1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. スナップチャットの「子ども顔」と「自分の子どもの頃の写真」を比べてみた!

スナップチャットの「子ども顔」と「自分の子どもの頃の写真」を比べてみた!

スナップチャットの「子ども顔」と「自分の子どもの頃の写真」を比べてみた!

最近話題の「スナップチャット」というアプリをご存じですか?もともとは画像投稿SNSアプリなのですが、豊富なフィルターを通してさまざまな動画や画像が撮影できることから、カメラアプリのように楽しんでいる人がたくさんいます。

 

なかでもSNSなどで話題になっているのが、子ども顔を作ることができる、通称「子どもフィルター」。大人の顔を写すと、かわいい子ども顔になるというフィルターです。

芸能人も自分の子ども顔を積極的にSNSにアップしているので、それを見ると「子どものころは、こんな顔だったんだなぁ」とほっこりしてしまいます。

 

では「子どもフィルター」を通して撮影した顔は、自分が子どものころの“ホンモノ”の顔に似ているのでしょうか?ちょっと気になるところですよね?

そこで実際に「子どもフィルター」を使って撮影した子ども顔と、小学生のときの「ホンモノ」の子ども顔を比べてみることにしました。

まずはアプリで登録

スナップチャットログイン画面

まずは「スナップチャット」アプリをダウンロードします。そしてアプリを開くと登録画面が表示されるので、指示に従って登録を行います。

スナップチャット登録画面

登録はいたって簡単。生年月日や氏名、ユーザー名、メールアドレスなどを登録すれば完了です。電話番号やフレンド検索はスキップすることも可能です。

子どもフィルターを選ぼう

それではさっそく、子ども顔を作っていきましょう。

カメラを切り替える

アプリを起動したら、画面右上の切り替えボタンで自撮りモードにします。

フィルターを選択

表示が切り替わったら、下段中央にあるシャッターボタンの右側にある顔マークをタップ。するとさまざまなフィルターのアイコンが表示されます。

子どもフィルターアイコン

「子どもフィルター」は、こちらのアイコンです。アイコンをタップすると、子ども顔が撮影できます。これで自分の顔を写すと……

子どもフィルターでできた「子ども顔」

こうなります~! けっこうカワイイと思いませんか?(笑)

ホンモノの自分と比べてみた

ではこの子ども顔、ホンモノの自分にどれだけ似ているのか、確かめてみましょう。数年ぶりにアルバムを引っ張り出して、小学生のころの写真と比べてみると……

自分の子ども時代の写真と比較してみた

まあ、同じ人物なので面影があるのは当然と言えば当然。なので、似ていると言えば似ている……のかな? でも子どもフィルターのほうは、ちょっと目が大きすぎますね(笑)

 

ちなみに、よく「お父さんにそっくり!」と言われる小学6年生の息子とも比べてみました。

よく似ているといわれる息子と比較してみた

どうでしょう?似ていると言われれば似ているような……。子どもフィルターのほうが幼い印象ですかね。

 

こんな風に楽しめる「スナップチャット」。ぜひ一度、試してみてください。久しぶりに古いアルバムを楽しめるオマケもついてきますよ!

 

 

※本記事の内容は、2019年9月18日現在の情報です。

Contributor

牛島義之

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆中。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

SIMフリーiPhoneじゃないけど、格安SIMが使えるって本当?