1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. クラウドファンディングとは?支援する側の楽しみ方や魅力を紹介

クラウドファンディングとは?支援する側の楽しみ方や魅力を紹介

クラウドファンディングとは?支援する側の楽しみ方や魅力を紹介

クラウドファンディングとは

クラウドファンディング(Crowdfunding)とは、インターネットを通じて、不特定多数の個人や企業・組織から資金提供を募るシステムです。群衆という意味のcrowdと、資金調達、財政的支援という意味のfundingを組み合わせてできた造語になります。

 

最近では、復興庁が行っている被災地企業の資金調達等支援や、NPO法人 アニメ産業イノベーション会議が行っている京都アニメーション支援プロジェクトが話題になりました。

 

クラウドファンディングには、大きく分けて3つの種類があります。

 

  • 購入型
  • 寄付型
  • 投資型(金融型)

 

クラウドファンディングのサイトはいくつかあり、それぞれのサイトで上記すべての種類のクラウドファンディングを取り扱っているわけではありません。特定の種類だけを取り扱っているサイトや、すべての種類を取り扱っているサイトなど、さまざまなクラウドファンディングサイトがあります。

 

では、種類別にクラウドファンディングの違いを見ていきましょう。

購入型クラウドファンディング

何らかの製品やサービスを作成しようとするプロジェクトごとに支援者を募る、もっとも一般的なクラウドファンディングです。

目標額を達成してプロジェクトが完結したら、支援者はプロジェクトによる製品やサービスを受け取ることができますが、金銭的なリターンはありません。

 

購入型クラウドファンディングは、「All or Nothing型」と「All In型」の2種類に分かれます。All or Nothing型では、支援が期間内に目標金額に達成しないと、プロジェクトは実行されません。All In型では、1人でも支援者がいればプロジェクトが成立し、プロジェクトは必ず実行されます。

寄付型クラウドファンディング

クラウドファンディングサイトを利用して寄付の形で支援するタイプです。寄付はプロジェクト単位で行われます。寄付なので、他のクラウドファンディングとは異なり、リターンとなるものはありません。

普通の寄付とは異なり、インターネットでお金の使いみちを見ることができるので、支援者側にも達成感があります。

投資型(金融型)クラウドファンディング

投資型クラウドファンディングは、さらに「融資型(貸付型)」「ファンド型」「株式型」の3種類に分かれます。

どの種類も、事業者の資金調達のためのクラウドファンディングです。プロジェクト終了後には事業者から支援者への金銭的なリターンが行われますが、利益が発生しなければリターンなしというリスクがあります。

支援する側が注目したい購入型クラウドファンディング

支援者として見て楽しいのは、なんと言っても購入型クラウドファンディングです。購入型クラウドファンディングはプロジェクトの数も非常に多く、市場にはないアイデアの製品が提案されていて、SNSでもよく話題になっています。

 

購入型クラウドファンディングで作成された新製品が好評で、通常の商品として販売されるようになるものも多いです。代表的なものにMAMORIOがあります。

MAMORIO

代表的なクラウドファンディングサイト

クラウドファンディングの代表的なサイトを3つご紹介します。どのサイトも、現在支援者を募集しているプロジェクトをいろいろ見ることができます。

KICKSTARTER

米国の老舗クラウドファンディングサービスで、クラウドファンディングサイトの中ではトップの知名度があります。世界中に多くのユーザーがいて、幅広い資金調達ができます。

 

Pebble Technologyの「Pebble Time – Awesome Smartwatch, No Compromises」というスマートウォッチが代表的なプロジェクトです。

 

▼KICKSTARTERの公式サイトはこちら

CAMPFIRE

日本では老舗のクラウドファンディングサービスです。すべてのジャンルのクラウドファンディングを扱っており、企業の新製品開発、個人のスタートアップなど、さまざまな事業者のプロジェクトを見ることができます。

 

別府市の「どうせやるならやりすぎたい!温泉×遊園地=前代未聞の”湯~園地”を別府に実現!!」などが代表的なプロジェクトです。

 

▼CAMPFIREの公式サイトはこちら

Makuake

サイバーエージェントグループが運営しているクラウドファンディングサービスです。モノづくりや飲食店など、リターンのあるプロジェクトがそろっています。

 

Makuakeの代表的なプロジェクトとしては「片渕須直監督による『この世界の片隅に』(原作:こうの史代)のアニメ映画化を応援」が有名です。リターンとして、支援者は映画の制作支援メンバーに名前が記され、映画のキャラクターからの手紙が送られました。

 

▼Makuakeの公式サイトはこちら

 

クラウドファンディングにより、銀行や金融機関では融資を受けることが難しい個人でも、資金を集めることができるようになりました。そこから、さまざまな面白いプロジェクトが実現されています。

一度、クラウドファンディングを支援者側として参加することを検討してみませんか?サイトのプロジェクト紹介を見るだけでも、市販品とはちょっと違うものがあって楽しめますよ。

Contributor

成瀬京子

WebマーケティングやAIを主に扱うIT専門ライター。ガラケー時代からの携帯・ガジェットマニアだが、なぜか仕事になりにくいのが悩み。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

SIMフリーiPhoneじゃないけど、格安SIMが使えるって本当?