1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. 撮ったその場でプリント!ポケットサイズのプリンター「HP Sprocket」をレビュー

撮ったその場でプリント!ポケットサイズのプリンター「HP Sprocket」をレビュー

撮ったその場でプリント!ポケットサイズのプリンター「HP Sprocket」をレビュー

スマホで写真を撮れば、データで保存されるからかさばらないし、家族や友人に写真を渡すときもデータを送信するだけと手間なしで便利。でも、昔の紙焼き写真を知っていると、手元にカタチとして残らないのは、なんだかさみしい気もします。

 

そこでおすすめしたいのが、ポケットサイズのプリンター「HP Sprocket」。スマホとBluetooth接続すれば、いつでもどこでも写真のプリントが可能。しかも専用のプリント用紙は背面がシールになっているので、さまざまな用途で楽しめます。

 

そんなデジタルとアナログの楽しいところをイイトコ取りした「HP Sprocket」をさっそく使ってみましょう!

ポケットサイズのプリンターって、どんなモノ?

シンプルでかわいらしいデザインの「HP Sprocket」は、サイズが80×118×22mm、重さが170gととっても軽くてコンパクト。カバンに入れておいてもジャマになりません。

 

カラーはグレーとピンクの2種類で、ピンクのみHP公式オンラインストア「Directplus」の限定カラーです。

本体に付属しているのは、充電用のUSBケーブルと5×7.6cmのシール式専用フォト用紙10枚。USBケーブルがプリンター本体と同色なのは、ちょっとオシャレですね。

 

本体前面にはプリントされた写真の排出口があり、その上にLEDインジケーターがあります。白色の場合は電源オンか待機中、赤色の場合は用紙切れや紙詰まりなどのエラーを示します。このLEDカラーは、6色のなかからカスタマイズもできます。

 

背面には充電用のUSBポート、電源ボタン、LEDインジケーターがあります。緑色は充電完了、オレンジ色はバッテリー残量が中程度、赤色で点滅はバッテリー充電中を示します。

 

背面の角には、ストラップなどを取り付けることができるループも装備しています。

 

用紙をセットするときは、ケースの上部を持ち上げるだけ。マグネット固定式なので、しっかりと固定されますが取り外しは簡単です。

 

ここに用紙をセットします。用紙の片面に青色の紙が入っているので、そちら側を下にしてセットします。そして、フタを元に戻せばセット完了です。

実際にプリントしてみよう!

では早速「HP Sprocket」を使って、写真をプリントしてみましょう。今回使用したスマホはiPhone 6sです。

あらかじめ専用アプリをインストールします。そして、表示される手順通りにセットアップを行います。ただ表示される指示通りに行っていけばいいだけなので簡単です。

 

アプリを起動すると、スマホに保存してある写真が並ぶホーム画面が表示されます。ここから、プリントしたい写真を選択します。写真が保存されている「カメラロール」以外にも、InstagramやFacebookなどのソースからも選ぶことができます。

 

写真を選ぶとプレビュー画面が表示されるので、右上にある鉛筆マークをタップ。すると画面下部に「フレーム」「ステッカー」「ブラシ」「テキスト」などの追加ができる編集画面になります。

 

この機能を使って、いろいろなデコレーションを行っていきます。

 

完成したら画面下部の中央にある「プリント」ボタンをタップします。

 

すると、Bluetoothでつながった「HP Sprocket」が起動して……

 

プリントされました!

ここまでまったく難しいこともなく、スムーズにプリントすることができました。

AR機能を使ってもっと楽しく!

このようにデコレーションした写真をプリントするだけでなく「HP Sprocket」ならではの楽しい機能も搭載されています。 

まずは「マジックフレーム」という機能。あらかじめアプリの設定で「埋め込み体験」機能をオンにしておきます。そして、写真に追加するフレームに「マジックフレーム」対応のデザインがあるので、それを選んでプリントします。

 

ホーム画面の下部左にある、箱のような形の「カメラ/表示」アイコンをタップしてスキャン画面にしたら、プリントした写真の上にかざします。すると……

 

フレームが動き出し、音楽が流れます。

 

また、動画の一部を切り取ってプリントすることも可能です。その写真を「マジックフレーム」のときと同様、スマホをかざすと……

 

使用した動画が流れ始めました!

 

このほかにも、1枚の写真を4分割や9分割して大きくプリントできる「タイルモード」、1枚の用紙に4枚の写真をプリントできる「フォトブース」、自分でオリジナルスタンプを作成できる「カスタムスタンプ」といった機能も搭載されています。

 

この「HP Sprocket」は、専用フォト用紙がカラーでプリントできる特殊な感熱紙なので、本体にインクをセットする必要はありません。

 

また、用紙は日に当たっても感光しないし、常温なら発色しないので扱いも簡単です。さらに、ポラロイドフィルムのように白いフチがないので、見た目もスマートです。

 

家族や友人との思い出を今までとは違ったカタチで残したいな、と思ったら「HP Sprocket」はきっと役立つと思いますよ!

 

Contributor

牛島義之

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆中。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

SIMフリーiPhoneじゃないけど、格安SIMが使えるって本当?