1. 格安SIM/スマホ TOP
  2. しむぐらし
  3. スマホの容量を増やす「microSD」の選び方をチェック

スマホ代安くなるカナ?
スマホの容量を増やす「microSD」の選び方をチェック

スマホの容量を増やす「microSD」の選び方をチェック

Androidスマートフォンの中には、microSDカードをセットすることで、ストレージを増強できるものもあります。写真や動画、アプリなどのデータが大きくなってきた昨今では、こうした外部ストレージの使用は必須です。

 

しかし、microSDカードには、様々な規格が存在するため、スマートフォンの使用に向いている製品を選ぶには、違いを理解するための最低限の知識が必要です。

ここでは、microSDカード選びで失敗しないための、ポイントを紹介しましょう。

▲microSDカードは全部同じに見えても、実は性能がいろいろと異なる


容量選びの際にチェックしたい仕様

これはご存知の方も多いでしょうが、SDカードには「SDHC」や「SDXC」といった規格が存在し、それぞれ容量の上限が異なります。

 

SDHCは4〜32GBまで、SDXCは64GB〜2TBまでをサポートする規格です。

スマートフォンごとに利用できるSDカードは異なりますので、例えば、長期的な利用を想定するため、容量が多いほうが良いと思って大容量のmicroSDカードを購入したけれど、スマートフォンがSDHCにしか対応していなかったとなるともったいないことになってしまいます。

必ず購入前に、スマートフォン側でサポートできるmicroSDカードの規格・上限容量を確認しておきましょう。

 

一般的には、端末を製造しているメーカーや、端末を提供しているキャリアのサイトで、スマートフォンの仕様・スペックが公開されており、外部ストレージの対応状況が記載されています。

写真や動画を保存したい場合に参考にすべき仕様

microSDに関する仕様は、容量に関するものだけではありません。スピードに関する仕様として、転送速度とスピードクラスもチェックしておきたいポイントです。

こうした情報は、商品パッケージなどに記載されていますので、確認した上で購入するようにしましょう。

 

まず、転送速度には、「書込み」と「読取り」の2種類があります。前者は、microSDカードにデータを記録するスピード。後者は、microSDに記録したデータをスマートフォンへと出力するスピードを示します。

 

例えば、映画のデータをmicroSDへとダウンロードする際には、書込み速度が早い方が待ち時間を短縮できます。また、microSDカードに保存した写真や動画を表示したいときには、読取り速度が早い方がスムーズです。

 

次に、スピードクラスは動画を撮影した際の最低保証転送速度を表します。この数値が足りないと、microSDカードに直接データを保存する設定を選択した場合に、うまく保存できなくなる恐れがあるのです。

具体的には、クラス2/4/6/10と分かれているのですが、フルHD以上の画質で動画を撮影する場合には、6か10のものを選ぶと安心です。

 

また、この辺りが大変紛らわしいのですが、スピードクラスのほかにも、「UHS(ウルトラ・ハイ・スピード)スピードクラス」や「ビデオスピードクラス」という規格も存在します。

具体的には、microSDカードに4K動画を直接保存したい場合には、UHSのクラス3に対応しているスマートフォンとmicroSDカードを組み合わせることを目安にしましょう。

ビデオスピードクラスには、V6からV90までの種類があるのですが、4K動画を直接保存したい場合には、V30以上、8K動画ならV90を目安にしましょう。

 

<まとめ>
microSDに直接保存させたい動画撮影の解像度と、選ぶ際の目安になるスピードクラス

 

・フルHD → スピードクラス6以上
・4K動画 → UHSスピードクラス 3、およびビデオスピードクラスV30
・8K動画 → ビデオスピードクラスV90

アプリを保存したい場合にあると良い仕様

最近は、microSDカードのストレージを疑似的にスマートフォンのストレージのように扱える機能も登場しています。

例えば、ゲームアプリのデータをmicroSDカードのなかに保存し、リアルタイムに呼び出して遊ぶこともあるでしょう。

 

こうした利用をスムーズに行えることを示したのが「アプリケーションパフォーマンスクラス」と呼ばれる規格です。アプリの実行やアプリのデータ保存に最低必要な転送速度が定義されています。

 

具体的には、不規則な並びのデータを読み込むための速度の違いによって「A1」と「A2」という2種類に分かれていますが、一般ユーザーが楽しんでゲームをするくらいならばA1を選んでおけばまず困ることはありません。

 

ちなみに、スマートフォン以外でも、家庭用ゲーム機でゲームのデータを保存するためにmicroSDカードを使用することもあると思いますが、その際にも、こうしたA1規格に対応していると安心ですよ。

Contributor

井上晃

フリーライター。スマートフォンやタブレット、スマートウォッチを中心に、雑誌やWeb媒体向けに記事を執筆する。Twitter:@kira_e_noway

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

格安SIM・スマホならBIGLOBEモバイル 今すぐCHECK