1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. eSIMとは?海外旅行先でもiPhoneをいつも通り使う方法

eSIMとは?海外旅行先でもiPhoneをいつも通り使う方法

eSIMとは?海外旅行先でもiPhoneをいつも通り使う方法

「eSIM」とは?

「eSIM(イーシム)」とは、Embedded SIM(組み込み型のSIM)を意味する言葉です。通常のSIMカードは端末に挿入する必要があるのに対し、eSIMは端末内に組み込まれた部品であるため抜き差しすることはありません。通信事業者が提供するアプリや、通信事業者のウェブサイトから通信プランを契約することで、その場ですぐに通信プランを使えるようになります。

 

iPhone XS/XS Max/XRは、このeSIMに対応しました。デュアルSIMという言い方をしますが、要するに2つの通信プランを同時に利用できるということ。普段セットしているSIMカード(≒ いつもの通信プラン)のほかに、eSIMでもう一つの通信プランを契約して同時に利用できます。

2つの通信プランを契約できるメリットと注意点

いまのところ最もおすすめできる利用方法は、海外を訪れる際に、二つ目の通信プランとしてプリペイドのデータ通信プランを契約するというものです。これで普段使っているのSIMカードを取りはずすことなく、旅行中も現地の回線を使って通信できます。

iPhoneのモバイルデータ通信の選択画面

eSIMプランの価格は、地域やプランによって様々ですが、現地でプリペイドのSIMカードを購入するより少しだけ高いことが多いようです。しかし、空港や現地の店舗でプリペイドのSIMカードを購入する手間が省けるのは、大きなメリットです。

 

一点、気をつけておきたいのは、eSIMを使う場合にも「SIMロック」の対象になるということ。キャリアで購入したiPhoneの場合には、eSIMを利用する前にSIMロックを解除してもらう必要があります

例えばこんなeSIMプランを検討してみよう

ここでは、海外旅行などで使えるeSIMプランの例として、筆者が試したことがあるサービスを3つ紹介します。

 

GigSky(ギグスカイ)

一つ目は「GigSky(ギグスカイ)」。グローバルでの提供されているサービスで、世界各国でデータ通信プランを利用できます。専用アプリから通信プランを購入して利用します。価格はやや高めですが、アプリの表記も日本語でわかりやすく使いやすいので、入門向けと言えるでしょう。

GigSky(ギグスカイ)アプリ画面

 

Ubigi(ユビジ)

二つ目は「Ubigi(ユビジ)」。フランスの老舗MVNO「Transatel(トランサテル)」が提供する通信サービスで、欧米をはじめ、アジアや日本でプリペイドのデータ通信プランを利用できます。

 

ウェブサイトで会員登録をしてから、設定アプリで登録を行い、専用アプリで通信プランを購入するというやや複雑な利用手順を踏むので、別途解説記事などを読みつつ利用することをオススメします。アプリ自体は日本語に対応しています。

Ubigi(ユビジ)アプリ画面

 

T-Mobile(ティーモバイル)

三つ目は「T-Mobile(ティーモバイル)」のeSIMプランです。アメリカの大手通信事業者であり、専用アプリから通信プランを契約して利用でき、音声通話も利用できるため、データ通信専用のプリペイドプランと比べるとやや割高です。アプリは英語表記になります。

T-Mobile(ティーモバイル)アプリ画面

次に海外へ足を運ぶ機会があれば、ぜひこういった通信プランを試してみてはいかがでしょうか。

※本記事の内容は、2019年8月23日現在の情報です。

 

Contributor

井上晃

フリーライター。スマートフォンやタブレット、スマートウォッチを中心に、雑誌やWeb媒体向けに記事を執筆する。Twitter:@kira_e_noway

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

SIMフリーiPhoneじゃないけど、格安SIMが使えるって本当?