1. 格安SIM/スマホ TOP
  2. しむぐらし
  3. DVDやブルーレイディスクの「データ用」と「録画用」の違いとは?

ビッグローブ光 10ギガ 高速・高品質の光回線 特典総額最大96,304円(消費税相当含む)

 

BIGLOBE WiMAX 工事不要 特典で初月からおトク
DVDやブルーレイディスクの「データ用」と「録画用」の違いとは?

DVDやブルーレイディスクの「データ用」と「録画用」の違いとは?

DVDやブルーレイディスクの種類には「データ用」と「録画用」の2種類があります。パソコンのデータを保存するのは「データ用」、テレビ番組の録画には「録画用」を使うのだそうです。

 

では、パソコンから自分がビデオ撮影した映像を保存するには、どちらを使えばいいのでしょうか? そもそも「データ用」と「録画用」の違いは?

両者の違いはコピー制限にあり!

「録画用」には、著作権者に補償金を支払う「私的録画補償金」の協力費が上乗せされています。その分、データ用に比べて価格が高くなっていますが、現在のデジタル放送されているテレビ番組は「録画用」でないと録画ができません。

 

デジタル放送のテレビ番組には、著作権を保護するために「ダビング10」「コピーワンス」などの、ピー制限が施されています。このコピー制限された映像を録画するためには「CPRM対応ディスク」が必要です。

 

「録画用」の場合、ほとんどが「CPRM対応」(※)ですが、「データ用」は「CPRM非対応」であることが一般的です。つまり「データ用」のディスクで、デジタル放送を録画することはできません。

 

というわけで、自分で撮影した映像を保存したいときは、「データ用」でOKというわけですね。

 

逆にパソコンのデータを保存する場合は「録画用」を使用することができます。「間違えて『録画用』を買っちゃった!」なんて場合でも使えるのでご安心ください。

 

ちなみに、デジタル放送の番組を録画するには、ブルーレイ・DVDレコーダーが「CPRM対応」ディスクに対応している必要があります。2008年以降に発売された機種ならほとんど対応しているので、一度自分のレコーダーを確認してみましょう。

 

※CPRM非対応の録画用ディスクもあります。

 

インターネットを最大限楽しむには「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

 

「インターネット回線が遅い」
「インターネット料金が高い」
などのお悩みはありませんか?

 

安定した速度とリーズナブルな光回線なら、
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大10Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。

 

「ビッグローブ光」なら他社の光回線(フレッツ光・コラボ光)をお使いでもお乗り換えはかんたんです。工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

 

 

光回線についてもっと詳しく知りたいという方は、
以下の記事も併せてご覧ください。

光回線とは?仕組みや種類、メリット・デメリットや選び方まで徹底解説

Contributor

牛島義之

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆中。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?