しむ暮らし

格安SIMのあるちょっと豊かな暮らしを提案するサイト

格安SIMにして1年半。リアルな月額料金を公開!

iPhone 5sを格安SIMに乗り換えて、もうすぐ1年半。
周りの友人や同僚から「格安SIMどう?」と聞かれることが増えてきました。

「毎月、飲み会1回分は余裕で安くなったよ」なんて冗談まじりに回答していますが、あながちウソでもありません。

ということで今回は、友人や同僚と同様に格安SIMが気になり始めている人に、自分のリアル月額金額と利用状況をご紹介しようと思います。

格安SIMにして月額料金がどのように変わったか

直近3カ月の月額平均は「3,005円」

直近3ヶ月の月額料金

過去3カ月分の請求額は上記の通りです。
利用しているのはIIJmioの音声機能付き格安SIM。

7月と8,9月で請求金額に開きがあるのは、利用プランを月によって変更したためです。

docomo・au・ソフトバンクの人にこの料金を見せると、だいたいみな口をそろえて「こんなに安いの?」なんて言葉が返ってきます。

データ量は繰り越しできて、月ごとにプランを変えられる

格安SIMの多くは、月のデータ量を繰り越しすることができ、また、月ごとにプランを変更することも可能です。

上記の月額料金をひもといてみると、以下のようになっています。

月額料金詳細

この余剰分は翌月に繰り越されるため、8月は6GBのライトスタートプランに変更。7月に10GBのデータ通信が利用できる「ファミリーシェアプラン」を利用してみたものの、7月末時点で、まだパケットが4〜5GBほどのこっていました。

その分、基本料金も安くなったというわけです。

8月末になっても、パケットに余力があったためそのままライトスタートプランを継続。

どうやら自分は月に6~7GBデータ通信を利用するようなので、一度10GBのファミリーシェアプランで余剰ができれば、以降3~4カ月は、6GBのライトスタートプランを継続する、というサイクルがちょうどいいようです。

このように、利用状況にあわせて毎月のプランを変えられるのも、格安SIMの良いところ、なんですよね。

2年縛りナシ。1年経てば、違約金なくいつでも辞められる

また、大手キャリアのような2年縛りもありません。

違約金発生時期※画像はイメージです。すべてにあてはまるものではありません。

 

現在利用している格安SIMの場合は、1年利用すればその後はいつでも違約金なしでやめられます。

大手キャリアでよく見かける、2年に一度の契約更新月にしか違約金なしでの解約チャンスがない、なんてこともないのです。

現格安SIMを、すでに1年以上利用している僕としては、お得な他社プランが見つかり次第、乗り換える気まんまん。

この「身軽さ」も格安SIMのよいところなんですね。

他社といえば、BIGLOBEの格安SIMはどうなの?

BIGLOBE 料金表

手前みそながら、BIGLOBEの格安SIMの料金プランもみてみることにしましょう。

赤枠で囲んだのが、音声通話付きの格安SIM。
現在のプランでいくと、6GB使えるライトSプランが2,150円。現在の僕のIIJのプランよりも70円安いですね。

なお、現在キャンペーン実施中とのことで、「音声通話SIMのライトSプラン(6GB)または12ギガプランの新規申し込みで、月額料金が6カ月間、600円値引き」ですって。
キャンペーン

これから格安SIMを検討される方には良いのではないでしょうか。

BIGLOBE SIMは、SIMフリー版iPhoneだけでなくドコモのiPhoneでも利用することができます。

そうなんです、意外と知られていませんが、ドコモの端末もイケちゃうんですよ!

これから格安SIMを検討されている方はBIGLOBE SIMも、ぜひ候補の一つに入れてみてくださいね。

※記事内の料金は記事執筆時点(2016年10月31日)の価格です。
 

  • BIGLOBE スマホの料金や特長、スペックなどをご確認いただけます。
  • BIGLOBE SIMのお申し込みはこちら。おトクなキャンペーンも実施中です。
  • ガラケーやスマホから格安SIM・スマホへ お乗換え検討中の方はこちらもご参照ください。
  • 格安SIMにすると、こんなに安くなります! 下記料金シミュレーターで、料金を比較してみましょう。
  • パソコンやスマホの実用技から、日常の雑学まで 「いまこれが面白い!」「いま使える」情報を発信。
  • スマホのわからないを解決するウェブマガジン。 スマホ比較や体験レポート、豆知識をお届け。