループトークのルーム内で使えます。

リプライを送るには、引用したいメッセージを長押しして「リプライ」を選択するだけ。すると入力画面が現れるので、あとはいつものとおりにメッセージを入力して送信すればOKです。

ちなみにリプライはテキストメッセージだけでなく、スタンプや写真を引用して送ることも可能。職場やサークルのグループで「流れてしまった予定表の画像を再掲する」といった形で使うこともできるため、覚えておいて損はありません。

「メンション」との違いは?

冒頭でも「リプライ」と「メンション」の違いについてさらっとふれましたが、改めて確認しておきましょう。

本記事で紹介した「リプライ」機能は、特定のメッセージを引用してコメントを加えるもの

自分がどの発言に対してコメントしているのかをわかりやすく周囲に示したり、流れてしまったメッセージを改めて表示したりできる──というようなメリットがあります。

 

一方の「メンション」は、指定した相手にメンション特有の通知を飛ばすことができる機能

イメージとしては「特定の誰かに向かって話しかける」ようなもので、メンションを飛ばした相手には、ルームの通知とは別に「メンションの通知」が飛ぶ仕様となっています。

相手がトークの内容に気づいていないときや、重要な連絡事項を伝えたいときに重宝する機能と言えそうですね。

※本記事の内容は2019年6月28日現在の情報です。

Contributor

けいろー

フリーライター。ネット大好きゆとり世代。趣味のブログをきっかけに依頼をもらうようになり、勢いで独立。書評・アニメ・グルメ・旅行など何でもござれ。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

SIMフリーiPhoneじゃないけど、格安SIMが使えるって本当?