1. 格安SIM/スマホ TOP
  2. しむぐらし
  3. フェイスブックやツイッター、ログインしないで見るだけって可能?

スマホ代安くなるカナ?
フェイスブックやツイッター、ログインしないで見るだけって可能?

フェイスブックやツイッター、ログインしないで見るだけって可能?

TwitterやInstagramなど、大勢がSNSを使っている現在。

日常的に呟いたり写真を撮って公開したりしている人がいる一方で、「自分からは積極的に投稿しない」という人も少なくありません。「他人の投稿見るほうが好き」という人も多いでしょうし、何も不思議なことではないように思います。

 

本記事では、そんな「見る専門」の人がSNSを楽しむための方法をご紹介。

すでに実践している人も多いかもしれませんが、「アカウントを作らずにSNSで他人の投稿を見る」ための方法を説明します。Twitter、Instagram、Facebook、TikTokについてそれぞれ取り上げていますので、参考にしてみてください。

SNSはアプリをインストールしなくても見られる!

各サービスでの方法を順番に説明する前に、確認しておきたいポイントがひとつあります。

それが、「SNSはアプリをインストールしなくても見られる」ということ。

スマートフォンでSNSを見る際に、TwitterやInstagramのアプリをインストールして閲覧している人も多いと思いますが、実はアプリのインストールは必須ではありません。

 

Twitter、Instagram、Facebook、TikTokのいずれのサービスにしても、最低限の情報であれば、インターネットブラウザでアクセスして閲覧することが可能です。

「ブラウザ」とは、iPhoneであればSafari、AndroidであればChromeなどですね。

 

ただし、アプリのほうが使える機能も充実していますし、限定公開のいわゆる「鍵アカウント」の投稿は、ログインして相手の許可を得なければ見ることができません。操作性の面でも、アプリのほうが快適に使えると言えるでしょう。

 

それでも「スマホのデータ容量をアプリで圧迫したくない」「アカウント登録したくない」という方は、次のような方法で各SNSを閲覧することができます。以下、サービスごとに順を追って説明します。

■ Twitter

アプリをインストールせずにTwitterを閲覧するには、自分が見たいアカウントのURLをインターネットブラウザに打ち込み、直接アクセスする方法があります。

Twitterは登録する際に「ID」を設定しますが、このIDがURLにもなっています。

 

たとえば、BIGLOBEのTwitterアカウントは「https://twitter.com/biglobe」が個別のURLになっていますので、このURLを打ち込めば直にアクセスできます。

実際にアクセスすると、このように表示されます。画面の上下にログインとアプリの利用をおすすめする表示が出てしまうため、少々使いにくいことは否めません。

 

また、個別のツイートをタップすればリプライ欄も見ることができますが、いいねとリツイートをしている人の一覧は確認できません。誰が反応しているかを見るにはログインが必要となります。

■ Facebook

Facebookの個人ページ、あるいは企業のFacebookページなどをチェックする場合も、URLを打ち込んでアクセスできます。

企業やお店が運営するFacebookページに関しては見られる情報も多く、他のSNSと比べると快適に閲覧できる印象があります。

ただし、個人ユーザーのページで見られるのは、プロフィール写真と自己紹介の一部のみ。フィードの投稿などは一切見ることができません。

 

正確には、非公開アカウントでなければ投稿ごとにURLが割り振られているため、URLさえわかれば個別にアクセスして閲覧することは可能です。

 

ですが、いちいちURLを指定してアクセスするのは大変ですし、あまり現実的ではありません。個人の投稿をしっかりチェックするには、ログインせざるを得ないと言えます。

■ Instagram

Instagramも同様に、自分が見たいアカウントのURLをブラウザに打ち込んでアクセスします。

 

同じくBIGLOBEのアカウントを例に上げると、「https://www.instagram.com/biglobe_official/」が個別のURLになりますので、打ち込んでアクセスしましょう。

Googleで「BIGLOBE Instagram」などと検索しても出てきます。

ブラウザでも個々の投稿をチェックできますが、当然ながらログインしなければ各種機能は使えません。

閲覧するにも、しばらくすると、ログインまたはアプリの利用を促すポップアップが出てきて見づらいため、じっくりチェックするなら従うのが無難です。

■ TikTok

最後に、本記事で取り上げるSNSでは一番新しいTikTokについて。

ここまで紹介したサービスでは、個別にアカウントを検索するかURLを入力するかしないかぎりはページを見ることができませんでしたが、TikTokは異なります。

ブラウザでトップページ( https://www.tiktok.com/ja-JP/ )にアクセスし、ページ中央の「今すぐ見る」(または「TikiTokを開く」)をタップすれば、そのままユーザーの投稿を閲覧することが可能。「トレンド」から人気のユーザーや楽曲をチェックして動画を見ることもできます。


ただし、個別検索ができないのと、ログインしなければフォローはできません。「現在、TikTokで何が人気か」をチェックできる程度になりますので、具体的に見たいユーザーやコンテンツがある方はログインすることをおすすめします。

 

一方で、「TikTokに興味はあったけれど、なかなか見るタイミングがなかった」という方は、この機会にチェックしてみてもいいかもしれませんね。ログイン不要で人気コンテンツを見られるのは、他のSNSにはない魅力だと言えそうです。

自分に合った使い方でSNSを楽しもう

以上、アカウントを作らずにSNSで他人の投稿を見る方法をご紹介しました。

 

たまに投稿をチェックする分にはブラウザでも問題ありませんが、記事中でもふれたように、操作性はアプリのほうが快適です。頻繁に閲覧するのであれば、アプリを使ったほうが効率的にチェックできますし、気持ちよく利用できるはずです。

 

今回は「ブラウザで見る方法」をご説明しましたが、「見る専」のアカウントを作ることもおすすめです。「自分では投稿しない」という人でも、「他人の投稿を見るためのアカウント」を作ってSNSを楽しんでいる人は決して少なくありません。

 

「人とつながり、交流するサービス」というイメージが強いSNSですが、「気になる人の投稿をチェックする」あるいは「ニュースを読む」ような用途も、一般的な「SNSの使い方」のひとつです。自分に合った使い方で楽しみましょう!

Contributor

けいろー

フリーライター。ネット大好きゆとり世代。趣味のブログをきっかけに依頼をもらうようになり、勢いで独立。書評・アニメ・グルメ・旅行など何でもござれ。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

格安SIM・スマホならBIGLOBEモバイル 今すぐCHECK