1. 格安SIM/スマホ TOP
  2. しむぐらし
  3. Apple IDを完全に削除する方法!

スマホ代、安くなるカナ?
Apple IDを完全に削除する方法!

Apple IDを完全に削除する方法!

iPhoneからAndroidスマホへ機種変更したり、複数のApple IDの一つを削除したりしたいこともあるのではないでしょうか。


またスマホを下取りに出す場合や売りに出す場合も、安全のためにスマホ内のApple IDを完全に削除しなくてはいけません。この記事では、Apple IDを完全に削除する方法についてご紹介します。

Apple IDを削除する前の注意点

Apple IDは、App StoreやiTunesでコンテンツを購入したり、iCloudを使ったりする際に必要です。そのため削除してしまうとこれらにアクセスできなくなります。


完全に削除してしまうと、アカウント復旧はできないので以下の点を確認しておきましょう。

iCloud以外でバックアップは取っているか

Apple IDを削除すると、iCloudにアクセスできなくなります。保存されているデータもすべて削除されてしまうので、iCloudでデータのバックアップを取っている方は要注意。


パソコンや他のクラウドストレージサービスなど他の方法でバックアップを作っておきましょう。

Apple IDでログインしているコンテンツからサインアウトしているか

Apple IDを削除してしまうと、Apple IDでログインしているサービスがすべて使えなくなります。「どうせ削除するからいいか」と思ってサインアウトしないままでいると、新しいApple IDでサインインしたとき、前のApple IDのパスワードを要求される可能性があります。


App StoreやiCloud 、FaceTime、iMessageは必ずサインアウトしておきましょう。

Apple IDを削除する手順

では、実際にApple IDを削除する手順を説明していきます。

 

1.Apple公式サイトにアクセスしてApple IDでサインイン

2.下部にある「Apple IDの管理」をタップ
3.「プライバシー」→「データの管理」をタップ

4.「データとプライバシー」画面で「アカウントの削除をリクエスト」をタップ

5.注意事項を読み、削除理由を選択して「次へ進む」をタップ

6.再度注意事項が表示されるので確認して問題がなければ「次に進む」をタップ 

 

7.利用規約を確認し「同意しました」にチェックを入れて「次へ進む」をタップ

 

8.情報を受け取る為の連絡手段を選択して「次に進む」をタップ

 

9.削除するための12桁のアクセスコードが表示されるのでメモなどに控えて「次に進む」をタップ

 

10.12桁のアクセスコードを入力して「次に進む」をタップ

 

11.最終確認のページ内容を確認後「アカウントを削除」をタップで完了

 

Apple IDの削除をリクエスト後、すぐにApple IDが削除されるわけではありません。猶予期間が7日間設けられており、その期間にAppleサポートに連絡すればApple IDを復元することができます。

完全に削除したら二度と復元はしないので注意

Apple IDを完全に削除してしまうと、二度と復元はできません。そのため、「絶対にもう使うことはない」という場合のみ、Apple IDの完全削除を行いましょう。


削除する前には念のためバックアップを忘れないでくださいね。

 

Contributor

月木なつめ

会社員を経てフリーランスに。文化財学科出身なので趣味で歴史系の分野を調べることも。IT・旅行・ゲームなどの分野で執筆活動中。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

格安SIM・スマホならBIGLOBEモバイル 今すぐCHECK