1. 格安SIM/スマホ TOP
  2. しむぐらし
  3. 【Facebook編】SNSでLive Photosを投稿する方法

スマホ代安くなるカナ?
【Facebook編】SNSでLive Photosを投稿する方法

【Facebook編】SNSでLive Photosを投稿する方法

iPhone 6sになってから搭載されている「Live Photos(ライブフォト)」機能。

撮影した写真の前後1.5秒ずつを動画撮影することで、3秒動画が簡単に撮影できたり、撮った写真にエフェクトを加えたりすることができます。

 

エフェクトとは、動画が繰り返し再生される「ループ」、動画の再生・巻き戻しが繰り返される「バウンス」、そして動いているものが流れているように撮れる「長時間露光」の3種類です。

 

▼エフェクトの活用方法はこちらから!

<関連記事>

意外と知らないiPhoneの「Live Photos」3つのエフェクトを使いこなそう!

 

そんなLive Photosで撮影した写真をSNSに投稿しようと思っても、ダウンロードしたアプリで加工しなければ投稿できなかったり、そもそも投稿すらできないなんてことも……。

しかし最近では、SNSのアップデートにともなって投稿ができるようになっています。

そこで今回は、Live Photosで撮影した写真をFacebookに投稿する方法を紹介していきましょう。

Facebookへの投稿は「写真」アプリから

Live Photosで撮影した写真をFacebookに投稿するためには、Facebookのアプリからでは、静止画としてしか投稿できません。Live Photosの動く写真として投稿するためには「写真」アプリから投稿する必要があります。

投稿方法はとても簡単です。まず「写真」アプリを起動して、下段にある「アルバム」を選びます。

そして画面を下へスクロールしていくと「メディアタイプ」という項目が現れるので、そこから「Live Photos」を選択します。

「Live Photos」で撮影した画像の一覧が表示されるので、投稿したい画像をタップします。

画像が表示されたら、左下にある「共有」アイコンをタップ。

下段にアプリのアイコンが表示されるので「Facebook」のアイコンをタップします。

(Facebookのアプリをインストールしていないと表示されません)投稿画面が表示されるので、コメントを書き込んで右上の「次へ」をタップします。

 

そしてシェア方法を選んで「シェア」ボタンをタップすれば、投稿の完了です。

「Googleフォト」アプリをインストールしている人は「Googleフォト」でも同じように投稿が可能ですが、投稿されたLive Photosは静止画として投稿されてしまいます。

 

どちらのアプリもインストールしているという人は、くれぐれも間違えないように。

Contributor

牛島義之

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆中。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

格安SIM・スマホならBIGLOBEモバイル 今すぐCHECK