1. 格安SIM/スマホ TOP
  2. しむぐらし
  3. 【iOS16】音声入力しながら手打ちできる!文字入力の便利さが一気に加速する新機能を紹介

ビッグローブ光 高速・高品質の光回線 特典総額最大73,000円(消費税相当含む)

 

BIGLOBE WiMAX 工事不要 特典で初月からおトク
【iOS16】音声入力しながら手打ちできる!文字入力の便利さが一気に加速する新機能を紹介

【iOS16】音声入力しながら手打ちできる!文字入力の便利さが一気に加速する新機能を紹介

iPhoneでの音声入力にはしばしばお世話になっているのですが、2022年秋のiOS16のリリースによって、この音声入力がさらにパワーアップしたのをご存知でしょうか。

 

音声入力を利用しながらも、同時並行で指での文字入力も可能となったのです。今まではどちらか一方のみしか利用できなかったため、音声で入力しにくい言葉の場合は、手入力に切り替える必要があったのですが、この切替が不要になったということです。

 

言葉で説明する限りでは、たいしたことない機能改善に感じられるかも知れませんが、実際に使ってみるとスムーズさが一気に増したように感じます。では実際に、どんな風に使えるのか解説していきましょう。

iOS15とiOS16でどう変わった?音声入力中の画面ビフォーアフター

まずはiOS15とiOS16において、音声入力中の画面がそれぞれどのように違うのか見てみましょう。

 

iOS15で音声入力を開始すると、キーボード部分にサウンドのアニメーションが表示されます。キーボードが消えてしまうため、iOS15のこの状態では音声入力中にキーボード入力をすることはもちろんできません。

 

一方、新しいiOS16で音声入力を開始すると、キーボードは消えることなくそのまま残り、実際に文字が入力されるエリアに音声入力を示すマイクのアイコンが表示されます。この状態であれば音声を検知してくれているため、話しかけることで音声入力ができるだけでなく、表示されているキーボードを使ってそのまま手入力も同時に利用可能なのです。

実際の使用感はどんな感じ?

iOS15との違いがわかったところで、実際にiOS16にて音声入力をしながら手打ち入力を実施してみようと思います。動画に収めましたのでご覧ください。

 

 

いかがでしょうか。まずはキーボードを使用せずに音声だけで入力をしていき、「エンジョイマガジンでは」という固有名詞が入る箇所のみ手打ち入力に頼りました。というのも、音声入力で同文字を入れてみたところ「ENJOYマガジンでは」と、おせっかいな英語交じりの変換がされてしまうためです。このような固有名詞こそ通常変換では変換されにくいため、手打ち入力の併用が活きてくると感じました。

iOS16にアップデートした方はぜひ使ってみて!

細かすぎて伝わりにくい新機能かも知れませんが、もともと音声入力をよく使っていた方からすればとても使い勝手の良いアップデートではないかと思います。これまでiPhoneで音声入力を利用してきた方はもちろんですが、手入力との併用でより一段と使いやすくなった音声入力は、iPhoneを使う全ての人におすすめしたい機能です。今まで知らなかったという方も、ぜひこの機能を使いこなしてみてほしいと思います。

 

スマホの利用にも「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

 

スマホの通信量が足らずに、ギガ不足になっていませんか?       
自宅でスマホを利用するときには、Wi-Fiで通信することで        
スマホの通信量を節約することができます。      
                
ご自宅でのWi-Fi環境導入には                
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。                
工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。


ビッグローブ光について詳しく知りたい方は、こちらのバナーをクリック!

Contributor

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身。WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターの中の人もこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?