1. 格安SIM/スマホ TOP
  2. しむぐらし
  3. 意外と知らないiPhoneの「Live Photos」3つのエフェクトを使いこなそう!

意外と知らないiPhoneの「Live Photos」3つのエフェクトを使いこなそう!

意外と知らないiPhoneの「Live Photos」3つのエフェクトを使いこなそう!

撮影した写真の前後1.5秒ずつを動画で保存できる「Live Photos(ライブフォト)」という機能。iPhone 6s以降の機種に搭載されているので、使ったことがある人も多いかと思います。

合計で3秒間とは言え動きや音を残しておけるから、そのときのシーンが普通の写真よりもリアルに思い出せますよね。

 

でもこの機能、3秒間の動画を保存できるだけではありません。ほかにも「ループ」「バウンス」「長時間露光」といった3種類のエフェクトを加えることができるのです。

では、これらがどんな機能なのかを紹介していきましょう。

「Live Photos」の撮影方法は?

エフェクトを紹介する前に「Live Photos」の撮影方法を紹介しておきましょう。操作はとっても簡単です。

まず「カメラ」アプリを立ち上げて「写真モード」を選択します。

次に画面上部にあるアイコンを確認。中央にある「◎」の周りに点線の入ったアイコンが「Live Photos」のアイコンです。アイコンの色が白く、斜線が入っているとオフの状態なので、アイコンをタップしてオンにします。

アイコンが黄色くなれば「Live Photos」機能がオンの状態。あとは写真を撮るのと同じようにシャッターボタンを押すだけです。

ただし、シャッターを押してから撮影が終わるまで3秒ほどかかるので、終了の「ピコン」という音がするまで、端末は固定しておきましょう。そうしないと写真がブレてしまいます。

エフェクトの選び方も簡単!

「Live Photos」で撮影した画像にエフェクトを加えるのも簡単です。

まず「写真」アプリを開いて「Live Photos」で撮影した画像を表示します。

そして画面を下から上へスワイプすると、オリジナル画像の「Live」と一緒に「ループ」「バウンス」「長時間露光」のエフェクトメニューが表示されます。ここから加工したいエフェクトを選べばいいだけです。

 

それでは、それぞれのエフェクトでどのようなことができるのか、具体的に紹介していきましょう。

動画を繰り返し再生する「ループ」

「ループ」とは、撮影した3秒間の動画を繰り返し再生するエフェクトです。同じ動きを継続して行うものを撮影したときに効果を発揮します。例えば……

炎がメラメラと揺れ動く焚き火。焚き火動画を眺めることが一部で流行っていますが、動画だとデータが重くなってしまいます。

でもLive Photosならそこまで重くならないので、ストレージの容量を気にせず楽しめます。

また泡が立ち上る生ビールも、シズル感があっておいしそうです。静止画ではこの感じ、なかなか伝わらないですよね。

再生と巻き戻しを繰り返す「バウンス」

動画の再生と巻き戻しを繰り返すのが「バウンス」です。大きな動きがあるものを撮影すると、エフェクトの効果的も大きくなります。

うな重のフタを開けた瞬間を撮影。それを「バウンス」にすると、開け閉めを繰り返します。開けたときの感動が何度も味わえますかね?

印象的な写真になる「長時間露光」

一眼レフカメラで撮影したかのような、シャッタースピードを遅くした効果が得られるのが「長時間露光」です。

噴水を普通に撮影すると、噴き出す水が止まって見えてしまいますが「長時間露光」にすると……

動いている水がブレて、流れているように見えます。単なる静止画に比べると、こちらのほうがきれいな印象の写真になります。

 


また人の往来がある場所での撮影は、人がジャマになって被写体を上手に撮ることができない場合も。でも「長時間露光」を使えば……

歩行者は消えてしまいます。その場に止まっている人は写ってしまいますが、普通の速度で歩いている人なら消すことができます。

知っているようで知らない「Live Photos」の使い方。興味がある人はぜひ一度、試してみてください!

Contributor

牛島義之

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆中。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

格安SIM・スマホならBIGLOBEモバイル 今すぐCHECK