1. 格安SIM/スマホ TOP
  2. しむぐらし
  3. スマホのネット購入は便利?注意点は?メリット・デメリットを紹介

スマホ代安くなるカナ?
スマホのネット購入は便利?注意点は?メリット・デメリットを紹介

スマホのネット購入は便利?注意点は?メリット・デメリットを紹介

ひと昔前までスマホはお店で時間をかけて買うものでしたが、最近ではネットのオンラインショップで買う方法が充実してきています。待ち時間なし、ときには街のお店で買うよりもお得なこともあります。

 

今回は、スマホをネットで買う方法や抑えておきたいポイント、さらにメリットとデメリットをまとめました。

購入方法①大手キャリアのオンラインショップで買う

大手キャリアでは、ネット上の手続きだけでスマホが買えるオンラインショップを展開しています。機種変更だけでなく、新規契約や他社からの乗り換え(MNP)も受付可能です。

au Online Shop

メリット1:ショップで待たずに済む

大手キャリアのお店で買う場合、スマホを選んでから実際の手続きまで1〜2時間程度待たされてしまうこともよくあります。

昨今では完全来店予約制を取るお店も多く、スマホを下調べするだけのために来店予約を取る手間が発生することもあります。

 

オンライン購入では、そうした手間がなく、また機種変更や新規契約の手続きもキャリア公式サイト上で完結します。

普通のネット通販と同じ感覚でスマホを契約でき、手軽です。また、店員さんにせかされることもなく、スマホの情報をじっくりと見比べて選べるのも、オンライン購入ならではのメリットですね。

 

なお、配送までに多少の時間がかかる場合もあります。au Online Shopの場合、購入から発送まで約1週間が目安とされています。

メリット2:店頭より少し安いことが多い

一般的に大手キャリアの携帯電話は全国で共通の価格が設定されています。ドコモショップやauショップのようないわゆるキャリアショップでは、ショップの収益に相当する金額を上乗せした値付けをするケースが大半です。

 

しかし、大手キャリアのオンラインショップは直営のため、その上乗せ分がありません。また、機種変更時にかかる事務手数料もオンラインショップでは無料となります。

こうした理由から、同じスマホを購入しても、キャリアショップとオンラインショップではオンラインショップの方が安くなる傾向があります。

デメリット:困りごとを相談しづらい

一方で、オンラインショップだからこその悩みは、人に相談できないこと。懇切丁寧に料金プランや新機種の情報を教えてくれる携帯ショップのスタッフはいないため、自分で情報を集めなくてはいけません。

 

また、届いたスマホの初期設定やSIMカードの差し替えも自分で行う必要があります。手順はそれほど難しいものではありませんが、椅子に座って待っていれば手続きが終わるショップよりも、少しだけ手間がかかります。

 

たとえばNTTドコモのオンラインショップでは、チャットで購入を手助けする画面が用意されています。必要に応じてそうした仕組みを活用するのも良いでしょう。

購入方法②SIMフリースマホをネットで買う

SIMフリースマホをオンラインで購入する方法は、大きく2つの買い方に分けられるでしょう。

 

  • Amazonや楽天、ヨドバシカメラ、ビックカメラなどのネット通販サイトから、スマホ本体だけを買う
  • BIGLOBEモバイルのような格安SIM(MVNO)のサイトから、スマホと回線をセットで買う

 

ポイントは、通信回線がセットになるかどうか。

通販サイトからスマホ単体で購入する場合、手持ちのSIMカード(大手キャリアのものでも可)を差し替えて使えます。回線セットの場合は、より大きな割引が受けられるものもあります。

SIMフリースマホはAmazonのような通販サイトでも購入できます。

BIGLOBEモバイルではiPhoneをお得に購入できるセットプランも用意されています。

メリット1:オンライン限定のキャンペーンがあることも

SIMフリースマホはときに大幅なセール価格で販売されることがあります。AmazonのPrime Dayや、楽天のスーパーSALEといった大規模セールの目玉商品として、SIMフリースマホが並ぶこともあります。

 

また、格安SIMの回線をセットで購入する場合、割引価格で購入できることも。時期によってはさらに毎月の通信料が割引になったり、ポイントが還元されるなど、キャンペーンを開催していることもあります。

気になるSIMフリースマホがあったら、色々な買い方をチェックしてみると良いでしょう。

 

BIGLOBEモバイルのキャンペーンをみる

メリット2:好きなタイミングで機種変更できる

多くの格安スマホでは、新しいスマホを用意してSIMカードを差し替えればそのまま使えます。

SIMフリースマホからSIMフリースマホへの機種変更は、料金プランから再検討する必要がないため、大手キャリアの手続きに比べるとさらに手軽です。

 

スマホを買い替えたいなと思い立った時に注文しておいて、機種変更の際のデータの移動は空き時間に少しずつ進めていくとスムーズに切り替えられるでしょう。

デメリット:実物が試せない

格安スマホの場合、家電量販店などで実機が展示されているもの以外は、実物を購入前に試すことができません。実際に使ってみて、期待していたものと違うな……と感じることもあるかもしれません。

 

また、SIMカードを差し替えるだけで機種変更できる格安スマホのメリットを最大限に生かすなら、気に入らなかった機種は早めに手放して、別のスマホを試してみるのも良いかもしれません。

期待ハズレだったときに備えて、Amazonのような返品制度が充実しているお店を使うのも賢い買い方と言えるでしょう(※)。

 

※返品・交換には条件があり、必ずしもできるわけではありません。 
 

Contributor

石井徹

スマホにハマり100台以上購入。携帯電話専門のニュースサイトで記者を経験後フリーランスに。鉄道旅行好きで全国踏破が目標(残り2県)。ときどき料理男子。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

格安SIM・スマホならBIGLOBEモバイル 今すぐCHECK