1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. iPhoneの標準カメラでQRコードを簡単に読み取る方法

iPhoneの標準カメラでQRコードを簡単に読み取る方法

iPhoneの標準カメラでQRコードを簡単に読み取る方法

カタログからほしい情報が掲載されているWebサイトを表示できたり、名刺からその人の情報ページへ飛んだり、最近では電子マネー決済ができたりと、とっても便利な「QRコード」。

 

そんなQRコードをiPhoneで読み取る場合、これまでは専用のアプリが必要でしたが、iOS 11から標準カメラで読み取れるようになっています。さらにiOS 12になって、コントロールセンターから起動できるようになるなど、より便利になりました。

 

ではQRコードをどのように読み込めばいいのか、解説していきましょう。

使い方は「カメラでQRコードをかざすだけ」でOK!

まず、コントロールセンターにある「QRコード」アイコン、もしくはホーム画面の「カメラ」アイコンをタップします。

すると、通常の写真撮影と同じように「カメラ」アプリが起動されるので、レンズをQRコードに向けます。

QRコードを認識すると、QRコードのまわりに黄色い枠が表示されます。そして読み取りが終了すると、画面上部に通知が表示されるので、これをタップ。すると、Safariでリンク先のWebサイトが表示されます。

またこの通知を下にスワイプすれば、リンク先の詳細を表示させることができます。OKなら「Safariで開く」をタップします。

これで読み取ったリンク先のWebサイトが表示されます。今回は「Yahoo!路線情報」でルート検索して表示されたQRコードを読み取ってみました。

QRコードが読み取れない時のチェックポイント

もし、うまくQRコードを読み取ることができなかったら「カメラ」アプリの撮影モードを確認してみてください。「写真」か「スクエア」以外が選択されていると、QRコードは読み取れません。


それでも読み取れない場合は「設定」アプリを開き、「カメラ」をタップします。


「QRコードをスキャン」がオンになっているかどうか確認。オフだったらオンに切り替えます。

 

簡単に使えて反応もスムーズ。コントロールセンターから起動もできるので使い勝手もいいです。これならQRコードリーダー専用アプリも必要ありませんね。

 

今後、さまざまなシーンでQRコードを読み取ることが増えてくると思うので、上手に活用してみてください。
 

Contributor

牛島義之

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆中。

お困りのことはありませんか?

SIMフリーiPhoneじゃないけど、格安SIMが使えるって本当?