1. TOP
  2. モバイル
  3. しむ暮らし
  4. 知れば知るほど便利!iPhoneの「3Dタッチ」を使いこなそう!!

しむ暮らし
格安SIMでちょっと暮らしをゆたかに。

知れば知るほど便利!iPhoneの「3Dタッチ」を使いこなそう!!

2018.01.30

iPhone 6s以降に搭載されている機能「3Dタッチ」。画面に表示されたアイコンなどを指先で押し込むことで、さまざまな操作ができるというものです。

 

でもコレ、使えることはわかっていても、どこでどのように使えるのかがイマイチよくわからない、という人も多いようです。そこで今回は、使い方をよく理解していない筆者が、画面を片っ端から「3Dタッチ」してみることにしました!

基本操作は「Peek」と「Pop」

「3Dタッチ」の基本操作には「Peek」と「Pop」という2種類の操作があります。「Peek」は画面を軽く押し込むこと。「Pop」はPeekのあと、さらに押し込むことをいいます。調べてみてわかったのですが……(笑)

 

ちなみに「Peek」とは日本語で「そっとのぞく」「ちらっと見る」、「Pop」はPop Upの“Pop”で「突然現れる」「飛び出す」という意味があるようです。

それでは実際に「Peek」と「Pop」を体験してみましょう!

アイコンやリンクが張られた文字を操作

まずは、ホーム画面のアイコンを押し込んでみると、バイブの短い振動とともに画面が突然現れました。これが「Pop」のようです。

 

現れる画面はアプリによって違うようで、Facebookなら「動画/写真をアップロード」「投稿する」などの項目が、「カメラ」アプリなら「スローモーション撮影」「セルフィーを撮る」などの撮影方法が表示されました。

これならアプリを開くことなくダイレクトに項目を選べるので、操作が早くなりますね。

 

ちなみに、画面に圧をかけてバイブの反応があるまで押し込まないと「Pop」になりません。ただ触れているだけだと「長押し」となってしまい、従来通りアイコンの移動・削除の画面となってしまいますのでご注意を。 

 

さらに、メールなどに記載されているリンク先も「3Dタッチ」に対応しているようなので、Facebookからリンクの張られている文字列を押し込んでみると……

 

またまた振動とともに、こんな感じでリンク先のプレビュー画面が現れました。これが「Peek」ですね。指を画面から放すと閉じてしまうので、まさに「ちらっと見る」感じです。


Peekで現れた画面から指を放さず、さらに押し込むと「Pop」操作となり、リンク先の画面が開きます。ちらっと見て、気になったらリンク先を開けばいいというのが便利です。

片っ端から押してみました!

どうやら「3Dタッチ」とは、タップするとほかのページに飛ぶようになっている場所を指で押し込むと、何かが起こるようです。

 

というわけで、ほかにも何かできないかと、いろいろなところを「3Dタッチ」で操作してみました。

 

まずは「カメラ」アプリ。開くと出てくる撮影画面の左下に、最近撮った写真が小さく表示されます。ここを押し込んでみると……

 


選んだ写真をPeekできました。さらにスワイプすると、保存されている写真がどんどん表示されていきます。見たい写真が出てきたらPopで写真を表示できます。

 

「写真」アプリでも、写真の一覧から見たい写真をPeekすると、プレビューが現れます。そこからPopすると、写真がきちんと表示されます。わざわざ写真を開いていかなくてもチェックができるのは、とっても便利です。

こんな便利な操作もできるんです!

おもしろくて、ほかにも何か操作ができないのかと調べてみたら、こんな便利な使い方もできるようです!

 
メールやSNSで文章を打っているとき、カーソルを任意の場所に動かしたいな、ということはよくありますよね。そんなときは、キーボードのどこでもいいので指で押し込むと、文字が消えてトラックパッドになります。

 

そして指を動かせば、好きな場所にカーソルを動かすことができるのです。筆者が不器用なせいか、今まではカーソルをうまく動かせませんでしたが、これならピタッと思うところに動かせます。

 

もっと操作したり、さらに調べたら、きっと便利な操作ができるはず。みなさんもぜひ「3Dタッチ」を使いこなしてみてください!

 

 

 

この記事を書いた人:牛島義之

この記事もオススメ


  • BIGLOBEモバイルのスマホラインナップをみる

    各端末の料金や特長、
    スペックなどをご確認いただけます。

  • BIGLOBEモバイルの料金プランをみる

    BIGLOBEモバイルの料金や
    キャンペーンをご確認いただけます。