1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. iPhoneで撮った写真をその場で共有!AirDropの使い方

iPhoneで撮った写真をその場で共有!AirDropの使い方

iPhoneで撮った写真をその場で共有!AirDropの使い方

iPhoneユーザー同士ならAirDropで簡単に写真や動画を共有しよう

iPhoneのAirDropという機能をご存知でしょうか。

この機能はiPhoneユーザー同士でお互いに近くにいれば、写真、動画はもちろん、ファイル、連絡先、位置情報、Webサイト、App Storeのアプリへのリンク(iOS10以上)などさまざまなデータの共有を簡単に行えるものです。


この機能を使えばメールやチャットアプリを使うよりも手軽に情報共有ができるうえ、MacやiPadなどiPhone以外のApple製品でも共有が可能です。

そこで今回はiPhoneを使ってデータを共有する方法をご紹介します。

設定はホーム画面もしくは設定から

AirDropを使えるようにするには、ホーム画面もしくは設定から操作を行います。

ホーム画面からの設定方法

ホーム画面上で下から上にスワイプをしてコントロールセンターを開き、左上のWi-Fiやモバイルデータ通信のアイコンがある部分を強めに押します。

 

次に左下のAirDropをタップします。ここで「連絡先のみ」を選択すれば設定は完了です。

設定画面からの設定方法

設定画面からも同じように設定することができます。

ホーム画面で「設定」から「一般」をタップします。

 

次に「AirDrop」をタップします。

 

ここで「連絡先のみ」にチェックを入れれば設定完了です。

 

ちなみにAirDropはBluetoothを使って通信するので、AirDropをオンにすると自動的にBluetoothもオンになります。

 

また「連絡先のみ」ではなく「すべての人」にチェックを入れると、近くにいるすべてのAirDrop対応iOSを持っている人とも共有設定になってしまいますので、基本的には「すべての人」は選択しないようにしたほうが安全です。

写真や動画の共有方法

AirDropの設定ができてしまえば、写真や動画の共有は簡単に行えます。送信側のiPhoneで共有したい写真を選択し、画面左下にある共有ボタン(長方形の上部分に上向きの矢印があるアイコン)をタップします。

 

次に画面中央に共有相手のアイコンが表示されるので、それをタップすれば、相手の写真フォルダに送信されます。動画やWebサイトなども基本的には写真と同じ操作で共有が可能です。

容量の大きなデータでも気軽に共有して楽しもう!

パーティーや旅行などで撮影した写真や動画は、すぐにでも共有して楽しみたいですよね。

しかし容量の大きなデータをメールで送信すると時間がかかったり、大きすぎて送れなかったりといったことも少なくありません。

そうしたときはAirDropを使えば容量の大きなデータでもメールやチャットアプリなどに比べ短時間で共有が可能です。

 

またMacで作業した文書を、出先でiPhoneやiPadで確認したいときもAirDropなら簡単に共有して持ち出すことができます。

仕事でもプライベートでもiPhoneをお使いのかたはぜひ、AirDropで気軽に情報共有をされてみてはいかがでしょう。

 

BIGLOBEモバイルのおトクなiPhoneはこちら

この記事もオススメ

注目キーワード

もっとみる