1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. Amazonプライムの会費が4,900円に値上げ|こんなユーザは元が取れる!

Amazonプライムの会費が4,900円に値上げ|こんなユーザは元が取れる!

Amazonプライムの会費が4,900円に値上げ|こんなユーザは元が取れる!

プライム会員になるだけで、いろいろなコンテンツを使えるとてもおトクな「Amazonプライム」。

 

これまでは年に3,900円でしたが、今回1,000円値上がりして、年4,900円になりました。同じく月会費は400円から500円(年6,000円)に。

そしてスチューデント会員(Amazon Student)は1,900円から2,450円への値上げです。
※本記事に記載の金額は全て税込で、2019年7月26日現在の情報です。最新の金額は公式サイトでご確認ください。

 

数字だけ見ると結構な値上げ。プライムサービスが始まって初めての値上げなので、驚いて解約を考えた人もいるでしょう。でも、本当に解約すべきなのでしょうか?

Amazonプライム会員を継続すべきはこんな人

個人的には、値上げされてもやっぱりおトクな制度だと思います。特に、次のようなユーザーは継続をおすすめします。

配送サービスをよく利用する忙しい家庭

荷物を確実に受け取れるようにするためのPrime Deliveryは、Amazonプライム会員限定のサービスです。Prime Deliveryには、次のようなサービスが含まれます。

 

  • お急ぎ便が無料(注文確定日から3日以内にお届け)
  • 当日お急ぎ便(地域限定、注文当日にお届け)
  • マケプレお急ぎ便
  • お届け日時指定便
  • お届け日時指定便(当日配送)
  • Prime Now(地域限定、プライム会員限定、2時間以内での配送サービス)

 

Amazonプライム会員以外のユーザーがこれらの配送サービスを使おうとすると、オプションの有料サービスになってしまいます。Prime Nowは使うこともできません。

 

でも、プライム会員なら何度でも無料で利用できます。これなら、忙しく不在がちの人でも荷物を受け取りやすいですよね。

 

また、通常の買い物でも購入金額が税込2,000円に満たない場合は、送料が400円(エリアにより440円)かかってしまうのですが、プライム会員は無料になる商品が多いです。

都会に住む共働き家庭

生鮮食品を扱っている「Amazonフレッシュ」。生鮮食品、飲料、お酒、日用品、お取り寄せグルメなどが時間指定で購入できます。Amazon版ネットスーパーと言えるでしょう。

 

Amazonフレッシュはプライム会員限定、かつ地域限定のオプションサービスで、月額500円で利用できます。

 

他にも「Amazonパントリー」や「Prime Now」など、日常の買い物を楽にしてくれるサービスがあります。

 

どれも今のところは東京や大阪近辺に限られていますが、共働きで買い物の時間がない家庭には、とても便利です。

小さい子どもがいる家庭

Amazonには「Amazonファミリー」という、小さい子どものいる家庭向けのサービスがあり、おむつ、ミルク、日用品など、育児に必要な商品がファミリー会員限定のセールで購入できます。

 

Amazonファミリーはプライム会員でなくても登録できますが、プライム会員なら紙おむつやおしりふきがいつでも15%割引になります。

 

また、プライム会員は「定期おトク便」の送料が無料になります。定期おトク便を使えば買い忘れなくおトクに買い物できるので、子育て家庭にピッタリです。

 

Amazonファミリーと定期おトク便、Amazonパントリーを組み合わせることで、買い物がだいぶ楽になるはずです。

学生がいる家庭

大学生がいる家庭では、その子の名前でプライム会員に申し込むとおトクです。

 

なぜならAmazonプライムには、「Amazon Student」というプライム会員のほとんどの機能を使うことができるのに、年会費が半額になるサービスがあるからです。教科書や参考書は15%ポイント還元、文房具・ノートが20%割引など、学生向けらしいサービスもあります。

 

ただし、対象となる期間は最長で4年+半年(体験期間)だけです。4年経つと、自動的に通常のAmazonプライム会員に移行します。

 

対象となる「学生」は、日本国内にある大学と大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学生です。小学生から高校生は対象外です。

一家に一人プライム会員

Amazonプライムは、Amazonユーザーすべてにおトクなサービスですが、例に出したような家庭なら、さらにおトク度がアップします。使えるサービスをフル活用すれば、1,000円程度の値上がりは気にならないのではないでしょうか。

 

一家に一人プライム会員がいると、家族全員で恩恵を受けられるので、とても便利ですよ。

Contributor

成瀬京子

WebマーケティングやAIを主に扱うIT専門ライター。ガラケー時代からの携帯・ガジェットマニアだが、なぜか仕事になりにくいのが悩み。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

SIMフリーiPhoneじゃないけど、格安SIMが使えるって本当?