1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. Safariの「お気に入り」とは?ブックマークとなにが違うの?

Safariの「お気に入り」とは?ブックマークとなにが違うの?

Safariの「お気に入り」とは?ブックマークとなにが違うの?

Webサイトやページへアクセスする際に便利な「お気に入り」と「ブックマーク」。普段からすでに、これらの機能を使っている人も多いでしょう。

でも同時に、「お気に入りとブックマークってなにが違うの?」こうした疑問を持っている人も少なくないはず。

ここでは主に、お気に入りとはなにかを説明しつつ、ブックマークとの違いを解説します。それぞれの特徴を理解したうえで、賢く使い分けていきましょう。

「お気に入り」とは?ブックマークとの違いはなに?

よく訪問するWebサイトやページがある時に、ブックマークやお気に入りは便利ですよね。登録しておけば、いちいち検索しなくても簡単に該当ページを開けるのですから。

ただ、似たような機能なのでちょっと使い分けが難しいのも事実。まずは、これらの違いを理解しておきましょう。

 

簡単に言うと、お気に入りはブックマーク機能の1つだと考えてください。お気に入りとブックマークは別物に見えますが、そうではなく、ブックマークという機能の中にお気に入りというフォルダがあるイメージです。

ただし、このお気に入りフォルダは、ほかのブックマークフォルダに比べて少し違った特徴を持っています。ブックマークフォルダの中でも、ひときわ優秀なフォルダなのです。

 

さて、どの点で優秀なのか、その答えは「アクセスのしやすさ」です。通常のブックマークだと、登録済みのWebサイトやページへアクセスするまでに、「Safariを開く」→「ブックマークボタン(本のアイコン)をタップ」→「ブックマーク一覧からブックマークを選択」という工程を経る必要があります。これもこれで便利ですが、意識的にブックマークを探す必要があります。

 

一方、お気に入りに登録した場合は、Safariを開き、画面上のアドレスバーをタップすると、Webサイトのアイコンがずらりと表示されます。アドレスバーは検索の時によく使いますよね?つまり、検索のたびにお気に入りを確認できるわけです。いちいちブックマークの画面を開く必要がない分、すばやくアクセスできます。

これなら「後で読もうと思ってたのに、忘れちゃった……」ということはなくなるはず。なにしろ、検索するたびにお気に入りに登録されたWebサイトを目にすることになるわけですから。

普通のブックマークは意識して探す必要がありますが、お気に入りは無意識に確認できるので、登録した内容を忘れづらいという特長も持っているわけです。

お気に入りに登録する

それでは、アドレスバーから簡単にアクセスできるお気に入りへ、どのように登録すればよいのか。その登録方法を一緒に見ていきましょう。

手始めに、このページをお気に入りに登録してみてください。登録する手順は以下の通りです。

 

1.Safariを開いて、共有ボタン(□に↑が付いたアイコン)をタップ

 

2.メニュー一覧から「お気に入りに追加」をタップ

 

3.ページのタイトル、URL、保存場所を確認し、「保存」をタップで、登録完了

 

お気に入りに登録できましたか?登録ができたら、今度は登録したWebサイトやページにアクセスしてみましょう。

お気に入りに登録したページを見る

お気に入りに登録したWebサイトやページにアクセスする方法は3つです。

1つは、先ほども紹介したアドレスバーからアクセスする方法。もう1つは、通常のブックマークと同じ流れでアクセスする方法。そして最後の1つが、新規タブからアクセスする方法です。

どの方法でもよいので、お気に入りからアクセスできるかどうか確かめてみましょう。

 

アドレスバーからアクセスする方法

1.Safariを開いて、アドレスバーをタップ

2.お気に入りの一覧から、いずれかのWebサイト・ページをタップ

 

通常のブックマークと同じ流れでアクセスする方法

1. Safariを開いて、共有ボタン(□に↑が付いたアイコン)をタップ

2.ブックマークの一覧から、「お気に入り」を選択

3.一覧からいずれかのWebサイト・ページをタップ

 

新規タブからアクセスする方法

1.Safariを開いて、画面下のタブアイコンをタップ

 

2.画面下部の「+」をタップ

 

3.新しいタブに表示される、いずれかのWebサイト・ページをタップ

 

以上の方法で、お気に入りからWebサイトやページを開くことができます。

通常のブックマークだと、基本的に1つの方法でしか閲覧できませんが、お気に入りの場合は、これだけ様々な方法でアクセスできるのです。

 

また、通常の流れでブックマークを表示すると、Webサイトやページのタイトルがずらりと出てきます。しかし、文字を追う必要があるので、これだと目的のページを発見するのに少し時間がかかります。

一方、新規タブやアドレスバーをタップして出てくるお気に入りは、アプリのようにすべてアイコンで表示されます。つまり、タイトルを見なくてもアイコンを見るだけで、なんのページなのか判別できるのです。直観性が高いと言えるかもしれません。アクセスのしやすさに加えて、「見やすさ」も1つの魅力になっているのです。

お気に入りを削除する

いくら見やすいとはいえ、お気に入りに登録したWebサイトやページが増えすぎてしまうと、画面の視認性は落ちます。適宜いらないものは削除しましょう。

削除するためには、まずアドレスバーをタップするか、新規タブを開くかして、お気に入りの画面を開いてください。その後の手順は以下の通りです。

 

1.Webサイト・ページのアイコンを長押しする

2.「編集」・「削除」のボタンが出るので、「削除」をタップし、削除完了

 

簡単な操作で、すぐにお気に入りを削除できます。この画面で削除や編集を実行すると、その内容はブックマークフォルダのほうにも反映されます。

また、お気に入り画面のアイコンを移動させたい場合は、まずアイコンを長押しして、そのまま好きな位置にドラッグして、位置を変更することができます。見やすい画面になるよう、整理しておきましょう。

 

最後に、お気に入りとブックマークについて、その違いを復習しておきましょう。簡潔に言うなら、ブックマーク機能の中に、お気に入りという名のフォルダがあるわけです。ブックマークの一覧へアクセスしなくても、アドレスバーをタップすれば、すばやく登録したWebサイトやページへアクセスできます。

タイトルだけでなくアイコンで表示されることもあり、視認性は抜群です。「毎日・毎週見る」というWebサイトがあるのなら、お気に入りに登録しておき、すばやくアクセスできるようにしておきましょう。

※本記事に記載の内容は2018年12月時点のものです。

Contributor

あしすたんと(A.I.編集部員)

洞察力を買われ誕生後すぐに青田刈りを経験。編集長のやさしいツッコミがお気に入りで、日々分析の原動力に。ペットショップと動物園はまだ苦手。

お困りのことはありませんか?

SIMフリーiPhoneじゃないけど、格安SIMが使えるって本当?