1. 格安SIM/スマホ TOP
  2. しむぐらし
  3. 格安SIMでさらに月額料金を節約する裏ワザ伝授|プラン変更を上手に活用しよう

格安SIMでさらに月額料金を節約する裏ワザ伝授|プラン変更を上手に活用しよう

格安SIMでさらに月額料金を節約する裏ワザ伝授|プラン変更を上手に活用しよう

テレビCMも頻繁に流れるようになり、すっかりおなじみの存在となった「格安SIM」。その名のとおり、NTTドコモやソフトバンクなどのキャリアよりもおトクに契約できることから、乗り換える人も増えつつあります。

 

格安SIMと言えば、事業者ごとにさまざまなプランがあるのも特徴。1カ月で使えるデータ通信量によって金額が変わり、ギガ数が小さければ小さいほど月々の料金も安価に。

 

たとえばBIGLOBEモバイルの場合は、以下のようなプランが用意されています。

 

  • 3GB:1,600円
  • 6GB:2,150円
  • 12GB:3,400円
  • 20GB:5,200円
  • 30GB:7,450円

※上記は音声通話SIMのプランで、いずれも税別

※本記事に掲載の金額はすべて税別です。月額料金には別途、初期費用3,394円、ご利用に応じて通話料、SMS送信料、毎月ユニバーサルサービス料がかかります。

 

人気なのは6GBプラン。頻繁にゲームを遊んだり動画を見たりする人、仕事で大容量のデータをやり取りする人などは、それ以上のプランを契約しているのではないかと思います。

 

本記事では、そんな格安SIMの料金を節約するためのちょっとした小ワザをご紹介。少し手間はかかりますが、確実に出費を抑えられる方法です。

プランを月ごとに変更しよう!

その節約方法とは、ずばり「プランを月ごとに変更する」こと。

契約している格安SIMのプランを定期的に見直し、こまめに変更することによって月額費を削減します。たとえば、こんな経験はありませんか?

 

  • 普段は通信量に余裕があるが、新作ゲームを遊んでいたら容量を超過してしまった
  • 月末に出張や旅行があり、出先でデータ容量がなくならないか心配
  • 月によって5~10GBと通信量に幅があり、どのプランを選ぶか悩んでいる

 

契約しているデータ通信量を使い切ってしまった月末は……やっぱり憂鬱ですよね。通信制限によってネットが使いづらくなり、Wi-Fiスポットを探してさまようことに。「足りなくなったらチャージする」という方法もありますが、通信量の追加にも料金がかかります。

 

そこでおすすめしたいのが、プランを月ごとに変更する方法です。

たとえば、「今月は6GBプランで、外出する予定の少ない来月は3GBにしよう」といった形で調整すれば、それだけで数百円の節約に。たった数百円でも、年単位で見れば結構な金額になりますよね。

 

では、月単位でプランを変更すると、実際にはどれだけ金額が変わるのでしょうか。ここではBIGLOBEモバイルのプランを例に、いくつかのケースを挙げて見ていきましょう。

① 6GBプランを1年間続けた場合

まずは基準として、「1年間、6GBプランを続けた場合」の金額を確認しておきます。毎月の契約を変えることなく、1年間6GBプランを継続契約したケースですね。

 

2,150円×12カ月=25,800円

※通話料等は別途。

このように、1年間で25,800円になります。

 

NTTドコモなどのキャリアと比べれば充分おトクに感じますが、中には「毎月6GBも使わない」という人もいるはず。いつも4~5GB程度しか使わないと、余らせているデータ容量がもったいなく感じられますよね。でもだからと言って、3GBプランでは心もとない。

 

そこで思い出していただきたいのが、基本的に格安SIMの『データ容量』は繰り越せるということ。余ってしまったデータ容量を翌月に繰り越せば、その月はひとつ下のプランでも事足りるかもしれません。

 

参考:BIGLOBEモバイルでのデータ容量繰り越しのしくみ

BIGLOBEモバイルでのデータ容量繰り越しのしくみ

では、1カ月おきにプランを変更した場合を、次の項目で確認してみましょう。

② 1カ月おきに3GBと6GBの契約を行き来した場合

1,600円×6カ月=9,600円(3GBを6カ月)

2,150円×6カ月=12,900円(6GBを6カ月)

※通話料等は別途。

上記を合計すると、1年間で22,500円となります。

 

1月は6GB、2月は3GB、3月は6GB、4月は3GB──などと、2つのプランを交互に行き来した場合の料金となります。普通に6GBプランを1年間続けた場合の25,800円と比べると、1年間で3,300円の節約に! 

 

もちろん契約を変更する手間はかかりますが、それもネット上や専用アプリで簡単にできますので、さほど面倒には感じないのではないでしょうか。ちなみに上に挙げた例ですと、1月に4GBを使って2GBを繰り越せば、2月は3GBプランでも5GB分の通信が可能に。これならば、余裕を持ってネットが使えそうです。

③ 普段は3GBで、3カ月ごとの頻度で6GBに変更した場合

もしも「毎月の通信量がほぼ一定」ということでしたら、計画的にプランを変更し、さらなる節約を狙えます。一例として、月々のデータ通信量が「1カ月に4GBほど」で、一定だった場合を考えてみましょう。

 

「毎月4GB」だと、「3GBでは足りないし、6GBでは多すぎる」ため、どちらのプランを選ぶか悩みますよね。ですが、毎月のデータ通信量が変わらずほぼ一定であれば、2つのプランをうまく行き来することによって帳尻を合わせ、契約料金をさらに抑えることも可能です。

 

たとえば、以下のようなパターンが考えられます。

 

  • 1月……6GBプランで4GB使用 → 2GB繰越
  • 2月……3GBプラン(+繰越2GB)で4GB使用 → 1GB繰越
  • 3月……3GBプラン(+繰越1GB)で4GB使用 → 繰越分が0に
  • 4月……6GBプランで4GB使用 → 2GB繰越

 

この契約方法であれば、以下の通り1年間で21,400円となります。

 

1,600円×8カ月=12,800円(3GBを8カ月)
2,150円×4カ月=8,600円(6GBを4カ月)

※通話料等は別途。

 

6GBを1年間続ける場合の①と比べると、4,400円分の節約に、そして3GBと6GBを交互に契約する②と比べると、1,100円分の節約になります。

 

契約を変更する手間がかかるとはいえ、1年で4,400円の節約は大きいですよね。また、こちらは3カ月に1回のペースで契約を変更する形になりますので、1カ月おきの②よりも手間がかかりません。

まとめ

以上、「プランを月ごとに変更する」ことで格安SIM料金を節約する方法を紹介しました。

上に挙げた3つのケースはあくまでも一例に過ぎません。その人が普段利用するデータ通信量に合わせてプラン変更の頻度を変えたり、別のプランと組み合わせる方法も考えられます。いろいろと応用がききますので、自分の過去数カ月の通信量を確認しつつ検討してみてはいかがでしょうか。

 

BIGLOBEモバイルの料金プランをみる

Contributor

けいろー

フリーライター。ネット大好きゆとり世代。趣味のブログをきっかけに依頼をもらうようになり、勢いで独立。書評・アニメ・グルメ・旅行など何でもござれ。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

格安SIM・スマホならBIGLOBEモバイル 今すぐCHECK