1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. チケット転売問題を解説!安心してチケットを購入するには?

チケット転売問題を解説!安心してチケットを購入するには?

チケット転売問題を解説!安心してチケットを購入するには?

2019年6月から、チケット不正転売禁止法が施行されました。ちょうど東京オリンピックのチケット予約も始まり、違法な転売チケットについて、話題になっています。

 

どういうチケットが違法な転売チケットなのか、転売チケットを購入しないためにはどうすればいいのか、間違って転売されたチケットを買ってしまったらどうなるのか、などをご紹介します。

どういうチケットが違法な転売チケットなの?

対象となるチケットをいったん購入したあと、定価より高額で他の人に売ったものは「違法な転売チケット」として扱われる可能性があります。ただし、定価またはそれ以下の価格で他の人に売ることは、特に規制されていません。

 

規制の対象となるのは、次のようなチケットです。

 

  • コンサートや舞台など芸術・芸能関係のイベント、またはスポーツイベントの入場券(駐車券、整理券、握手券、通行証などは含まない)
  • 紙のチケット、およびスマホに送られたQRコードなどのデジタルチケット(予約メール、当選の権利などは含まない)
  • 有料のチケット(無料で配布されているものは、券面に「転売・譲渡禁止」と書いてあっても規制の対象外)

 

試写会の入場券など無料のものや、チケット購入権当選の権利を転売することは、チケット不正転売禁止法では規制されていません。ただし、それぞれのイベント主催者によって入場を止められることがあります。

 

人気のチケットと、あまり人気のないチケットやグッズを強制的にセットで販売することも規制対象です。

 

また、列車の乗車券や指定席券などの転売は、チケット不正転売禁止法ではなく、古物営業法で規制されています。古物営業法の免許を持つチケットショップなどに売ることは、規制されていません。

どこでチケットを買えば安全なの?

ファンクラブや公式のチケット販売サイトなど、公式な販売先から購入しましょう。公式のチケット販売サイトとは、チケットぴあやe+(イープラス)など、イベントの公式サイトで提示されている販売サイトです。

 

これらの方法で売り切れの場合は、公式なリセールサイトを探してください。公式なリセールサイトとは、興行主の同意を得ており、定価でチケットを転売することができるサイトのことです。最近は、購入後に行けなくなった人のために正規のリセール方法が用意されているイベントが多くなっています。

 

公式なリセールサイトは、新規チケットを販売しているサイトと同じことも、別のサイトのこともあります。たとえば、「EMTG」やチケットぴあの運営している「チケトレ」は、公式リセール専用サイトです。また、ローソンチケットの運営している「ローチケ」や「イープラス」のように、新規チケットも公式リセールも扱っているチケットショップもあります。

東京オリンピック・パラリンピックやラグビーワールドカップなどは、チケットショップではなく、それぞれのイベントの公式サイトで、新規チケットも公式リセールも扱っています。

 

公式以外のチケット販売サイト、会場前のダフ屋などで売っているチケットは、違法な転売チケットにあたる可能性があります。また、TwitterやFacebookなどのSNSの書き込みで転売しようとしているチケットは、興行主の同意のない転売なので入場できない場合があるうえ、詐欺の可能性もあります。購入しないようにしましょう。

 

チケットを買って行けなくなったらリセールを利用しよう

チケットを購入しても行けない、という場合も、リセールサイトを利用しましょう。東京オリンピックをはじめ、多くのイベントで公式なリセール手段が用意されています。

公式なリセールを利用すれば、ペナルティを気にせず、安心して売ることができます。公式なリセールのチケットなら、公演中止になった場合でも補償があります。

 

チケットを売却するときには、チケットの価格で売却し、利益を加えないように注意しましょう。利益を出しては、転売とみなされてしまいます。リセールサイトを使えば、定価以上の価格で販売できないので、その点でも安心です。

間違って転売チケットを買ってしまったらどうなるの?

では、違法にあたると気づかず、転売チケットを買ってしまった場合はどうなるのでしょうか?

 

転売チケットを販売した転売業者は処罰されますが、チケットを買った人は、チケット不正転売禁止法では罪に問われません。ただし、転売業者が検挙されたときには取り調べに協力する必要があります。

 

もう1つ知っておきたいのは、転売チケットではイベントに入場できないことが多いということ。

現在、多くのコンサートやイベントは、記名式のチケット販売に移行しており、入場時に本人確認するケースが多いです。本人確認で正規の購入者ではないと判断された場合、入場を拒否されることもあるからです。

 

本人確認では、入場時に公的な身分証明書やファンクラブ会員証を確認します。どのような書類が必要かはコンサートやイベントの公式サイトに載っているので、事前に確認しておきましょう。

ファンクラブの優先枠で購入されたチケットで違法に転売されたものの場合、転売チケットを売った人も買った人も入場できないなど、主催者によるペナルティがあることもあります。また、次からはファンクラブでのチケット購入申し込みができなくなるといった措置がとられることも。

 

また、天候や出演者の事情により公演が中止になった場合、正規に購入したチケットなら払い戻しなどの補償があります。しかし転売チケットにはなんの補償もありません。

 

安全なチケットの購入方法は、シンプルに「正規の販売手段を使う」ことです。正規の価格で購入でき、トラブルなく入場できます。不正な転売チケットには手を出さないのが賢明でしょう。正規のチケットで、安心してコンサートやイベントを楽しんでください。

※本記事の内容は、2019年9月20日現在の情報です。

Contributor

成瀬京子

WebマーケティングやAIを主に扱うIT専門ライター。ガラケー時代からの携帯・ガジェットマニアだが、なぜか仕事になりにくいのが悩み。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

SIMフリーiPhoneじゃないけど、格安SIMが使えるって本当?