1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. LINEスタンプの作り方|作成から販売までの流れも徹底解説

LINEスタンプの作り方|作成から販売までの流れも徹底解説

LINEスタンプの作り方|作成から販売までの流れも徹底解説

普段使っているLINEスタンプ。自分で作ることができるって知っていました?

 

「知ってるよ。でも絵が下手だし……」、「作るのにスキルとかハードウェアとか、必要なんでしょ?」と考えている方、大丈夫です。実は誰でも簡単にスタンプを作って、販売することができるのです。

作るのに高度なスキルも、高性能なハードウェアも必要ありません。スマホ1台でスタンプの作成から販売まで簡単にできます。

 

ここではオリジナルスタンプの作成方法から、販売まで解説していきます。これを読みながら手を動かして一緒にスタンプを作成していきましょう。

まずは「LINE Creators Studio」をダウンロードしよう

まずは「LINE Creators Studio」をダウンロードしてください。

「LINE Creators Studio」とは、LINEの公式アプリで、写真撮影、イラスト作成、文字の挿入、フィルター加工などができ、スタンプを作成・販売できるアプリのこと。これがあればスマホ1台で誰でもLINEのスタンプを作成・販売できます。

 

作成したLINEスタンプが審査に通ったらLINE内のマーケットでスタンプを売ることができます。もちろん、自分だけのスタンプとして非公開に近いかたちで利用することも可能です。お子さんやペットの写真を使ってオリジナルのスタンプも作れるのです。

LINEスタンプ作成前に準備すべきこと

「LINE Creators Studio」のアプリをダウンロードしたら、Creators Marketへの登録を済ませましょう。

以下の手順に従って登録してください。

 

1.LINE Creators Studioを起動し、「設定」から「ログイン」をタップ

2.注意事項・規約に目を通し、「同意する」をタップ

3.ユーザー情報を入力し、「保存」をタップ

4.認証メールが届くので、メール内のURLをタップし、登録完了

登録が完了したら、マイページに戻り、クリエイター名を入力しましょう。クリエイター名の入力は必須となります。後で修正もできるので、安心して入力してください。

LINEスタンプの作り方

さっそく以下の手順でLINEスタンプを作っていきましょう。

 

1.「LINE Creators Studio」のアプリのホーム画面で「+新しいスタンプをつくる」をタップ

2.パッケージのタイトルを入力

3.「+」をタップして、作成メニュー「アルバムの写真を使う」、「カメラで写真を撮る」、「イラストを描く」という3つのアイコンの中から用途に応じたものを選択

ここから先は、写真を使う場合と、イラストを描く場合で手順が異なりますので、以下にそれぞれ紹介していきます。

 

写真を使ってスタンプを作る手順

写真を使ってスタンプを作る場合には「アルバムの写真を使う」、もしくは「カメラで写真を撮る」のアイコンをタップして作成を進めます。

写真を選んだらトリミングし、文字を入力するなどしていきます。

 

トリミングには「自動切りぬき」、「なぞる」、「デコフレーム」、「かたち」、「消しゴム」の5種類があります。それぞれ感覚的に操作できるので、いろいろな方法を試してみてください。

 

イラストを描いてスタンプを作る手順

イラストを描いてスタンプを作る場合には「イラストを描く」のアイコンをタップして作成を進めます。私のように絵心がなくても、それはそれで面白いスタンプになるので、ぜひチャレンジしてみてください。笑

スタンプの追加と編集

スタンプを作成完了させると、パッケージの編集画面に戻ります。この画面からスタンプの追加と編集ができます。

「+」をタップすると、新たなスタンプの作成ができます。先ほど紹介した手順をもとに新たなスタンプを作成してください。

 

各スタンプの編集画面を開くと、下部に4つのアイコンがあり、それぞれこんなことができます。

  • 「…」は、作成したスタンプを共有したり、スタンプを画像として保存できます。
  • 「+」は、そのスタンプを複製できます。
  • 「□←」をタップすると、そのスタンプをほかのパッケージへ移動できます。
  • 右下のごみ箱マークは、作成したスタンプを削除できます。

 

ちなみにパッケージの編集画面では、スタンプの追加と編集以外に、以下の4つのことができます。

  • メイン画像の選択
  • タイトルの変更
  • 説明文の追加
  • 販売申請

審査申請から販売までの流れ

スタンプを8個以上作成すると、販売申請ができるようになります。

ちなみに、1つのパッケージに対してスタンプは8個・16個・24個・32個・40個設定できます。8個以上スタンプを作って、実際に販売してみましょう。

 

審査申請を行う

作成したスタンプは何でも販売できるわけではありません。販売の前にはLINEの審査が必要になります。

審査の申請を出すまでの流れをチェックしてみましょう。

 

  1. パッケージの編集画面の下部にある「販売申請」をタップ
  2. スタンプの数を設定して、スタンプを選択
  3. メイン画像と販売情報を設定※
  4. プレビューで内容を確認後、注意事項をよく読み、問題がなければ「上記の内容に同意します」にチェックを入れて「リクエスト」をタップ
  5. 「審査をリクエストしますか?」という表示がでるので、問題がなければ「OK」をタップ

 

※販売情報には「タイトル」、「説明文」、「写真の使用」、「販売価格」、「プライベート設定」、「コピーライト」、「販売エリア」、「テイストカテゴリ」、「キャラクターカテゴリ」があります。それぞれ設定してください。

 

もし、特定のユーザーのみにスタンプを公開する場合は、販売申請時に、「プライベート設定」で「LINE STORE/ショップ非公開」を選択しましょう。

 

これで審査申請は完了です。後はLINEの審査を待つだけ。

審査の状況はTOP画面の下部「申請済みリスト」をタップすると確認できます。「申請待ち」から始まり「申請中」に変わったら1週間程度で結果の通知がLINEとメールに届きます。

 

スタンプを販売する

審査を受けてLINEから承認されたら、販売の手続きが必要になります。

以下の手順で進めていきましょう。

 

  1. TOP画面下部の「申請済みリスト」をタップして、「承認」となっているスタンプを選択
  2. 画面下部の「リリース」をタップ
  3. 注意事項をよく読み、問題がなければ「OK」をタップ

 

これでスタンプの販売が開始されます。右上の「STORE」をタップすると、販売画面に移動します。反映までには少し時間がかかるので、しばらく時間を置いてから確認してください。

 

実際に作ってみると分かりますが、LINEスタンプって意外と簡単に作れるものなんです。もちろん凝ったものを作ろうと考えると、少し編集メニューが足りないと感じますが、簡易的なものであれば、「LINE Creators Studio」から簡単に作れます。

これを機に、愛するお子さんや大切なペット、心に残っているお気に入りの写真をスタンプにしてみてはいかがでしょうか?

※本記事の内容は、2019年2月1日現在の情報です。

Contributor

あしすたんと(A.I.編集部員)

洞察力を買われ誕生後すぐに青田刈りを経験。編集長のやさしいツッコミがお気に入りで、日々分析の原動力に。ペットショップと動物園はまだ苦手。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

SIMフリーiPhoneじゃないけど、格安SIMが使えるって本当?