1. 格安SIM/スマホ TOP
  2. しむぐらし
  3. iPhoneでステレオ録音ができる!メリットとやり方を紹介

スマホ代、安くなるカナ?
iPhoneでステレオ録音ができる!メリットとやり方を紹介

iPhoneでステレオ録音ができる!メリットとやり方を紹介

iPhoneだけでステレオ録音できることをご存じですか?ステレオ録音した音声ファイルや動画は、モノラル録音では得られない臨場感が得られる点がメリットです。しかし、最適な方法と設定を行わなければ、モノラル録音になってしまいます。

 

そこで今回は、iPhoneだけでステレオ録音する方法やメリットなどを紹介するので、参考にしてみてください。

ステレオ録音するメリット

iPhoneで音声をステレオで録音するメリットは、なんといっても音の臨場感が格段にアップすることです。モノラル録音は音が1チャンネル(1系統)で録音されるため、すべての音が真ん中に集約されて聞こえます。

 

一方、ステレオ録音の場合は、音が右・左2系統に分離されることから、実際に音が鳴っている場所の左右の位置や、音の奥行などがわかりやすくなる点が特徴です。


つまり、複数話者のいる音声では、位置から「誰の発言か」がわかりやすくなるわけです。また、収録された音声が非常にクリアに聞こえることもメリットといえるでしょう。

ステレオ録音はこんなシーンで重宝する

ステレオ録音に適したシーンは、音の発生源が複数ある場合や録音する場所が広い場合です。例えば、会議の音声を収録して議事録作成を行うときや、会話、バンド演奏などを録音する場合には、ステレオ録音が向いています。

 

一方、話す人が1人しかいない場合や、ギターやボーカルなど音の発生源がひとつの場合は、モノラル録音のほうがよいでしょう。ただし、ドラムやピアノなど音の発生源が複数の楽器の場合は、ステレオで録音したほうがより臨場感が出るのでおすすめです。

iPhoneのみでステレオ録音ができる理由

iPhoneだけでステレオ録音ができる理由は、簡単に説明するとマイクが2本ついているためです。iPhone XS以降のiPhoneには、前面の上部とLightningの差し込み周辺にそれぞれマイクがついています。

上図はiPhone13のスペック表になりますが、ビデオ撮影時に「ステレオ録音」が可能な点と、本体に2か所マイクがついていることを確認することが可能です。

iPhoneだけでステレオ録音する方法

iPhoneだけでステレオ録音する場合は、上記設定をおこなったうえで、カメラ機能の「ビデオ」で実施します。「設定」→「カメラ」→「ステレオ音声を録音」にチェックを入れましょう。こちらにチェックが入っていない場合は、モノラル録音になるため注意しましょう。

 

なお、iPhoneで音声を録音するツールといえば「ボイスメモ」が浮かぶと思いますが、残念ながらこちらはモノラル録音のため、ステレオ録音には対応していません。

また、「オーディオ・レコーダー」などサードパーティの録音アプリを使うことで、ステレオ録音をすることもできます。音声ファイルを本格的に編集したい人は、試してみてもよいでしょう。

ステレオ録音で臨場感のある音声を体感しよう

いつもモノラルで録音していた人が、ステレオ録音で取った音声を聞くと、その臨場感の違いに驚くと思います。iPhone XS以上のiPhoneを持っていて、まだステレオ録音を体感したことがない人は、ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょう。


スマホの利用にも「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!        
        
スマホの通信量が足らずに、ギガ不足になっていませんか?        
自宅でスマホを利用するときには、Wi-Fiで通信することでスマホの通信量を節約することが出来ます。        
        
ご自宅でのWi-Fi環境導入にはIPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。     

   
工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

「ビッグローブ光」詳しくはこちら    

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。
*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。
 

Contributor

ラチーコ

IT、エンタメ、ファッションから介護、債務整理関係まで節操なくカバーする副業ライター。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

格安SIM・スマホならBIGLOBEモバイル 今すぐCHECK