1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. キャリアの名義変更ってどうやるの?格安SIMに乗り換える前にチェック!

キャリアの名義変更ってどうやるの?格安SIMに乗り換える前にチェック!

キャリアの名義変更ってどうやるの?格安SIMに乗り換える前にチェック!

格安SIMに乗り換えた人が引っかかりやすい問題のひとつに、「契約名義が一致しない」というものがあります。それまで契約していたキャリアでの名義と、新たにMNPする先の名義が一致せず、エラーが出てしまうケースですね。

 

中でも若い方に多いのが、「もともと親名義で契約していたが、乗り換える際に自分の名前で契約したことで、名義が一致せずにエラーが出てしまう」というパターン。これを避けるためには、MNPする前に元のキャリアの名義を変更しておく必要があります。

キャリアで名義変更イメージ画像

そこで本記事では、大手キャリア3社の名義変更の方法をご紹介。

格安SIMに乗り換える人のみならず、「将来的には考えている」という人も知っておいて損はありません。別の理由で名義を変更する必要がある人の参考にもなりましたら幸いです。

NTTドコモ(docomo)の場合

ドコモで契約している人が名義変更をする際には、ドコモショップに来店する必要があります。

手続きに必要なものと手数料は以下の通り。

 

<必要なもの>

  • 名義を譲り渡す人、譲り受ける人両者の「本人確認書類」
  • 譲り受ける人名義の「クレジットカード」または「キャッシュカード」または「預金通帳+届出印」

 

<手数料>
2,000円 ※ただし家族間の名義変更の場合は、無料

 

一例として、「親の名義を自分に変更したい」場合で考えてみましょう。

もしあなたが父親の名義で契約している学生さんでしたら、「父親と2人でドコモショップを訪れる」のが最もスムーズです。二人とも自身の本人確認書類を忘れずに持っていって、あなたはクレジットカードまたはキャッシュカードを持参のうえで。

 

一方で、名義を譲り受けるあなた一人で来店する形でも、手続きをすることは可能です。

ただしその場合、自分の本人確認書類とあわせて、父親の本人確認書類と「委任状」を持参しなければなりません。逆に、名義を譲り渡す父親が一人で来店する場合は、あなたの本人確認書類と委任状が必要です。

※委任状についてはこちらをご確認ください。

 

ちなみに、ドコモショップには「来店予約」サービスがあります。詳しくは下記のページを参照ください。

※「本人確認書類」とは、名前・生年月日・現住所が確認できる「運転免許証」や「マイナンバーカード」を指します。

auの場合

auユーザーが名義変更をする場合も、基本的にはドコモと同様の流れになります。名義を譲り渡す人と譲り受ける人の2人でauショップに来店し、手続きを行います。

手続きに必要なものと手数料は以下の通り。

 

<必要なもの>

  • 名義を譲り渡す人、譲り受ける人両者の「本人確認書類」
  • 譲り渡す人の「印鑑」
  • 譲り受ける人名義の「クレジットカード」または「キャッシュカード」または「預金通帳+届出印」

 

<手数料>
2,700円 ※ただし家族間の名義変更の場合は、無料

 

名義を譲り渡す人が来店できない際もドコモのケースと同じく、譲り渡す人の委任状と本人確認書類(コピー可)があれば、譲り受ける人だけでも手続きが可能です。

ソフトバンクの場合

ソフトバンクの場合も同様に、ソフトバンクショップで名義変更の手続きをします。名義を譲り渡す現在の契約者と、新たに譲り受ける新規契約者の2人で来店する形になりますね。

手続きに必要なものと手数料は以下の通り。

 

<必要なもの>

  • 名義を譲り渡す人、譲り受ける人両者の「本人確認書類」
  • 譲り受ける人名義の「クレジットカード」または「キャッシュカード」または「預金通帳+届出印」
  • 家族割引を継続したまま名義を変更する場合、両者が家族であることを確認できる書類(住民票記載事項証明書、健康保険証など)

 

<手数料>
3,000円 ※ただし家族割引を継続したの名義変更の場合は、無料

 

もし現在の契約者(親など)がお店に行くのが難しい場合は、新規契約者(名義を譲り受ける人自身)だけが来店する形でもOK。その際には委任状が必要となりますが、これはソフトバンクのページから印刷できます。必要な方は下記リンク先からご確認ください。

まとめ

契約書のイメージ画像

以上、大手3大キャリアの名義変更の方法をまとめました。便宜上、各キャリアごとに説明させていただきましたが、基本的な流れは以下のように共通していることがわかりますね。

 

  • 名義変更前の契約者と、名義変更後の新規契約者、二人で来店して手続きをする
  • 本人確認書類と、クレジットカードもしくはキャッシュカードを持参する
  • 現時点で契約している人が来店できない場合は、委任状と書類を持参すれば一人でも手続き可
  • 家族間の名義変更であれば、基本的に手数料は無料

 

ただし、キャリアによって異なっている部分もあります。実際に店舗を訪れる際には、事前に各キャリアのページで確認することをおすすめします。

 

 

※本記事の内容は、2019年9月30日現在の情報です。

Contributor

けいろー

フリーライター。ネット大好きゆとり世代。趣味のブログをきっかけに依頼をもらうようになり、勢いで独立。書評・アニメ・グルメ・旅行など何でもござれ。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

SIMフリーiPhoneじゃないけど、格安SIMが使えるって本当?