1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. 「家族割」がなくてもおトク!格安SIMはこんな人にオススメ

「家族割」がなくてもおトク!格安SIMはこんな人にオススメ

「家族割」がなくてもおトク!格安SIMはこんな人にオススメ

格安SIMには家族割がないから、と格安SIMへの乗り換えをためらっていませんか?

実は、格安SIMなら家族割なしでもスマホをおトクに使うことができます。今回は、その秘訣をご紹介します。

そもそも家族割ってなに?

家族割とは、ドコモやソフトバンクなどのキャリアが提供しているおトクなサービスのこと。家族で同じキャリアを契約していると、基本使用料や家族同士の通話などが割引になります。

家族割のメリット

家族割に登録すると、それぞれの基本料金が安くなるほか、家族間の通話や登録した自宅への通話料が安くなる場合があります。

 

家族割で印象が強いのは、パケット料金が安くなることです。家族全体で一定の量のパケットを分け合えるオプションに加入することで、家族構成によっては全体の利用料金を抑えることができます。

たとえば、中高生の子供がたくさんのパケットを使っても、親があまりパケットを使わなければ全体の料金を節約できます。

家族割のデメリット

家族割にはいくつかのデメリットもあります。

 

同じキャリアでしか使えない

家族割は、同じキャリアの家族としか登録できません。他のキャリアを使っている家族とは、家族割を組むことはできません。

 

適用条件がある

どこまでの範囲を家族とみなすか、契約プランなど、キャリアによって家族割が適用される条件が異なりますので、契約前にしっかり確認しておきましょう。

 

一人がパケットを使いすぎると、全員が使えなくなる

家族でパケットを分け合うオプションに加入していると、子供がパケットを使いすぎると、使いたいときに親が通信量を使えないことも起こりえます。

 

こうしてみると、家族割にも意外にデメリットがあることがわかります。格安スマホではどうなのでしょうか?

格安スマホなら自分一人でもおトクになる

格安スマホなら、家族割に関係なくおトクに使えます。

 

格安スマホにしても、他の家族には影響しない

家族割にするには、二人以上のメンバーが必要です。つまり、自分が家族割から抜けても、まだ家族割に加入している家族が二人以上いれば、他の家族にはそのまま家族割が適用されます。

 

ただし、格安スマホに移行した人と、その他の家族との間の通信料金には影響があります。

 

格安スマホは料金自体が安い

格安スマホにすると、月額料金がおトクになります。例えば、音声通話と6GBの高速データ通信がついて月額2,150円。

このあとご紹介する10分以内の国内通話がかけ放題のオプションをつけても、月額2,980円で利用できます。

※初期費用や通話料は別途。本記事に記載の金額はすべて税別です。

こんな人なら格安スマホのメリットを大きく活かせる

家族間の連絡が意外に多いので、やはり家族割は捨てがたい、という方もいるでしょう。しかし格安スマホに移行しても、使い方によってはさらに利用料金をおさえることも可能です。

 

連絡は主にメッセージ

最近はLINEを利用している人が多いので、LINEが主な連絡手段になっている人も多いでしょう。
通話やメールよりもメッセージアプリを使うと、データ通信量が少なくて済みますので、より安いプランでの契約が可能です。

 

通話は短時間

確かに、家族割なら家族間の通話は安くなります。
しかし、格安スマホの多くでは1回5分以内や10分以内の通話がかけ放題になるオプションがあります。短い連絡なら、ほとんどの通話は5分以内で済むでしょう。

 

BIGLOBEモバイルには、「選べる通話オプション」というサービスがあります。

例えば、「3分かけ放題」は、3分以内の国内通話が月額600円でかけ放題になります。「10分かけ放題」は同様に10分以内の国内通話が月額830円でかけ放題です。

 

もし長時間電話をしたい場合は、月額600円で最大60分の国内通話ができる「通話パック60」や月額830円で最大90分の国内通話ができる「通話パック90」もオススメです。

※いずれも無料のBIGLOBEでんわアプリを利用した通話が対象です。

ゲームや動画をよく使う

格安スマホの多くには、特定のサービスのデータ通信量が使い放題になるオプションがあります。これは指定のゲームや動画サービスを利用しても、データ通信量がかからないというオプションです。

 

たとえば、BIGLOBEモバイルの「エンタメフリー・オプション」なら、対象の動画・音楽配信サービスの利用にかかるデータ通信量をカウントしないので、動画や音楽を思う存分楽しむことができます。

2019年5月現在、エンタメフリー・オプションの対象となるサービスは、YoutubeやApple Musicなどの14種類が指定されています。

 

エンタメフリー・オプションは、音声通話SIMなら月額480円、データSIMなら月額980円で利用できます。

 

 

このように、家族割を抜けて格安スマホに移行しても、スマホをおトクに使うことはできます。特に、家族間での通話やメールが少なく、連絡は主にLINEを使う方・動画をよく見る方は、家族割を抜けて格安スマホに移行した方が安くなることも多いのです。

 

家族割にこだわらず、自分の使い方に合ったキャリアや料金プランを探してみてください。

 

BIGLOBEモバイルの料金プランをみる

 

※本記事に記載の内容は2019年5月9日現在の情報です。最新情報は公式サイトでご確認ください。

Contributor

成瀬京子

WebマーケティングやAIを主に扱うIT専門ライター。ガラケー時代からの携帯・ガジェットマニアだが、なぜか仕事になりにくいのが悩み。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

SIMフリーiPhoneじゃないけど、格安SIMが使えるって本当?