1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. iPhoneカメラ|QRコード読み取りやポートレートモードの使い方

iPhoneカメラ|QRコード読み取りやポートレートモードの使い方

iPhoneカメラ|QRコード読み取りやポートレートモードの使い方

すでにたくさんの人が使っているiOS11ではiPhoneの標準カメラも機能が強化されています。でも、意外とその機能を知らずに活用していない人も多いのでは?

主な注目ポイントは「QRコード読み取り」と「ポートレートモード」。ぜひ使ってみましょう!

※記事中ではiPhone7を使用しています。

アプリなしでもQRコード読み取りが可能に!

iOS11へバージョンアップ後は、標準のカメラアプリを立ち上げるとQRコードが読み取れるようになりました。

ガラケーやAndroidスマホからiPhoneにしたとき、QRコードが読み取れなくて焦った人も多いのではないのでしょうか?

今までは、iPhoneでQRコードを読み取るためには専用のアプリが必要でしたが、iOS11にアップロードすれば標準のカメラアプリで読み取れます。

QRコード読み取りの使い方

使い方はカンタン。

カメラを立ち上げて、被写体に向けるのと同じようにようにカメラのレンズをQRコードに向けると、自動的にコードを認識して画面上部にバナーがあらわれます。

このバナーをタップすれば、コードを読み取ってウェブサイトにジャンプ!便利ですね!

一部機種で使える「ポートレートモード」

iOS11から「ポートレートモード」はベータ版から正式版へパワーアップしました。このモードはiPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus、iPhone Xなどの機種で使用が可能です。

「ポートレートモード」はどんな機能?

「ポートレートモード」(被写界深度エフェクト)とは、背景をきれいにぼかしつつ、被写体を際立たせた写真を撮影できる機能。まるで一眼レフで撮影しているような、奥行きのあるアーティスティックな画像が撮れるんです!

特に、人物をメインにしてこのモードを使うと、背景がぼけることによって被写体のメインである人物が際立ってよりキレイな仕上がりに。

 

iOS11で正式版となった「ポートレートモード」は、背景のぼやけ具合がより自然になり、光学手ぶれ補正などに対応したため、薄暗い場所でもきれいにポートレートモードが使えるようになりました。

「iPhone 7 plusでベータ版のポートレートモードを使っていたけれど、あまり使い勝手がよくなかった」という人も、グッと使いやすくなったと実感できるのではないでしょうか。

「ポートレートモード」の使い方

「いつも普通の写真モードしか撮らない」という人もぜひポートレートモードに挑戦してみましょう!

まず、カメラを立ち上げて、下部に表示される「写真」「スクエア」「パノラマ」などのカメラモードメニューをスワイプして「ポートレート」を選択します。

 

その後カメラを被写体に向けて、画面上部に黄色い「被写界深度エフェクト」という表示が出れば撮影OK。さっそく撮影してみましょう。

格安SIMでiPhoneをおトクに使おう!

OSのバージョンアップとともにカメラ機能も進化するiPhone。今後もiPhoneをずっと利用したいけど、月額料金が高いな…とお考えのあなた。

BIGLOBEモバイルの格安SIMは今使っているiPhoneでも利用できます。

対応機種はこちらからご確認ください。

 

格安SIMに乗り換えて、iPhoneをおトクに使っちゃいましょう!

注目キーワード

もっとみる