1. 格安SIM/スマホ TOP
  2. しむぐらし
  3. OPPO Reno3 Aレビュー|4眼カメラに急速充電、余裕のハイスペックスマホ

OPPO Reno3 Aレビュー|4眼カメラに急速充電、余裕のハイスペックスマホ

OPPO Reno3 Aレビュー|4眼カメラに急速充電、余裕のハイスペックスマホ

OPPO「Reno」シリーズの最新モデル、「OPPO Reno3 A」が6月26日、BIGLOBEモバイルに登場しました!
価格は36,000円(BIGLOBEモバイル価格)とお値打ちですが、さまざまなシーンに対応できるカメラ機能や洗練されたデザインが魅力。
今回は「OPPO Reno3 A」のスペックや使い心地をレビューします。


デザインと持ちやすさ

約6.44インチ、重さは約175gの「OPPO Reno3 A」。大画面ですが丸みを帯びたデザインで持ちづらさは感じません。

カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色のラインアップ。今回レビューで使用したホワイトはホワイト~水色のグラデーションがクリスタルのようでとてもきれい。
OPPOのミドルレッジラインのスマホはブラックや深い青系が多い印象だったので、このホワイトは特にお気に入りになりました!

ディスプレイはティアドロップ型の無駄のないデザインです。
長時間にわたり電子書籍を読んだり動画を見たりする人の中には、ブルーライトが気にする人も多いと思いますが「OPPO Reno3 A」は有機ELディスプレイを採用。個人的にはこれは嬉しいポイントでした。

カメラは左側に縦一列のレイアウト

スペック

「OPPO Reno3 A」はのスペックは以下の通りです。

OS Android™ 10
サイズ 高さ約160.9mm x 幅約74.1mm x 厚さ約8.2mm
重さ 約175g
ディスプレイ 約6.44インチ , AMOLED(有機EL)
解像度 2,400×1,080ドット (フルHD+)
プロセッサ Qualcomm® Snapdragon™ 665 オクタコア(2.0GHz×4+1.8GHz×4)
メインメモリ 6GB
ストレージ 128GB
バッテリー容量 4,025mAh
カメラ アウトカメラ:約4,800万画素+約800万画素+約200万画素+約200万画素
インカメラ:約1,600万画素
本体カラー ホワイト、ブラック
BIGLOBEモバイル価格 36,000円(税別)

「Quick Charge 2.0」で急速充電!

ワイヤレス充電には非対応なものの、4,025mAhバッテリーに加えて急速充電規格「Quick Charge 2.0」に対応しており、約120分でフル充電が可能!
私は前機「OPPO Reno A」を普段メインで使っているのですが、実際に使ってみて、充電時間の早さに驚きました。

IP68の防水・防塵、おサイフケータイを採用

さらに、前機で好評だった「おサイフケータイ」も搭載。ちょっとしたお出かけなら財布を持つ必要がありません。FeliCaアンテナはカメラの右横にあります。
防水・防塵機能は最高等級*で、水濡れやほこりの侵入などにも強いというタフな機体も魅力。日常生活を力強く支えてくれそうですね!
* IPX8の防水機能。IP6Xの防塵機能。

ゲームの操作性

PUBGモバイルをプレイして、メモリに負荷がかかった際のスマホ操作をチェックしてみました。

グラフィック設定はクオリティ「標準」、フレーム設定は「中」。HDの設定はできません。

とはいえ解像度は問題なく、30分ほどのプレイ中はすべらかな操作ができました。キャラクターの動作もスムーズで、グラフィックの粗も目立たずきれいです。

 

ヘビーユーザーがゲーム専用機として使う場合はともかく、一般的なゲームプレイならまず困ることはないでしょう。

気になるカメラ機能

「OPPO Reno3 A」は、約4,800万画素のメインカメラ、約800万画素の超広角カメラ、約200万画素のモノクロカメラ、約200万画素のポートレート用カメラという組み合わせの4カメラを搭載。

インカメラは1,600万画素です。

「夜景」モードで撮影

「OPPO Reno3 A」は、夜景を明るく写す「ウルトラナイトモード」を搭載しています。

「目で見たままを写真に残す」というよりも、光の当たり方や目では判別できない雲の流れ、空の色などを鮮明に、かつ繊細に表現してくれました。

10種類のフィルター

内臓されたフィルターは10種類。変更すれば、撮影も表情が変わります。景色撮影はもちろんですが、インカメラでのセルフィ―撮影でも活躍しそう。

左:通常モード・右:フィルタ変更

 

また、「鈍い色や薄暗い色、露出オーバーなどをAIが認識してピクセルレベルで補正を行う」という「ダズルカラーモード」の撮影もしてみました。

設定は簡単に変更可能

左:通常モード・右:ダズルカラーモード

ダズルカラーモードをオンにすると、発色がよくなり、彩度もぐっとあがって鮮やかな印象になりますね。

今回は花を撮影してみましたが、食事写真に適用するとシズル感のある写真が撮れそうです!

 

「OPPO Reno3 A」は手ブレ補正が強化され、動画の撮影にも強くなりました。カメラや動画機能を欲張りたい方にはおすすめです!

【まとめ】欲しい機能が充実!高スペックスマホ

前機「OPPO Reno A」で好評だった機能を引き継ぎつつ、洗練されたデザインや新機能でさらに進化したOPPOのスマホ。

高スペックでストレスのないスマホライフを送りたい方には、ぜひメインで使ってほしい納得の機種です!

 

 

Contributor

瀬谷真矢

新聞記者、オウンドメディアのディレクターなどの職を経験したのち、フリーの編集者&ライターに。初めて訪れるまちで知らない人と飲むお酒が好き。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

格安SIM・スマホならBIGLOBEモバイル 今すぐCHECK