1. TOP
  2. モバイル
  3. しむ暮らし
  4. iPhoneの「Spotlight検索」の使い方

しむ暮らし
格安SIMでちょっと暮らしをゆたかに。

iPhoneの「Spotlight検索」の使い方

2018.03.19

iPhoneにはSpotlight検索という便利な機能があります。

 

ホーム画面を下にスワイプしたときに出てくる、この検索窓のことです。(iPhoneの機種によって、検索窓の表示方法は異なります。)

見たことはあるけど、使ったことがない方や、いまいちどう役立つのかわからない、という方もいらっしゃると思います。

そこで、今回はこのSpotlight検索の便利さについてご紹介します。

Spotlight検索ってどんな機能なの?

Spotlight検索とはひとことで言うと、iPhone内を好きな言葉で一括検索できる機能です(※)。iPhoneだけでなく、iPadやMacにも搭載されています。
※一部、iPhone内だけでなくWEBサイトの検索結果などが含まれる場合もあります。

実際に検索してみよう。

実際に検索をして、その利用イメージを見てみましょう。

ホーム画面を下へスワイプしてSpotlight検索を起動し、例として「 パスワード」と検索してみました。


検索結果がこのように表示されました。検索した「パスワード」というワードを含むアプリごとの検索結果や、SAFARIの履歴なども表示してくれます。

検索結果自体をタップ or Appで検索

検索結果では、基本的に以下の2つの動作が可能です。

 

・候補の検索結果そのものを開く
・Appで検索

 

それぞれ紹介しましょう。

検索結果そのものを開く

Spotlight検索結果自体に、お目当てのものがある場合は、その検索結果をタップしましょう。アプリ内の該当の箇所にダイレクトにジャンプしたり、WEBページを開いたりすることができます。

Appで検索


この「Appで検索」をタップすると、入力したワードをアプリ内に絞ってさらに検索することができます。
※対応しているアプリとそうでないアプリがあります。

検索対象にしたいアプリとそうでないアプリを設定できる

ちなみに、Spotlight検索の対象にするアプリを、設定からカスタムすることができます。

[設定] > [Siriと検索]を開きます。


すると、左図のように各アプリが並びますので、任意のアプリをタップし、右図の画面にて[検索と”Siriからの提案”]をオフにします。

 

こうすることで、Spotlight検索の対象アプリからはずれます。自分好みに設定しておくことで、Spotlight検索の使い勝手が向上しますよ。

便利な使い方

「メール」アプリや「メモ」アプリは検索対象にしていると、なかなか使いやすいのでおすすめです。

 

たとえば、Spotlight検索で「パスワード」とか「会員登録」というワードで検索してみると、過去の会員登録の「メール」や、パスワードを記載した「メモ」が見つかる、なんてこともたまにあります。

「会員登録したけど、いつだっけ?」「 パスワードメモしたけど、どこだっけ?」というときに試してみてはいかがでしょうか。

 

ということで、Spotlight検索の便利さは伝わりましたでしょうか。ホーム画面を「下にスワイプ」ですぐに利用できる手軽さがありますので、ぜひうまく使いこなしてみてください。

 

ちなみに、BIGLOBEモバイルならiPhoneも格安SIMでの利用が可能ですので、「動作確認端末」でご自身の端末が対象のiPhoneであることが確認できたら、ぜひお得な格安SIMへの移行も検討してみてくださいね。

 


また、iPhoneと格安SIMをセットで購入することもできます。iPhone端末の購入も検討されている方は、ぜひこちらもご確認ください。

 

 

この記事を書いた人:うえやま

この記事もオススメ


  • BIGLOBEモバイルのスマホラインナップをみる

    各端末の料金や特長、
    スペックなどをご確認いただけます。

  • BIGLOBEモバイルの料金プランをみる

    BIGLOBEモバイルの料金や
    キャンペーンをご確認いただけます。