1. 格安SIM/スマホ TOP
  2. しむぐらし
  3. スマホで使えるキャッシュレス決済ってどんな種類があるの?

スマホで使えるキャッシュレス決済ってどんな種類があるの?

スマホで使えるキャッシュレス決済ってどんな種類があるの?

スマホを使ってのキャッシュレス決済も定番となってきました。しかし種類が多く、「自分のスマホではどれが使えるの?」「どれを選んでいいのか分からない」とお困りの方も多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では、スマホで使えるキャッシュレス決済についてご紹介します。

キャッシュレス決済の種類

スマホで使えるキャッシュレス決済は、大きく分けて「非接触型決済」と「QRコード決済」に分けられます。

非接触型決済(NFC)

スマホを決済用の専用端末にかざして決済する方法です。スマホ内にクレジットカードや電子マネーを登録することで利用可能になります。
この非接触型決済を利用するには、スマホがNFCに対応している必要があります。

NFCを利用したスマホ決済手段として、もっともメジャーなのは「Apple Pay」「Google Pay」「おさいふケータイ」の3つです。

お持ちのスマホにこのいずれかが対応していると、NFCによる決済が可能になります。

主要非接触型決済

・モバイルSuica
・楽天Edy
・iD
・QUICPay

QRコード決済

QRコード決済は、その名の通りQRコード(バーコード)を使い決済する方法です。

決済方法は以下の2通りがあります。

・スマホ画面に表示したQRコードを店舗側に読み取ってもらう
・店舗に置かれたQRコードをユーザーがスマホで読み取り、金額を入力して決済する

このどちらになるのかは、店舗のレジシステムによって異なります。どちらの方法を使うのか悩んだら、店員さんに聞いてみましょう。

QRコード決済はアプリをダウンロードして使用するので、非接触型決済と違いスマホ全般で使えるのが特徴です。海外製の格安スマホでも使えるので、自分のスマホで使えるのか悩む必要はありません。

主要QRコード決済

・PayPay(ペイペイ)
・LINE Pay(ラインペイ)
・楽天Pay
・au Pay
・メルペイ
・ゆうちょPay
・d払い

キャッシュレス決済の支払い方法は3つ

スマホで使えるキャッシュレス決済自体は大きく分けて2種類ですが、支払い方法は3種類に分けられます。

前払い方式

事前にお金をチャージしておく方法です。現金、クレジットカード、ATMなどで入金します。チャージする手間がありますが、入金した金額しか使えないので、使い過ぎ防止になります。

 

またクレジットカードと連携することで、自動でチャージしてくれる「オートチャージ機能」が搭載されているものもあります。
QRコード決済はほぼこの前払い方式を導入しています。

後払い方式

利用した代金を後日まとめて支払う方法です。使用のたびにチャージする必要はありません。Apple PayやGoogle Payなどの非接触型決済はこの方法を採用しています。

即時決済

決済と同時に紐づけられている銀行口座からすぐに利用金額が引き落とされる方法です。リアルタイムに引き落とされるので、現金のように使えます。

また口座に入っているお金以上は利用できませんので、使い過ぎを防止できます。
「ゆうちょ Pay」などがこの方法を採用しています。

間違えやすい「キャリア決済」

スマホを使った決済でキャッシュレス決済と混同されがちなのが「キャリア決済」です。
キャリア決済とは、docomoやau、Softbankなどのキャリアで使える決済方法です。
各キャリアのスマホの月額料金と決済で利用した分の金額を一緒に請求してもらえるサービスで、IDとパスワード、暗証番号を入力するだけで簡単に決済できます。

 

ネットショッピングなどでは便利な方法ですが、キャリ決済とスマホで使えるキャッシュレス決済は全く別の決済方法です。
一番の違いは、キャリア決済は店頭では利用できないことです。実際の店舗で使いたい場合は、QRコード決済か非接触型決済のどちらかを選びましょう。

 

スマホで使えるキャッシュレス決済は手軽でとても便利な方法です。今後利用できる店舗がどんどん増えると予想されていますので、ぜひ導入してみてはいかがでしょうか。

Contributor

月木なつめ

会社員を経てフリーランスに。文化財学科出身なので趣味で歴史系の分野を調べることも。IT・旅行・ゲームなどの分野で執筆活動中。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

格安SIM・スマホならBIGLOBEモバイル 今すぐCHECK