1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. LINE Keepの使い方と保存したデータの確認方法

LINE Keepの使い方と保存したデータの確認方法

LINE Keepの使い方と保存したデータの確認方法

LINE Keep(ラインキープ)は、LINEが2015年にリリースしたストレージサービス。平たく言うと、LINEが独自に展開する「データの保管庫」です。

トークが活発に行われていると、気になった内容などを後でさかのぼるのはけっこう大変なもの。

LINE Keepを使うと、LINEトーク内でやり取りした文章やURL、動画、画像などを簡単な操作で一か所にまとめて保存し、あとで見返したり取り出しやすくなります。

 

保存できるデータの上限量は1GBで保存期間は無期限(50MBを超えるデータは30日間限定)。スマートフォンの容量を消費することなくデータを保管できるので、容量パンパンでスマホを使っている人にも大変心強いサービスです。

Keepする方法

それではLINE Keepの使い方をご紹介しましょう。
※iOS11.4.1を使用しています。

 

まず、Keepしたいトークを長押しし、「Keep」をタップ。

「保存」をタップ。

これでKeepされました。ごくごく簡単です(笑)。

 

もう1つの方法が、Keep画面に直接保存する方法。

自分のプロフィールページを表示し、「Keep」をタップ。

するとKeep画面が表れます。

「+」をタップし、保存したいデータの種類を選択(ここではテキスト)。

テキストを入力したら「保存」をタップして、完了です。

Keepしたデータを見る方法

ホーム画面から自分のプロフィールページを表示し、「Keep」をタップ。

Keepしたデータの一覧ページが表示されます。

初期設定ではKeepしたデータが時系列で表示されますが、サイズや名前などによる並び替えや、グリッド表示に切り替えることもできます。

また、「写真(動画もこちらです)」「テキスト」「ファイル」の3種類によるカテゴリー表示も可能です。

Keepしたデータの使い方

Keepしたデータは自分で見返すだけでなく、再びトークで共有することも可能です。

「Keep」のホーム画面の「…」→「トークに送信」をタップ。

送信したいファイルを選択し、「決定」をタップ。

送信したい友だち、グループを選択し、「送信」をタップ。友だちは複数選択もできます。

LINE Keepをホーム画面に置いておくとさらに便利!

スマホ端末のホーム画面に「Keep」を設置しておけば、Keepのホーム画面に1タップで移動できるので、使い勝手が格段に向上します。

 

「Keep」のホーム画面の「…」→「ホーム画面に追加」をタップ。

「確認」をタップ。

上矢印のアイコン→「ホーム画面に追加」をタップ。

ホーム画面に「LINE Keep」が設定できました!

まとめ

冒頭でも触れましたが、LINE Keepの大きなメリットはスマホの容量を使わずにデータを無期限で保存できること。

友人との待ち合わせ場所やおいしかったお店のURL、上司やクライアントから送られてきたデータ(ワードやエクセルファイルもKeepできます)、ちょっとしたアイデアメモなどをKeepしておき、あとで簡単に見返せるので非常に便利です。

使い方はとっても簡単なので、ぜひ試してみてください。

※掲載されている会社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

注目キーワード

もっとみる