1. 格安SIM/スマホ TOP
  2. しむぐらし
  3. MacでコピってiPhoneにペースト!ユニバーサルクリップボードを使いこなそう

MacでコピってiPhoneにペースト!ユニバーサルクリップボードを使いこなそう

MacでコピってiPhoneにペースト!ユニバーサルクリップボードを使いこなそう

iPhoneとMacを使っているとAirDropって便利だなぁとつくづく思います。Appleデバイス間で写真や動画の移動が簡単に行うことができ、特に筆者の場合は、iPhoneのスクリーンショットをMacへ移す際に非常にスムーズさを感じています。

 

が! このほど、さらに便利な機能を発見してしまったのです。それは、デバイスをまたいだコピペができるということです。

Appleユーザー必見!Macでコピーして、iPhoneにペーストできるだと!?

とある条件(後述)を満たしていれば、Macでコピーした内容を、すかさずiPhoneにペーストできるというのです。筆者はすぐさま試してみました。

MacでURLをコピーします。

iPhoneのメモ帳を開いてペーストしてみると……?

ペーストされたー!
MacでコピーしたURLがiPhoneにペーストされたではありませんか!!

こ、これはすごい。こんな発想したこともなかったけど、めちゃくちゃ使える機能ではないですか!

その名は「ユニバーサルクリップボード」。利用可能な条件とは?

筆者の中では「またぎコピペ」と秘かに呼んでいるこのデバイス間コピペですが、正式には「ユニバーサルクリップボード」と言います。

 

これが利用できる条件はデバイス同士が近くにあり、それぞれが以下のように設定されている場合です。

 

  1. 各デバイスでそれぞれ同じ Apple ID を使って iCloud にサインインしている。
  2. 各デバイスで Bluetooth がオンになっている。
  3. 各デバイスで Wi-Fi がオンになっている。
  4. 各デバイスで Handoff がオンになっている。

 

4つ全てを満たす必要がありますが「条件」というほどおカタイものではありません。

iPhoneとMacがそれぞれ個人利用のものであれば、上記の条件はすぐにクリアできますし、現状のままですでに利用できる状態の人も多いと思います。

4つめの「Handoff」の設定はどこからできる?

設定で迷うといえばHandoffくらいでしょうか。どこからオンにしたらいいの? という方のために、MacとiPhone系それぞれの設定方法をご説明しておきます。

 

Macの場合:

  1. Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択
  2. 「一般」をクリック
  3. 「この Mac と iCloud デバイス間での Handoff を許可」を選択

 

iPhone、iPad、iPod touchの場合:

  1. 「設定」>「一般」>「AirPlay と Handoff」の順に選択
  2. 「Handoff」をオン

テキストに、画像や動画もコピペ可能!

このユニバーサルクリップボードですが、テキストだけでなく、画像や動画にも対応しています。

 

Macで開いているページのURLを、iPhoneのLINEに貼り付けてだれかに送信したり、iPhoneでのスクリーンショットを、Macで開いている資料に貼り付けたりと、一度使い始めるとクセになる便利さです。

 

名称も機能もクールなこのユニバーサルクリップボード。ぜひともモノにしてみてくださいね。

 

Appleサイト:ユニバーサルクリップボードを使って Apple デバイス間でコピーアンドペーストする

Contributor

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身。WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターの中の人もこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

格安SIM・スマホならBIGLOBEモバイル 今すぐCHECK