1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. 使っていないスマホをドライブレコーダーに!無料オススメアプリ4選

使っていないスマホをドライブレコーダーに!無料オススメアプリ4選

使っていないスマホをドライブレコーダーに!無料オススメアプリ4選

交通事故が起きたときの記録を残すため、誤って警察に取り締まられてしまったときの証明、あおり運転や当たり屋などのトラブル対策など、万が一に備えて搭載しておきたいのが「ドライブレコーダー」です。

 

でも、しっかり記録できる画質のいい製品をつけようと思うと、価格は1万円以上してしまいます。これに取り付け工賃がかかったりすることを考えると、躊躇してしまいますよね。

 

そこで今注目されているのが「スマホドライブレコーダーアプリ」。スマホにアプリをダウンロードすれば、あっという間にドライブレコーダーになってしまいます。無料アプリもたくさんあるし、使っていないスマホを活用すれば、導入費用は無料です!

 

そのうえ難しい配線をする必要もないから、誰でも簡単にドラレコを搭載することができてしまいます。もちろん取り外しも簡単にできるから、クルマを買い替える際の付け替えも非常に簡単です。

スマホをクルマにセットするには?

では具体的に、どのように設置をすればいいのでしょう?

まず準備するものは「車載用スマホホルダー」です。


ダッシュボードに吸盤や両面テープ、クリップなどでスマホを固定するホルダーです。おおよそ1,000円前後で手に入ります。

ただし、運転中の視界を妨げない場所に設置すること。運転の気が散るような場所へ設置して事故などを起こしたら本末転倒です。

 

また、ドラレコを起動しているときはスマホのバッテリーの消費量が大きくなります。USB充電器などで給電しながら使用しましょう。

こちらも1,000円前後で入手可能です。

そしてもうひとつ注意しておきたいのが、ダッシュボードに装着したままスマホを放置しないということです。とくに夏場はダッシュボード付近の温度が70度以上になることもあります。そんな環境にスマホを放置しておくと、バッテリーが劣化してしまうだけでなく、爆発する可能性もあります。

おすすめの無料ドラレコアプリ4選

それでは、どのようなドラレコアプリがあるのかを見ていきましょう。ここでは気軽に使える無料アプリを紹介していきます。

Safety Sight

損保ジャパン日本興亜が提供するアプリ。強い衝撃を検知すると、前後10秒間ずつ前方の映像を記録します。

また、前方の車との車間距離が短くなると警告する「前方車両接近アラート」、停車中に前方のクルマが発進すると音声で知らせる「前方車両発進お知らせ」などの機能も搭載しています。

 

走行後には、走行ルートや急操作地点を地図上に表示。どこで危険な運転があったかを確認できます。

 

対応アプリ:iOS 10.0以降、Android 4.1以上

  • iOS版アプリのダウンロードはコチラ
  • Android版アプリのダウンロードはコチラ

DriveMate SafetyCam

事故などの衝撃を感知して、前後10秒間ずつの映像を記録するほか、前のクルマに接近しすぎるとアラート音で危険を知らせたり、前のクルマが発進したこと、信号が赤から青に変わったことを知らせる機能などを搭載しています。

 

さらに、運転を走行ごとに「車間距離」「ハンドル」「アクセル」「ブレーキ」「安定性」から評価。走行ルートも記録し、危険な運転操作のあった地点等も地図上に表示します。

 

対応アプリ:iOS 11.0以降

  • iOS版アプリのダウンロードはコチラ

ドライブレコーダーZ 運転録画

事故などの衝撃を受けると、その時点から自動で録画を開始。10~60秒間の記録が残すことができます。運転中の動画や住所、速度をマップ上に保存し、ルートを確認することもできます。

 

地図は見やすいGoogleマップを採用。地図を表示しながらの走行もでき、ルート設定も可能なので、カーナビとしても使えます。

 

対応アプリ:iOS 11.3以降

  • iOS版アプリのダウンロードはコチラ

DailyRoads Voyager

 

運転中の動画を自動的に録画し続けるだけでなく、事故などの衝撃を感知した場合は、動画を自動保存する機能が搭載されています。動画の品質、長さ、音声の録音も設定することができます。

 

動画の保存先は、SDカードの任意の場所を選択することが可能。また「自動上書き設定」を備えているので、SDカード内がデータでいっぱいになっても安心です。

 

対応アプリ:Android 4.1以上

  • Android版アプリのダウンロードはコチラ

 

最近、「ドライブレコーダーがあれば…」と思う瞬間があった人は、さっそくアプリをダウンロードしてみましょう。

※本記事の内容は2019年7月26日現在の情報です。

Contributor

牛島義之

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆中。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

SIMフリーiPhoneじゃないけど、格安SIMが使えるって本当?