1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. データ通信量をカウントしないサービスはどの格安SIMがオススメ?

データ通信量をカウントしないサービスはどの格安SIMがオススメ?

データ通信量をカウントしないサービスはどの格安SIMがオススメ?

対象サービスがデータ通信量0で使える格安SIMを選ぼう

スマートフォンやタブレットをリーズナブルに利用できるのが格安SIMの魅力の一つですよね。

最近ではLINEやYouTubeなど、「特定のサービスにかかるデータ通信量をカウントしないサービス」を提供するMVNOも登場し、ユーザーにとってますますうれしいサービスが充実しています。

ここでは、そのようなサービスを提供している格安SIMをピックアップし、その魅力や選び方についてご紹介します。

気になるサービスをチェック!

データ通信量をカウントしないサービスは、MVNOによって呼び方や料金が異なります。

※本記事に記載の情報は2019年1月現在のもので、すべて税別です。

 

LINEモバイル:「MUSIC+プラン」でSNSを楽しむ

LINEモバイルなら、「LINEミュージック」とLINE、Twitter、Facebook、Instagramの4つのコミュニケーションアプリの利用にかかるデータ通信量がカウントされない「MUSIC+(ミュージックプラス)」という料金プランがあります。

 

音声通話SIMの場合、データ通信容量3GBを月額2,390円で利用できます。 コミュニケーション系アプリをよく利用する、という人はこちらのSIMがおすすめです。

 

LinksMate:ゲームのための格安SIM

2017年7月1日から新たにMVNOのサービス提供を開始した「LinksMate(リンクスメイト)」も注目です。

LinksMateではゲームアプリ「アイドルマスターシリーズ」や「妖怪ウォッチぷにぷに」、音楽配信サービスの「AWA」やTwitter、FacebookなどのSNSなど、幅広いサービスが対象になります。

音声通話SIMの場合、データ通信容量5GBで月額2,100円。これに月額500円のカウントフリーオプションを追加して、月額2,600円で利用できます。

 

BIGLOBEモバイル:エンタメの王道「YouTube」も対象

エンタメアプリで外せないのが「YouTube」。 人気のユーチューバーや、話題の製品レビューなど、テレビに取って代わるものとして愛用している人も多いですよね。

格安SIMでYouTubeのデータ通信量をカウントしない対象サービスにしているMVNOはまだ極わずかな中、BIGLOBEモバイルはYouTubeをはじめ、AppleMusic、Spotifyなどさまざまな動画・音楽配信サービスを対象としています。

 

音声通話SIMの場合、データ通信量3GBで月額1,600円。 これに「エンタメフリー・オプション」を月額480円で追加できるため、合計で月々2,080円。 2,080円で通話やメールが利用でき、さらにエンタメに特化したアプリをデータ通信量を気にせず楽しめるのは嬉しいですね。

大容量のデータを消費するサービスが対象となっているところがオススメ

コミュニケーション系、ゲーム系、エンタメ系など様々なアプリが対象となっていて、どれにするか迷ってしまいますよね。

そんなときは利用頻度とデータ消費の多いアプリを選ぶといいでしょう。ゲームでも、単調なものならデータ消費はそう多くありません。人気の「ポケモンGO」でも、ポケモンと戦うだけなら1回3MB程度で遊べます。

また、TwitterやFacebookも閲覧や文字の投稿なら5MBもあれば足りることがほとんど。

 

データ通信量がどうしても多くなってしまうのは、やはり音楽や動画の視聴です。そう考えると、動画や音楽アプリのデータ通信量をカウントしないBIGLOBEモバイルは、外出先でもデータ消費の多いエンタメ系アプリを楽しみたい人におすすめです。  

 

エンタメフリー・オプションの詳細をみる

格安SIMで趣味やコミュニケーションをもっと気軽に!

MVNOによって、サービスはさまざま。 自分のライフスタイルに合わせて、料金プランやオプションサービスがマッチする格安SIMを選ぶと、毎日がもっと楽しくなりそうですね。

Contributor

中野友希

税理士・社労士補助や衛生管理者を経てフリーライターに。ガジェット・ヘルスケア・子育てなどを中心に『読むサプリ』をモットーに執筆中。@y_nakan0

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

SIMフリーiPhoneじゃないけど、格安SIMが使えるって本当?