1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. インスタのIGTV・ストーリーズ・インスタライブの違いと使い分け

インスタのIGTV・ストーリーズ・インスタライブの違いと使い分け

インスタのIGTV・ストーリーズ・インスタライブの違いと使い分け

インスタは写真だけでなく動画もアップできる

日々スマホの機能が向上し、提供されているアプリもどんどん新機能が追加されています。インスタグラムも当初は写真を加工して投稿できるアプリとして代表的な存在でしたが、最近では動画もアップロードできるようになり、投稿方法もひとつではありません。

 

今回は、インスタグラム(以下、インスタ)の投稿方法「IGTV」「ストーリーズ」「インスタライブ」の3つの機能の違いや使い分け方についてご紹介します。

IGTV、ストーリーズ、インスタライブの違いをチェック!

インスタでは、写真や動画をそのまま投稿する通常投稿に加えて、動画が投稿できる「IGTV」や写真と動画を組み合わせて動画を作成・投稿できる「ストーリーズ」、動画生配信が可能な「インスタライブ」といった投稿方法があります。

 

各投稿方法の違いをチェックしてみましょう。

※本記事の内容は、2019年6月現在の情報です。

*1 フォロワー数により60分 *2 インスタアプリ内からも投稿・閲覧可能

 

それぞれの投稿方法には、動画がアップできる長さ(時間)や、画像のサイズ(縦長かその他か)といった違いや、アクセス方法(別アプリの有無やアイコン表示)の違いがあります。

では、それぞれの投稿方法の特徴をみていきましょう。

IGTV:独立したアプリがあり縦型画像で動画をアップできる

IGTVは3つの投稿方法の中で唯一独立したアプリが存在します。IGTV用の独立したアプリは、インスタのフォロー・フォロワーが引き継がれます。

 

もちろん、IGTV用アプリがなくても、インスタアプリ内の画面上部のテレビマークからIGTVにアクセスできます。ただし、IGTV検索窓はユーザーネーム、氏名で検索可能となっており、その他の検索ワードでは検索できません。

▲インスタアプリ内のIGTVおすすめ一覧

インスタライブ:動画の生配信が最長1時間まで可能

インスタライブは、リアルタイムでの動画配信が可能です。リアルタイムなので編集などはできませんが、フェイスフィルターを利用してサングラスや子猫に変身するといった加工はできます。

 

基本はリアルタイム配信ですが、投稿者の設定により配信後24時間はライブ配信動画を見ることができます。

 

インスタライブとストーリーズはフィード上部のアイコンをタップしてアクセスします。

インスタライブの場合、アイコン回りのリングがカラー表示されるとともに「LIVE」表示が付き、ストーリーズの場合はアイコン回りのリングがカラー表示されます。

▲インスタアプリのライブ配信中画面

ストーリーズ:24時間で自動削除される

ストーリーズは、テキストや静止画、動画を組み合わせてスタンプや文字などで加工し、15秒程度のオリジナルムービーを作成することができます。24時間で自動的に削除されるので、残すまでもないけれど、すてきな写真や気持ちを共有したいときに便利です。

▲インスタアプリのストーリーズ作成画面

インスタグラムは様々な表現が可能

インスタは写真や動画がメインなので、視覚的にさまざまな表現ができます。IGTVやインスタライブはお気に入りの芸能人や著名人と楽しくつながることができますし、ストーリーズは自分自身が気軽に投稿できそうです。

 

機能の違いが分かれば、さらにインスタの世界を楽しむことができそうですね。

Contributor

中野友希

税理士・社労士補助や衛生管理者を経てフリーライターに。ガジェット・ヘルスケア・子育てなどを中心に『読むサプリ』をモットーに執筆中。@y_nakan0

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

SIMフリーiPhoneじゃないけど、格安SIMが使えるって本当?