1. 格安SIM/スマホ TOP
  2. しむぐらし
  3. フリーWi-Fiの危険性とは?安全に接続するための4つのポイント

スマホ代、安くなるカナ?
フリーWi-Fiの危険性とは?安全に接続するための4つのポイント

フリーWi-Fiの危険性とは?安全に接続するための4つのポイント

スマホの普及とともに、カフェやホテル、駅など私たちの周りにある様々な施設でフリーWi-Fiが提供されるようになりました。無料で利用できるものも多くて、とても便利なサービスです。

 

しかし、中には悪意ある第三者が私たちの個人情報を盗むため、端末を乗っ取るために、フリーWi-Fiに罠を仕掛けていることもあり、安易に接続してしまうと被害に遭うかもしれません。

 

ここではフリーWi-Fiに潜むリスクと、安全に接続するためのポイントをご紹介します。

フリーWi-Fiとは

フリーWi-Fiとは一般的に店やホテル、公共施設などで提供されるWi-Fiです。

 

有料のものや無料のもの、パスワードの有無など施設によって提供の方法は異なりますが、基本的にその施設の利用者であれば誰でも利用できます。

 

外出先のカフェで動画を視聴したり、出張先のホテルでTV会議をしたり、と気軽にインターネットを利用できるフリーWi-Fiは、とても便利なサービスです。

フリーWi-Fiの危険性

便利なサービスである反面、フリーWi-Fiのなかには悪意ある第三者が罠を仕掛けているものもあります。安易に接続してしまうと、思わぬ被害に遭うかもしれません。

通信内容が漏洩する

フリーWi-Fiには通信が暗号化されていないものがあります。

もし、暗号化されていないフリーWi-Fiに接続してしまうと、友人とのLINEの内容や、取引先とのメールのやり取りが漏洩するかもしれません。

会社の機密情報が流出してしまう……想像もしたくない事態です。

個人情報が盗まれる

上記の漏洩と関連して、個人情報が盗まれるリスクもあります。

例えば、電話帳や電話番号、メールアドレスや各種サービスのIDとPW、クレジットカードや銀行口座の情報、住所や名前、生年月日などです。

クレジットカード情報が盗まれて高額請求……よく耳にします。

端末を遠隔操作される

フリーWi-Fiに接続しただけで、端末が乗っ取られることもあります。

スマホが乗っ取られるとGPS機能から居場所が特定されたり、カメラアプリを遠隔操作されて顔や自室の様子を勝手に撮影されたりするかもしれません。

行動パターンを把握されて空き巣被害に……ということもあり得るでしょう。

その公式フリーWi-Fiは”なりすまし”かも!

「Wi-Fi名(SSID)」が施設の公式フリーWi-Fiと同じだからといって、安易に接続するのは待ってください。「なりすましアクセスポイント」かもしれません。

 

「なりすましアクセスポイント」とは第三者が施設から許可をえないまま、公式フリーWi-Fiと同じか、もしくは非常によく似た紛らわしい「Wi-Fi名(SSID)」に設定した野良フリーWi-Fiのことです。

 

この野良フリーWi-Fiに接続してしまうと、前述でご紹介したように、悪意ある第三者に通信内容が漏洩したり、個人情報を盗まれたりする危険性があります。

安全に利用するポイント

フリーWi-Fiに安易に接続すると、LINEやメールが漏洩したり、個人情報が盗まれたり、端末を遠隔操作されたり、と様々なリスクがあることをご紹介しました。

では、フリーWi-Fiを安全に利用するには、何に気をつければいいのでしょうか。

身元不明のものは接続しない

フリーWi-Fiを選ぶときの大前提として「身元不明のものは避ける」です。

お店やホテル、公共施設で提供されている安全なフリーWi-Fiというのは、アクセスポイントが施設名で、有料・無料に関わらずIDやPWが設定されています。

対して、リスクのあるフリーWi-Fiは誰が提供しているのか不確かです。

 

ちなみに、フリーWi-Fiに接続するときには「自動接続機能」を使うのではなく、手動でアクセスポイントを選ぶようにすれば身元不明のものは避けられます。

Wi-Fiの自動接続機能はオフにする

スマホであれ、パソコンであれ、Wi-Fiの自動接続機能は”オフ”にしましょう。

Wi-Fiの自動接続機能とは、以前に接続したWi-Fiの情報を端末側で記憶しておき、次に同じ「Wi-Fi名(SSID)」のエリアに入ると自動的に接続される機能です。

ここで重要となるのが、”同じ「Wi-Fi名(SSID)」”というところ!

 

以前に接続した施設の公式フリーWi-Fiと、野良フリーWi-Fiの「Wi-Fi名」が同じだと、端末が勘違いして野良の方に勝手に接続してしまう可能性があるので要注意です。

フリーWi-Fiでは大事な通信は避ける

フリーWi-Fiを使うのであれば大切な通信は避けるべきです。

例えば、取引先に大切な資料をメールで送付したり、ネットバンキングにアクセスしたり、ネットショッピングでクレジットカード情報を入力することには慎重になってください。

漏洩するもの、と考えて利用すれば最悪の事態は避けられるでしょう。

VPN(暗号化通信)を利用する

悪意ある第三者のなかには、よくある施設名でフリーWi-Fiを設定している場合があります。そのため、身元不明のものを避けたとしても被害に遭うことがあります。

そこでおすすめしたいのが「VPN(暗号化通信)」です。

 

VPNを利用すると、Wi-Fi通信が暗号化され、情報が盗まれる可能性が低くなります。また、IPアドレスを隠すことでプライバシーも保護されます。

 

例えばBIGLOBEの「トータル・ネットセキュリティ」ではこのVPN機能が利用でき情報が盗まれる心配がなくなるほか、

危険なサイトに接続しようとした際に検知・防御してくれる機能もあり、より安全性が高まります。

できるだけ「https」を利用する

たとえ悪意あるフリーWi-Fiでアクセスしたとしても、閲覧しているサイトやサービスによっては通信内容が漏洩するリスクを低くできます。

それは「https」での通信に対応しているサイトやサービスです。

 

https(Hypertext Transfer Protocol Secure)とは暗号化通信のひとつで、「https://〜(または鍵マーク)」から始まるURLで見分けられます。

最近では主要なサイト、サービスはhttpsが当たり前になっています。

フリーWi-Fi以外に安全にネットを利用する方法

ここまでの流れから、フリーWi-Fiを安易に繋げてはいけない!ということはお分かりいただけたと思います。ただ、それでも外出先でネットを利用したい方は多いはず。

実は、そのような方でも、外出先で安全にネットを利用できる方法があります。

テザリング

スマホをお持ちの方であれば、スマホの「テザリング」機能がひとつの手です。

「テザリング」とはスマホをWi-Fiルーター代わりとして、スマホのデータ通信でパソコンやタブレットなどほかの端末をインターネット環境に接続する方法です。

携帯会社の回線を使用できるので、安全にインターネット環境に接続できます。

モバイルWi-Fi

外出先で本格的に作業したいのであれば、「モバイルWi-Fi」がおすすめです。

「モバイルWi-Fi」はデータ通信に特化した端末で、スマホと同じ程度かそれよりも小さいサイズなので持ち運びやすく、機種によりますが多くは同時に複数台の端末と接続できます。

スマホのデータ通信の節約にもなり、頻繁に利用するならこちらがお得です。

接続したことのあるフリーWi-Fiも要注意!

外出先でも気軽にインターネットに接続できるフリーWi-Fi。とても便利なサービスではありますが、同時に悪意ある第三者の罠である可能性も考えられます。「前に接続したことあるWi-Fi名(SSID)だから大丈夫!」とも限りません。

 

どうしても利用する必要があるのならば、十分に注意して接続してください。

 

ご自宅での安定したWi-Fi環境導入には「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!     

 

今回は、外出先のネット環境について、取り上げました。

 

さて、ご自宅でのネット回線は何をお使いでしょうか?

「インターネット回線が遅い」 

「インターネット料金が高い」 

などのお悩みはありませんか?

               
ご自宅でのWi-Fi環境導入には                
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。 


工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

              
ビッグローブ光について詳しく知りたい方は、こちらのバナーをクリック!    

Contributor

堀本一徳

世界24カ国を旅した自由人。現在はライター兼カメラマン兼ウェブデザイナーとして活動中。得意分野はIT(情報系学科出身)、旅行、教育(教員免許あり)。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

格安SIM・スマホならBIGLOBEモバイル 今すぐCHECK